« アカデミー賞。 | Main | 黒五こんがりバターしょうゆ味。 »

March 08, 2006

南極物語が見たい・・。

やべー、ディズニーの「南極物語」が
段々見たくなって来た・・。どーしよ。
こんな感動物、1人で見に行って
号泣なんてイヤすぎます!

midoroの物心思い出映画ベスト3は、

1.天空の城ラピュタ(1986)
2.南極物語(1983)
3.サンタクロース(1985)

でして。「南極物語」は地元の公会堂の
小さなスクリーンで見てボロ泣きしたっけ。
「南極物語」の下敷き、何年も使ってたなあ。
犬より荻野目慶子のどアップが目立ってるやつ。
そんなのでも思わず買ってしまうくらい、
幼心には強烈な映画体験でした。

あれはやっぱ可愛い犬たちが次々に・・という
現実の無情さに胸を打たれるのであって、
ディズニーのリメイクなんて、へーへー、
どうせハッピーエンドなんでしょー。
と冷めた目で見てましたが、
予告を見てたら、ハスキーが可愛い!!
ほんとは樺太犬だけど、ハスキーバージョンもいいなあ!
8頭、それぞれキャラ立ちまくってますよ!
お前ら、学園物か戦隊物が撮れるぞ!

そして、ポール・ウォーカーが意外にイイ!
お前のどこがイケメンじゃー!!
このへなちょこー!と小馬鹿にしていたが、
何だろ、いつもより短髪だから精悍に見えるのか?
日焼け効果?うっすらヒゲ?

とにかく、初めて奴の金髪碧眼ぶりを意識しました。
ああいうちょっと汚い格好してると逆に映えますね。
犬にむちゅーっとやってるシーンにズッキーン!
と来てしまいました。

ああ、ポール・ウォーカーが
「タローッ!ジロォー!(仮名)」と叫びながら
走って来て、犬達とガバー!と抱き合うところが見たい!
氷の上で倒れて犬に顔ベロベロ舐められながら
ゴロゴロ転がってるところが見たい!

さあさ、犬好きさんたち、トレイラーをご覧あれ!
→http://disney.go.com/disneypictures/8below/
このポスター!まさに「EIGHT BELOW」!爆笑。
ディズニー見参!って感じですね。

ああ、IMDBのスチールもたまんねっす!犬が、犬がぁあ!
→http://us.imdb.com/gallery/ss/0397313

しかし、リメイク作品といっても、
インスパイアされた、くらいのものらしいので
下手すると8頭全部生き残っちゃうなんてことは・・。
そ、それはさすがにないよね・・?
いや、欧米ならアリなのか?
なんせ、犬を殺すくらいなら自分が死んだ方が
マシっていう人たちだからな・・。

|

« アカデミー賞。 | Main | 黒五こんがりバターしょうゆ味。 »

Comments

always i used to read smaller articles which as well clear their motive, and that is also happening with this piece of writing which I am reading now.

Posted by: Hokibet.net | September 22, 2015 at 04:41

#104様、こんばんは。
ポール・ウォーカー、ティーンアイドルにしては
もう年食ってますもんねえ。徐々に脱却を図らなくては
ならないお年頃。ディズニー映画主演でお茶の間進出、
今後はこういう爽やか肉体派路線で行くといいですね。

なるほど、尻尾で見分けるんですか!
早速スチールを見てみましたが、
いまいちよく分かりませんでした・・。
ハスキー2:マラミュート6ぐらいでしょうか。
公式サイトの犬情報のページにも
年齢は載ってても犬種は書いてないような。

野生のキツネやタヌキって人に懐かないんですか?
「子ぎつねヘレン」とかは赤ん坊の頃から
飼ってるから懐くんでしょうか。
フェレットもよく散歩させてる人がいますが、
あれもペットショップ生まれですかね。
ハムスターは昔飼ってましたが、最後まで
こちらのことは「大きい何か」だとしか
認識してくれませんでした。
あいつらは普通に頭悪いだけの気がします。

狼は相当知性が高そうですもんね。
変に脅えたり媚びたりせず、自分に危険が及ばない限りは、
人間のことも尊重して対等に付き合ってくれそうです。
利益不利益を判断する能力や、
他者とのコミュニケート能力が高いんでしょうね。

ハスキーやマラミュートも賢そうですね。
尊敬出来る人間とバカにしていい人間も
ちゃんと見分けてる節があるし、損得勘定が出来て
手を抜くとかサボるっていう概念があるのはスゴイ。
この子はものぐさ、この子はやさぐれ、
この子は真面目、この子はお茶目と、8匹いても
それぞれの性格や個性がハッキリしていて
人間がパートナーにしたくなる気持ちが分かります。

#104様、お詳しいし相当お好きなんですね。
コメント、どうもありがとうございました!

Posted by: midoro | March 18, 2006 at 00:39

こちらにコメントするのはずいぶんと
久しぶりになりますね、ご無沙汰です。

ポール・ウォーカーはワイルドスピードで一躍有名になってから
10代に人気が出たのを良いことに
ティーンアイドルに仕立てて、
優男という売り方をされてましたね。

しかし、顔がそこそこゴツイし
体躯もマッチョな彼にはそれは似合いませんでした。
まあ、南極調査隊員という役は似合っていると思います。


マラミュートとハスキーの見分け方ですが

マラミュートは尻尾を丸めて下に下げている
ハスキーは尻尾を上に上げて鎌のようにしている

という点で判りますよ。
あとハスキーよりさらに体が大きいですね。
マラミュートの方がより原始の狼に近いので
野生の狼の、相手に気付かれないように
頭も尾も下げて行動するという部分を受け継いでいます。

狼って本来は穏やかな気質で、
野生動物の中では一番人間に懐き易いんですよ。
キツネやタヌキなんかは餌を与えればそれなりに慣れるものの、
基本的に人間に懐くことは無く、
手を出すと噛み付きます。
フェレットやハムスターも、
げっ歯類は基本的に
人間には絶対懐きませんし
見た目で怖がられる狼が実は一番人間には危害を加えず
懐きやすいんで、
ハスキーやマラミュートには、その狼本来の気質が受け継がれて、
とっても可愛いですね。

しかも変な所でやたら賢くて
一銭の得にもならない芸は一切やらない
サボる事とか手を抜く事を知っていますから、
他の犬みたいに芸を仕込もうとしても
その場で寝転がって飼い主を馬鹿にしたように
あくびをしたり。

Posted by: #104 | March 16, 2006 at 11:50

#104様!たいへんご無沙汰しております!
1年ぶりくらいになりますでしょうか?

ポール・ウォーカーは確かにスポーツマンタイプの方が
似合いそうですね。ジェシカ・アルバと共演した
「イントゥ・ザ・ブルー」も肉体美が光ってました。
優男役だと本当にダメッ子で可哀想に見えます。
公開中の「Running Scared」もコケたっぽいですし。

ハスキーだけじゃなくて、マラミュートもいるんですね。
どっちがどっちだか区別が全然付かないのですが、
何か見分け方があるのでしょうか?
ほんとあのふかふかな体と、コワイ顔に愛嬌があって
可愛いですよね!樺太犬よりデカイし、まさに「欧米版」
って感じで公開がとても楽しみです!

Posted by: midoro | March 15, 2006 at 23:12

ワイルドスピードで警官のブライアン役を演じていた
ポール・ウォーカーですが、
実際には優男っていうよりも
スポーツマンタイプなので、
こういう役の方が似合っているかもしれませんね。

南極物語、欧米ではやっぱり極寒の犬というと
ハスキーやアラスカンマラミュートの方が馴染みがあるから
このようなアレンジが成されたんでしょうね。
ボクもハスキーやマラミュートは大好きです

初めて見たとき、狼みたいだと思いましたが
やたらと吠えないし、
毛がふかふかしててわりと表情豊かで
すぐに可愛いと思えるようになりました。

Posted by: #104 | March 14, 2006 at 09:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61026/8994807

Listed below are links to weblogs that reference 南極物語が見たい・・。:

« アカデミー賞。 | Main | 黒五こんがりバターしょうゆ味。 »