« October 2006 | Main | February 2007 »

January 28, 2007

「ハンニバル・ライジング」の特典。

昨日は実家の近くで仕事があったので
そのまま泊まることにしました。
相変わらず自宅のパソはネットが繋がらないので
(というか何もしていないので)
正月以来のネット環境です。

ここぞとばかりにアマゾンでマンガ注文したり
アスクルで水買ったり通販の支払い済ませたり。
ネットカフェだとクレジット決済はやはり怖くて
出来ないので、色々溜まってたことを済ませつつ。

んで新作映画チェックをしてたら、
やっと「ハンニバル・ライジング」の公開が決まったんですね!
あの「羊たちの沈黙」のレクター博士が若かりし頃のお話。
「ヤング・ハンニバル」もしくは「ハンニバル・ビギニング」ですな。
この間はジェームズ・ボンドも若返ってたし、流行ってる?

で、これキャストがすごいんだ。
なんとハンニバル、ギャスパー・ウリエルなんですよねー。
聞いたとき仰け反りましたよ。(フランスの美形俳優クンです)

Hannibal

すごいよなー。線細いっつーか甘いっつーか、
どうやったらこれがアンソニー・ホプキンスになるのか!
骨格違いすぎ。特に顎とかさー。これは何、
人を食いちぎりまくって顎が発達したってことなんですか・・?

監督は「真珠の首飾りの少女」のピーター・ウェーバーだし、
割と叙情的な感じになるんでしょうか。それかゴス。
きっと悲しい少年時代を過ごしたんだろな。ハンニバル少年。
そしてヒロイン役、コン・リーの設定がこれまた。

『ハンニバル青年のトラウマを癒す
紫式部の子孫のミステリアスな日本人美女

アイター!もうこの時点で日本人としては
萎え萎えです。観に行く気力を根こそぎ奪われそうです。
でもでもね、この映画、前売り特典がすごいの!じゃーん!

Hannibal_ticket3_1

「ライジング・マスク」付き
原寸大レプリカ(PVC仕様)!しかもBOX入り!!
うわーん、もう超要らないし超役に立たないし
こんなもん買うしかないじゃないですか!!

どこの劇場で売ってるんだ、こりゃ。
公式サイトに載ってない!と騒いでいたら、
見ていた父親が一言。「・・付けるのか?」
付けるわけねーだろ!!

まあ「ハンニバル・イベント」とか開催されたら
調子に乗って付けてしまうかもしれませんが・・。
ということで、マスクのために前売りを買って
観に行かなきゃならなくなりました。

このシリーズ、とりたてて好きな訳でもないんだけど、
「ハンニバル」の豚さんブーブーとか
ヴェッキオ宮殿からパッツィズルドシャーとか
「レッドドラゴン」でレイフマッパでブーラブラとか
結構いいシーンあるので、「ライジング」にも
そういうのを期待してます。頼むからコン・リー以外で・・。

| | Comments (49) | TrackBack (0)

January 03, 2007

ティファールのポット。

T-fal 電気ケトル アプレシア カフェオレ 0.8L BF802022
T-fal 電気ケトル アプレシア カフェオレ 0.8L BF802022

やっと買いました~!前から欲しかった
ティファールの電気ケトル!!
仕事で7,000円ばかし報奨金を貰ったので
使い途はこれだー!と思って購入です。

ティファールの電気ケトルは
何種類かあるけど、このタイプが一番軽くて
小さくて持ちやすくてデザインもすっきりしています。
800mlしか沸かせないけど、1人暮らしには充分だし。
3色あるけどやっぱカフェオレ色が可愛いなあ。
頭を切り落とされた鳥?のような、
天辺が平坦なアンバランスな形状も
見慣れてしまえば違和感なく。

で、実際に沸かしてみてビックリ。
コップ一杯分が61秒で沸騰、
スイッチが切れるのに76秒は伊達じゃない!
体感してみると思っていたより早いです。
電源入れて、おっとティーバッグ取って来なきゃと
ごそごそして戻って来たらもう沸いてる!

うちの古いIHは水から湯を沸かそうとすると
10分以上かかるので、面倒臭くて
いつもカップスープとか作るときは
電子レンジで3分半、というのが常になってましたが、
この短縮ぶりはすごいよ!

普通のポットも持っているのですが、
狭いシンクと同じくらいの大きさがあるので
洗うのが大変で全然使っていませんでした。
ああ、1人暮らしを始めたときに
ティファールを選んでさえいれば、
もっと素敵生活だったのに!(ウソ)

名称が「ポット」でなく「ケトル」なのは
保温が出来ないからですが、
保温などせずとも、即沸かし直せば
熱々の湯が楽しめます。

難を言えば、注ぎ口のフィルター部分や
内側に無駄な突起やデコボコがあるので
洗うときちょっと面倒だなとは思うけど、
水垢くらいなら何とかなるかなあ。

あと、これは他のポットもそうだけど、
お湯に若干のプラスチック臭が移ってしまいますが、
白湯で飲んだりせずお茶とかスープを
飲む分には特に気になりません。

部屋にカップを常備しておけば、
愛用のボルヴィック8リットルボトルから
ジョボジョボとこいつに水を注ぐだけで
部屋にいながらにしてあったかい飲み物が
楽しめます。感動だー。

毎年冬になると、部屋で温かい飲み物が飲みたくて、
ウォーターサーバーの設置まで考えていたのですが、
どう考えても置くスペースがなく。

→「富士の湧水」
色々調べてみたけど、価格が手頃で
サイズも省スペースで良さそうなのがこちらでした。
ただ、問い合わせたら、最初のサーバー設置には
どうしても業者さんに部屋まで入って貰わないと
ダメだそうなので断念。うちには入れません!

→「ダイオーズ」
デザイン的に見栄えが良いのはやっぱ
ダイオーズですね!前のオフィスで使っていたけど、
ミネラルウォーターじゃなくて純水なので
サーバーの掃除が不要というところが魅力。
レンタル料金高そうだけど。

でもよく考えたら、欲しいのはお湯だけで
冷水は要らないんですよね。midoroの場合。
お腹冷えるし。水は常温の方がいいらしい。
だったらティファールでいいか、と思って
買ってみて大・正・解!!

いやー、これ会社の机にも1つ置いておきたいわー。
給湯器がフロアの反対側に1台しかなくて、
しかも夜19時くらいで電源切れちゃうんですよね。
冬の残業にはあったかい飲み物が恋しいです。
会社のデスクを片付けて、もう1つ買おうっと!

| | Comments (33) | TrackBack (0)

このミス2007。

宝島社の「このミステリーがすごい!」
装丁がいかにもなのが嫌いで
1回も買ったことなかったんだけど、

左から2004年版、2005年版、2006年版。
つーか大きさバラバラ・・。



このミステリーがすごい!〈2004年版〉このミステリーがすごい!2005年版このミステリーがすごい!―2005年のミステリー&エンターテインメントベスト10 (2006年版)

今年はなぜか突然リニューアルしてたので、
初めて購入出来ました。新潮社のムックぽい。
これなら本棚にあっても恥ずかしくないわー。

2007年版↓
このミステリーがすごい!2007年版

「このミス」は来年で20周年だそうですので、
リニューアルはその事前準備でしょうか。

で、今年の1位ですが、
平山夢明「独白するユニバーサル横メルカトル」
とのことで、「このミス」らしいですね。
他のランキングじゃ絶対挙がって来ないんじゃ?

独白するユニバーサル横メルカトル

もーメルカトルとか付いてるとそれだけで
グッと来ます。メルカトル鮎。
で、いきなり単行本を買うのは厳しいので、
どんな作家さんなのか、文庫本で試してみようと思って
「いま、殺りにゆきます」を購入。この題名・・。

いま、殺りにゆきます いま、殺りにゆきます(2)

収集された実話ホラー短編集といいながら、
載っているのはかの有名な都市伝説の
変形バージョンがほとんどですね。
あれですよ、あれ。「ベッドの下の殺人鬼」!

しかし、同じ話ばかりでも微妙にディテールが違ったり、
創作とは言い切れないようなトンデモ台詞とか
言い回しがところどころ出て来るので妙にそこだけリアル。
1人でベッドの中で読んでいると結構怖いです。
というか、この本は1人暮らしの女性が読むと
マジ怖いと思います。その他の人はそれなりに怖い、
ってくらいじゃないのかな。

やはり1人暮らしの女性にとって、
「誰かに見られている?」「物が動かされている?」
「部屋の中に誰かいる?」っていう恐怖はすごいですよね!
うちの場合は、人が潜めるようなスペースもないっていうか
自分の座る場所もないので、そういう恐怖はないけど、
それでも家に帰ってドアを開けた瞬間、誰かいたらどうしよう!とか、
トイレのドアを開けて誰か座ってたらどうしよう!
と心配になるときがあります。シャワーを浴びてるとき、
ドアの外を誰かが歩いているような気配を感じたり。
そういう日常に潜む恐怖がテンコ盛りですよ。
絶対読み終わったあと、皆、押入れをチェックすると思います。

midoroの好きな「だめんず・うぉ~か~」でも、
1人暮らしの女性編集者の携帯に
「自宅」(実家ではナイ)から電話が掛かって来る
エピソードがあって、そこだけめちゃくちゃ怖かった。
飼い犬が短縮を押してるんだ!と言い張ってましたが。

あとこれも関係ないけど、midoro的に一番怖いのは、
夜のカーテンの隙間です。寝ているベッドが
ベランダの戸と接しているため、自分の寝ている横、
サッシを隔てて30cmくらいのところに
キ●ガイの人が座っていたらどうしよう!
カーテンの隙間から目と目が合ったらどうしよう!と、
時々夜中にビクつきながら、ベランダに誰もいないことを
そうっと確かめてます。夜の窓って、こちらからは
外が見えないのに向こうからは丸見え、って怖いですよねー。
そういえば、カーテンの裏に潜んでる殺人鬼の
都市伝説もありませんでしたっけ?

で、実際世間で起きてる犯罪の何割かは
本当にキの人やストーカーに狙われた女性が被害者だし、
こういうホラーな状況が全くない話というわけでもない。
普段はそういうことは自分には起こらないと信じて
忘れてしまいがちですが、この本を読んだら、
家に入る直前、鍵を開けるときは周囲を見回してしまうし、
道で人とすれ違うときは、この人がキの人だったらどうしよう!
スーパーでこの人がキの人だったら以下略、
駅のホームで以下略、と、かなり不安にさせられます。

読み物としてはワンパターンだし
「犯人は捕まっていない」で終わる話が
ほとんどなので、あー、お話だねえ、って思うけど、
タイトルの付け方なんてすごくいいし、
ホラーと笑いは紙一重、っていうのを
熟知している人だなーとセンスを感じます。

なので、メルカトルも単行本では買わないにしても
文庫になったら絶対チェックです。楽しみです。
課題図書に入れておこうっと!

| | Comments (65) | TrackBack (0)

「SAW(ソウ)3」感想。

作品の評価:☆☆☆
好き度:☆☆☆☆

遅ればせながら感想なぞ。
気付いたらもう公開から1ヶ月以上経っていて、
公開しているのは六本木のTOHOシネマズのみ。
しかも「シャーロットの贈り物」なんて
ハートウォーミングな映画の後にやるので、
上映時間は21時45分から。
終電に間に合うのか??わざわざ交通費かけて
行かなくても、レンタルでもいいんじゃないの?
と思いながらも、1も2も映画館で見たんだから、
3もやはり映画館で見なきゃいかんだろ!
と自分を叱咤して行って来ました。

もう2の内容とかほとんど忘れてて、
24オヤジが「ダーニエールゥ!!ゴアァー!」と
うるさかったことしか覚えてなかったので、
総集編!て感じで1のあの人物のその後とか
2のあの人物のその後とか親切に教えてくれて
助かってしまいました。普通なら興ざめなんだが、
ソウだからもう別にいっか!って感じです。

今回も何個か痛いシーンありましたねー。
胸郭とかフックとか弱いです。自分の身体に
異物が埋め込まれていて、それを自分で
排除しなきゃいけないのってたまらくイヤ。
隣りの女の子が「ヒッ」と息を飲むのが
聞こえて来て生々しかったです。
あと宣伝ポスターが歯のやつだったので、
てっきり苦手な口腔系があるのかと思って
ビクビクしていたけど関係なかった。ガッカリ。

3作の中では一番人死にが少ない?のと、
登場人物の因果関係や選定理由が割と
はっきりしているので、「何で私がこんな目に!?」
「なぜ?」っていうミステリ部分が少ないのが残念でしたが、
そんな中でも、ソウは何か引っ掛けなきゃならん!
ていうのがポリシーなので、無理やりトリックを
設定してるのが微笑ましかったです。
それで引っ掛けたから一体どうだっつーの、
と無意味なのが笑える。でもあの最初の
ミスリードの仕方は上手かったと思います。
ヒントも細かく散りばめられていたし。

2はトリックを仕掛けよう、観客を引っ掛けようと
脚本で意識し過ぎて失敗した感がありましたし、
そのためには登場人物がアホな行動、
あり得ない行動を取らなければならないので
イライラして仕方なかったけど、
3はボーと流れに乗っかって行けば良いので
シンプルな作りで見やすかったです。

そしてやっぱ「自傷が痛い」のだという結論に達しました。
人からガツンガツン!とヤられてる姿は
見てても別に痛くないんですよ。
スプラッターとか血の気引かないし。
閉鎖された極限状況の中で、判断力のなくなった人間が、
他にもっといい解決策があるんじゃないの!?
って観客にツッコまれながら「わあああああーー!!」
と自らの身体に危害を加えるのが最高に痛い・貧血モノ、
だということが判明。思わず感情移入してしまうのと、
自分がその状況に置かれたら?っていう想像力が
働いてしまうからですね。あーイタイイタイ。
今回はそういう痛さがあまりなかったけど、
ソウ1なんかはその点に置いて最高にソリッドでしたわ。
バカさ加減もソリッドでしたが。

3は事前に心配されていたほどには
全然怖くなかったので、なんだって感じでしたが、
(規制に合うよう編集したからなのか)
→「怖すぎて公開危機、米ホラー映画」
ソウは馬鹿で痛ければいい!というスタンスなので、
今回も満足でした!あー2から盛り返して良かった!

で、見終わってテンションの高いまま、
夜の六本木を疾走し、めでたく終電に間に合った
midoroでございます。年末の金曜日、
皆これから本番!てときに何やってんだ、
と思いましたが、やる気出して観に行って良かった。

でもあんなカップルばっかの映画館にはなるべく
行きたくないですね!TOHOシネマ、いつの間にか
アメリカンなスイーツ量り売りのコーナーが出来てて
カップルがキャッキャ楽しそうに菓子買ってるので
グッズ見るのに非常に邪魔でした。
(客観的に見て邪魔なのは自分だがな!!)
次からちゃんとカップル圏外の
場所曜日時間帯に行かなきゃー。TPO!

【以下、ネタバレ注意!!】
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
2の親父、エリックはほんと脳味噌筋肉の
スーパーマッチョでムカついてたので
3でも痛い目に遭っててザマミロ!って感じでした。
でも斬るのと叩き潰すのとどっちがマシなのかは
よく分からない!後遺症として深刻なのは
どちらなのでしょうか。心情的にはそりゃ潰す方が楽だろうけど。
自分で自分を切り株にするのは度胸が要ります。
あー1のゴードン医師は怖かったなあ。
普通は出来ないことが出来てしまう精神状態が。

そしてアダムがせっかく出たのに
マヌケな最期で笑えました。
もっとカッコ良く謎にしておいてやれよー。

残念だったのは、アマンダが全然
ジグソウ見習い中のコムスメだったことですね。
死を真近に見てもっとイッてしまった
クールな女になったのかと思ったのに、
動揺するし嫉妬するし判断力ないし
精神的に弱さを抱えてて暴力的で攻撃的な
ジャンキー娘のときとほとんど変わりなかった。

ジグソウの発作や手術シーンに息を呑んでたし、
あんなの、アマンダが仕掛けたゲームの方が
よっぽど怖いじゃないですかー!!
まあ父とも師とも慕うジグソウの死を前にして
慌てるのも、彼だけが別格なのも仕方ないとは思うが。
結局ジグソウの手の内だった、っていう展開は
いいと思うんだけど、アマンダが間違うのを前提にして
旦那へのゲームを仕掛けてるのは酷いですね。
ジグソウ。

自分で2の感想のときに書いてましたが、
→「SAW(ソウ)2感想。」
自傷行為もそうなんだけど、
自分で生き死にを選択しなきゃいけない、
そのために何かを捨てなきゃいけない、
っていう、その極限状況と選択が怖いわけで、
アマンダは自分が選択を迫られているのだということを
理解していなかったし、あの旦那も分かってなかったので
今回、怖くないのも仕方ないですよね。

テーマも「人を赦せるか、自分の人生を取り戻せるか」っていう
至極全うなもので、「生の実感」は共通してるかもしれないけど、
自分の命と「何か大事なもの」を秤にかけてるわけじゃなく、
他人の命と「何か(この場合、旦那にとっては復讐、
アマンダにとっては嫉妬)」を秤にかけるわけだから
痛かったり怖かったりするわけない。違う意味で心は痛むけど。

あと、2の教訓は「人の話はきちんと最後まで聞きましょう」
だったけど、これは3でも踏襲されてましたね。
「右の頬を打たれたら左の頬を出せ」も?
人間、人を赦せないともっと酷い目に遭うんですねー。
ジグソウ、あの録音テープ、撃たれた後に流すなんて
酷くていい!子供が人質に取られていることを
明かしてから死んで行くジグソウ!

ジグソウの手術シーンは、
何で髪の毛一部しか剃らないの!?
と違うところでドキドキしました。
開口部の間際まで毛が生えてるし。
まあ、あの状況でそんな細菌感染とか
衛生面を意識したところで意味ないけど。
あと、あんなドリルとかカッター使ったら
絶対脳まで届いちゃうよ!!脳が切れるー!と
ドキドキでした。ジグソウがそんな締まらない
死に方するわきゃないですが。

しかし、トビン・ベルはいいよなぁ!!
あの声!視線!S臭プンプンです!!
彼のおかげでこのシリーズ持ったんじゃ。

監督がインタビューで

「トビン(ジグソウ)と打ち合わせをしていると、
彼はジグソウの役柄になりっぱなしで、
僕のことを蔑んだ冷たい目でじっと見てくるんだ!
半泣きになってしまったよ」

と言ってたそうですが、たまらんジグソウ!
もっと見下して!蔑んで!

あと、個人的に一番良かったのは
機械的にどんどん豚が運ばれて来てシャシャシャー!と
ミンチになって行くところ。あれは可愛くて汚らしいなあ!
判事さん、せっかく助かったのにあっさり
死んじゃったので笑うよりもビックリしました。
何だ、その死に方!!軽い!
最期に赦しの場面を目撃して満足そうだったけど。

旦那もせっかく赦してあげることを選んだのに、
凍死とか歯車ネジネジギリギリーとか、
全然間に合ってないところも笑いました。おっそいんだよ!
迷うのが人間なので何だかリアルだなあと。

こんなもんでしょうか。
ぶっ飛びの1とヘボい2、そして普通の3と
ソウシリーズは手堅くまとまったので、
変な4とかまた作らないことを願います!

| | Comments (920) | TrackBack (0)

January 02, 2007

あけましておめでとうございます。

どーも、3ヶ月ぶりのmidoroです。
復活宣言したと思ったら即消えで
たいへん感じ悪くてすみません。

近況ですが、その後、メールに引き続いて
今度はネットまで出来なくなってしまいました。
パソ立ち上げてるときに、
一度ブレーカーを落としてしまい、
そのせいなのかどうかは分かりませんが、
ADSLモデムがぶっ壊れたか
何やら設定が変わってしまったらしく、
「ネットワーク管理者に連絡して下さい」という
表示が出るばかり。
私が管理者じゃ、ボケ!ってなもんです。

説明書かソフトを探して再設定するか、
カスタマーサービスに電話すればいいんでしょうけど、
メールのときも同じこと言ってた気がしますが、
midoroの部屋から説明書なぞ見つかるはずもなく。
平日9時~17時に電話する時間も余裕もないので
そのまま放置してます。んで、今日は
実家のパソ使わしてもらってます。

・・管理出来てないじゃん。
midoroのネットワーク管理者募集中!
最近、本気でアシスタントが欲しいです。公私共に。
時給払って個人的に雇いたいくらいだ。
誰か交通費の精算だけでも下請けしてくれまいか。
年末に溜め込んでた分を精算したら6万7千円でした。
6時間くらい掛かった・・。しかもクリスマスイブの日曜に!
交通費精算て!9時~21時きっちり12時間働いて、
コンビニで3食、食べてしまいましたYO!ワーオ!

10月に一旦仕事が落ち着いたものの、
その後3ヶ月間、連日終電生活でした。
午前1時帰宅、1時半就寝にも慣れてしまい、
年末の最終日なんて、どうしても仕事が終わらないので
5時起きして明け方暗い内にまた会社へ。
いっそ泊まりたかった!着替えを置いておくべきか。

しっかし、これだけ頑張っているつもりなのに、
まだ人並みに仕事が出来るようになりません。
最初は「リハビリ中だから~」と言い訳していましたが、
最近は、もしや社会人として、人としての
能力が足りていないのではあるまいか?
自分は社会生活に適応出来ていないのでは?
と不安がよぎります。今まではそれが目立たない
環境にいたから誤魔化せていたけども。

まー能力のなさは時間でカバー。です。
年明けも地獄のイベント週があるので、
正月に休んでしまった分、1月は休みなしで
全出勤することになると思います。
昨年末、電車の中で鼻血を噴出して以来、
毎日鼻水に血が混じるようになって、
過労死するんじゃないかと少々脅えていましたが、
冬休み、大掃除もせず1日中寝て暮らしてたら
治りましたよ。良かった。今年も頑張れそうです。

あと、昨年は忙しいことを言い訳に、
友達と連絡を取らず、メールも返さず、
待ち合わせに遅刻し、飲み会をドタキャンし、
旅行の新幹線に乗り遅れ(ビックリした!)
ダメ人間街道をばく進してしまったので、
今年の抱負は、仕事をしながらも
人間らしい生活をすることであります。

せっかく映画の前売りチケットを買っても
見に行けなかったり忘れていたりして
何だか無駄が多かった。もったいなや。
ネットが使えないと上映日も調べられなくて不便です。
久しぶりにコンビニでぴあを熟読しました。
この辺りは、ネットの復旧ではなく、
もう1台ノートパソを買うことで解決したいと思います。
(間違ってるけど、もういいの・・)

つーことで欲しいのがこちら。↓
パナソニック「レッツノート」
サラリーマンがカフェでカチャカチャ使ってるのを見て
いつもいいなーと憧れておりました。
これがあれば、出先での交通費精算も
ちょちょいのチョイよ!(20万出して精算か!)

あーでもほとんど完売になっちゃってます。
皆、ボーナスで買ったな!考えることは同じですね。
ネットの出来る正月中に購入してしまおうと思ってたのに。
これで次買えるのは一体いつになるやら。
そしてmidoroがネットに戻って来るのはいつのことか。
早くちゃんと復帰したいものです。
その節はどうぞ宜しくです。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

BOOKS

「百年の誤読」岡野宏文/豊崎由美
「秘密の窓、秘密の庭」スティーヴン・キング
「ランゴリアーズ」スティーヴン・キング
「急行『北極号』」C・V・オールズバーグ
「高慢と偏見」ジェーン・オースティン
「工学部・水柿助教授の日常」森博嗣あるいは森博嗣論。
「電車男」にツッコミ。
「オペラ座の怪人」ガストン・ルルー
「ドゥームズデイ・ブック」コニー・ウィリス☆☆☆☆
「戦国自衛隊」半村良(角川文庫)
「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」(ソニー・マガジンズ)
「人間動物園」連城三紀彦(双葉文庫)
「本バトン」
「主婦は一日にして成らず」青木るえか(角川文庫)
「ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン(角川文庫)」
「このミス2007」

★ハリポタ★
ハリポタ熱、再燃。
ハリポタ6巻。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

MOVIE

他ジャンルが全然更新出来ていないのに、
映画ばっかりやたら増えて来たので、コーナーを分けてみました。

☆作品感想編☆
大概ろくでもない内容なので、
真剣に捉えないでいただけると助かります。

☆映画に関する語り編☆
更にろくでもないです。

☆役者萌えの部屋☆
新たに設置してみました。
観てるものがバラバラ過ぎて意味不明なので、
こうしたら傾向が出るかな、と。

| | Comments (29) | TrackBack (0)

January 01, 2007

★「映画作品感想コーナー」

このジャンル分けもかなり適当なので、あまり信じないで下さい。

☆ホラー・ミステリー系☆

「プライマー(Primer)」感想。
「シークレット・ウインドウ」ネタバレ感想。
「SAW(ソウ)」感想。
「SAW(ソウ)」2回目感想。
「SAW(ソウ)2」超絶長文感想。
「SAW(ソウ)3」感想。
「カンパニー・マン」感想。
「ジェイコブス・ラダー」ネタバレ感想。
「鬼教師ミセス・ティングル」感想。
「ザ・グリード」感想。
「呪怨」感想。
「呪怨2」感想。
「THE JUON/呪怨」日米比較感想。
「オールド・ボーイ」超感想。分類がわからん。
「マシニスト」感想。分類、ここでいいのかな。
「アメリカン・サイコ」感想。ホラーなのかどうなのか。
「クリムゾン・リバー」感想。
「クリムゾン・リバー2黙示録の天使たち」感想。
「フラットライナーズ」感想。感動物か?
「ドーン・オブ・ザ・デッド(2004)」感想。

☆SF・ファンタジー・アクション系☆
「リベリオン」単独感想。
「サラマンダー」感想!!
「デイ・アフター・トゥモロー」超ツッコミ感想。
「エイリアンVS.プレデター」感想。
「ヴァン・ヘルシング」感想。
「戦国自衛隊(1979)」感想。
「戦国自衛隊1549」死ぬほど長文感想。
「ダイ・ハード」ネタバレ感想。
「バットマンビギンズ」長文感想。
「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」感想。

☆文芸・古典・歴史系☆
「ゴスフォード・パーク」感想。
「8人の女たち」感想。
「エレファント・マン」長文感想。
「オペラ座の怪人」ぶっ叩き感想。文芸に一応分けたものの・・。
「恋の闇愛の光」感想。
「ジーザス」感想。
「いつか晴れた日に」感想。
「若草物語」感想。
「キングダム・オブ・ヘブン」死ぬほど長文感想。

☆ドラマ系☆
「レッド・バイオリン」アホ感想。
「死ぬまでにしたい10のこと」感想。
「すべては愛のために」感想。
「アメリカン・ラプソディー」感想。
「シャンドライの恋」萌え感想。
「ターミナル」感想。
「太陽の帝国」ネタバレ感想。
「コレリ大尉のマンドリン」感想。ロマンスかも。
「パンチドランク・ラブ」感想。
「セブン・イヤーズ・イン・チベット」感想。
「シャイン」感想。
「ケリー・ザ・ギャング」感想。
「モナリザ・スマイル」感想。
「炎のメモリアル」感想。
「クローサー」感想。ドラマ・ロマンス部門を作らねば・・。
「大いなる休暇」感想。
「ムーラン・ルージュ!」感想。
「レザボア・ドッグス」感想。アクション?バイオレンス?

☆ドラマ・ファミリー系☆
「ブラック・ビューティー/黒馬物語」感想。
「トムとトーマス」感想。
「南極物語(2005)」感想。

☆コメディ・ロマンス系☆
「恋の門」&トークショー感想。
「グリーン・フィンガーズ」感想。
「恋愛適齢期」感想。
「ラブ・アクチュアリー」感想。
「トゥー・ウィークス・ノーティス」感想。
「トスカーナの休日」感想。
「ウィンブルドン」感想。
「恋は邪魔者」感想。
「エマ」ネタバレ感想。

☆コメディ☆
「ヴァキューミング」感想。
「チャンピオン/明日へのタイトルマッチ」感想。
「レディ・キラーズ」感想。
「ディボース・ショウ」感想。

☆ドキュメンタリー☆
「スーパーサイズ・ミー」感想。
「皇帝ペンギン」字幕版感想。

☆アニメ☆
「ロボッツ」字幕版感想。

☆ジャンル不明☆
「イレイザーヘッド/完全版」感想。
「フリークス/デジタル・リマスター版」感想。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

FAVORITE

midoroのお気に入りやオススメの一品を紹介します。

★FOOD★
「ボルヴィック8Lボトル(アスクル)」
「男前豆腐(三和豆友食品)」

★HEALTH&BEAUTY★

「あぶらとり紙(鎌倉「四葩よひら」)
「キュートボディー(サンパック)」
「カラダスキャン(OMRON)」
「電気ケトル(ティファール)」

| | Comments (14) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | February 2007 »