« February 2007 | Main | November 2007 »

April 01, 2007

最近ハマってます。

どーも皆様こんにちは。
相変わらず毎日終電まで
働いておりますよmidoroです。

最近のささやかな楽しみはコンビニに必ず立ち寄り、
漫画雑誌を立ち読みして帰ることです。
KISSとかフィーヤンとかコーラスとか
フラワーズとかその辺りが発売されてると
ものすごーく幸せな気分になります。
へとへとに疲れ切っていても、
読み終わる頃には何だかスッキリ☆
よーし明日も頑張るゾ!と帰途に着くわけです。

しかし、毎日のように寄っているので
雑誌の刊行ペースがmidoroに追い付きません。
読むものが尽きてしまうと仕方なく、
今まで興味のなかった雑誌にも手を出すことになります。
「花とゆめ」とか10数年ぶりに読んじゃったり。
少女誌だとほとんど読むべきものはないのですが、
たまに好みの絵柄が見つかって
ちょっと嬉しかったりして幅が広がって良いです。

と、幅が広がるのは良いことですが、
それはマズイだろ!と自分の中で警報が鳴っているのを
無視して手に取ってしまったのが
月刊ハーレクインロマンス」。
やってしまいました!これだけは
手を出すまいと思っていたのに!!

読み始めたら結構面白いんですよね・・。
ぶ厚い1冊に5話しか入ってないので
ついつい丸々立ち読んでしまいました。
もはや立ち読みとは思えない所要時間。
深夜のコンビニで長時間ハーレを立ち読みする三十女!
痛すぎー!!

もう常連なのは店員にバレてるし、
毎日1個は何かしら商品を買って行くので
立ち読み自体は許されている気がするのですが、
なんせ足が疲れる・・。時間も遅いし。
それに入荷数が少ないらしく、売り切れちゃってて
発売日に行っても読めないことがあって。

思い切って、ついに購入してしまいました!
は、恥ずかしいー!!でもコンビニで買うのは
全然まだマシですね。
どう見たって店員たちだってモテない人だし!
(私が行ってるショボいコンビニはそうなんです!)
普通の書店で買ったときは本気で恥ずかしかった。
エロビをレンタルする男子の気持ちが分かった。
カモフラージュに「Beth」とか一緒に買ったりして・・。

そんで寝る前に布団に入って
ニマニマしながら読むわけですが、
今まで知らなかった言葉を覚えましたよ!
それは「シーク」。
さも当たり前のように頻出します。この言葉が。

「シーク」というのはアラブの族長や首長のことだそうで、
アラブの王子様に見初められる平民女性のロマンスが
えらく多い!!アメリカ人は皆そんな夢を見とるんか。
まあ、私の初萌えだって、懐かしき成田美名子の
「エイリアン通り」に出て来るセレムだったわけで
人のことぁ言えませんが。トーブっていうんですか?
あの白い民族衣装はやはり萌えます。

次に良く出て来るのが「ボスの秘書」。
それと「偽装結婚(もしくは婚約)」ですね。
カップルのふりをしてるうちにいつしか本気に、ってやつです。;
欧米では公式の場において夫婦やカップルでの出席が
大前提になるらしいので、こういうロマンスも
実際あり得るのでしょうか。結婚してないとビジネスでも
何でも1人前とは認められないのが恐ろしくもあり。

そして、昔よく読んだ作家さんが
ハーレで活躍してるのを見るのは楽しいものですが、
新しく知った漫画家さんもいて、
すっかりファンになってしまったのが
「曜名」さんです!はずかシー!

この方のサッパリした絵が好きで!!
どっちかつーと、ハーレは「ゴージャスなロマンス」を
謳ってるだけあって、派手な絵の作家さんが
多いですよね。ゴテゴテしてるというか、
古めかしいというか。読者も上の世代ならば
描いてる方も上の世代だし。

でも曜名さんの絵は線がシンプル。
特に男性の顔、目元がスッキリとして涼しげです。
どう見ても欧米人ではナイ。ていうか和顔です。
midoroは和顔が大・大・大好きです!
犬は柴犬が好きです!散歩してるの見ると萌えます!

あと曜名さんの漫画に頻出するギャグや
独特の擬音、崩し顔も好きです。
こんなコメディタッチのラブロマンスって珍しい気が。
どこまで原作に書いてあってどこからが
曜名さんのオリジナルなのか気になります。

辛抱たまらんのでアマゾンでコミックスを買ってしまいました。
いやーアマゾンの真価、ここにあり!!
書店だったらほんと恥ずかしくて買えないよ!
しかも取り寄せしなきゃ絶対置いてないし!
アマゾンは既刊が全部揃うんだもん。すごすぎ。

で、購入したのがこちら5冊。発行順です。
あれ、またガタガタだ。どうもタグを間違ってるなー。






彼女のすてきな変身
彼女のすてきな変身

ミスター・トラブル
ミスター・トラブル

悪魔のようなあなた
悪魔のようなあなたAkumano_3


ボスは嘘つき!
ボスは嘘つき!


わたしが愛したボス
わたしが愛したボスWatashiga

うう、我に返ると恥ずかしい。この表紙は。
でもいいの!好きだから!
休日の朝、布団の中でだらだら読んでて
萌え死にそうになりました!どれもこれもいいなあー。
そのまま余韻に浸ってずるずる昼寝しつつ、
ああ、毎日仕事して疲れて帰って来て、
休みの日には萌えてちょっぴり幸せな気分になって、
こうやって年を取って行くのだなあ~とつらつらと思ったり。

で、まだ単行本化されてない曜名さんの作品もあるので、
今度は雑誌の方のバックナンバーを何冊か
取り寄せてみようかと思って調べております。
そうそう、ハーレには「ヒストリカル」もあるんですよねー。
元々タイムトラベル物や歴史物に弱いmidoro。
こっちも間違いなくハマりそうです。

これまで、書籍の方のハーレに
うっかり手を出してみたこともあったのですが、
そのときは文章がダメで読めませんでした。
もちろん作家さんや翻訳者の方のレベル差というものも
あると思うんですが、基本的にはハーレって
小説じゃなくて脚本ですよね。情景描写も心象も。
「ショーンの艶やかな黒髪、吸い込まれそうなブルーアイに
イザベルの胸は激しく高鳴った」とかそういう。

でも漫画になると、絵に作家さんのオリジナリティや
個性が反映されるので、俄然面白くなるし、
ストーリーも大幅カットされるから
出会いからゴールインまでサクサク読めちゃう。

あと重要なのは、漫画になると胸毛がないこと!!
本家ハーレに黒々とした胸毛はマストアイテムですが、
日本人向けの漫画には絶対胸毛は出て来ません!
midoroは胸毛が出て来るとちょっと萎えます・・。

というわけで漫画の方にすっかりハマってしまったので、
この延長線上で書籍の方にまでハマらないことを
祈るばかりです。あの刊行ペースはまずいです。
ハマったら最期、満たされまくってしまいそうです。
でも曜名さんが元にした作品がすでに気になる。
あーどうしよう、アマゾンで古本買ってしまいそうだよー。

| | Comments (23) | TrackBack (1)

« February 2007 | Main | November 2007 »