« あほみどろの部屋。 | Main | その後の子宮筋腫。 »

March 14, 2006

「ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン(角川文庫)」

ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット
ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セットダン・ブラウン 越前 敏弥


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ネタバレされたー!と大騒ぎしていたけど、
業界(?)内ではこれって有名なネタだったのかな?
作品中でも中盤でネタ自体は明かされてしまったし、
その後はひたすらネタに辿り着くための
謎解きがメインとなっていましたが、
ミステリ的な引っ掛けもちゃんと用意してあって、
ドキドキしながら6時間ノンストップで読了!
いやー、1,700円分は充分楽しめました!

舞台はパリ~ロンドンを走り回るわけだし、
そっちの方面や絵画や教会が好きな人には
たまらないと思います。この作品の後、
ルーブルに行く人激増したんじゃないでしょうか。
midoroもロンドン行ったときのことを思い出し、
ここも行ったよ!ここも!と一粒で2倍美味しかった。
ああ、またロンドン行きたくなっちゃったよー。

なので、ネタバレしていても面白かったですが、
でもそりゃやっぱり何も知らずに読んだ方が
面白いに決まってる。業界では常識だとしても、
知らない人だっているんだから、
本の裏表紙のあらすじ紹介に載ってないことは
公の場でバラさないでよね!皆!

この本の「あらすじ紹介」からも、
いかに内容をボカしながら面白そうに伝えるかという
悪戦苦戦ぶりが伝わって来ます!!
「中」に「上」のあらすじ、「下」に「中」のあらすじが
書いてあるし!ネタに触れずに書くの大変だったね!

で、エンタテイメント本としては楽しめたけど、
「小説」としては、そんな大したことなかったです。
って当たり前か。ほんと映画の原作本として
丁度良い感じですね!作りがとっても脚本的で、
オープニングなんてそのまま撮影に入れそうです。

人物の説明や描写も単純で書き割りっぽいし、
「○○はうなだれた」「××は首を傾げた」とか
その程度の目に見えることしか書かれてません。
心理描写も特にグッと引き込まれるようなものはなく、
登場人物の痛みや苦悩も「ふーん、大変だね~」
って感じで、当たり障りなかったです。

特に主役2人!あまりにキャラが立ってなくて
笑ってしまいました。ほんとただの進行役に過ぎない。
脇役たちの方がよっぽどクセ者で光ってましたよ。

それと、伏線の張り方や謎が見え見え過ぎるので
これはもうわざと読者の想像の範囲内に納めて
次々と予想が当たる気持ち良さで引っ張る手法でしょうか。
だから、どうも主役たちの推理が甘く感じる。
ええ、そんなの定石じゃん!プロなんだから
それぐらい分かるでしょ?と。提示される謎自体は
すごく面白かったけど、謎解きは割りとお粗末でした。

そして下巻の辺りで謎解きもループして来て
同じことの繰り返しになって来るので少々飽きます。
映画はこれ、一体どうやって2時間でまとめる気だ!
何個か、謎を丸ごと削っちゃってもいいくらいですね。

それから、この「ダ・ヴィンチ・コード」って
ハーバード大学教授「ロバート・ラングドン」シリーズの
第2作目なんですね。知らなかったので、
主人公が以前巻き込まれた事件のことなんかが
何度も思わせぶりに出て来て、宣伝ぽくてちょっとムカツク。
まあ1作目を読めば良い話なんですけど。
こっちが面白かったからそのうち読みますが。
あ、でも文庫になってないや・・。ダメだ。
シリーズなんだから一緒に文庫化すればいいのに!
アホじゃん!2作目が面白かったら1作目も買うよ!

あと、なんで、今回文庫化の際に、
あえて3分冊にしたんでしょうね?
これ、単行本と同じ、上下2冊で全然イケたんじゃ。
なんか3冊になった分、価格に上乗せされてそうで
ちょっと納得行かないです。3冊もあったら絶対1冊は
どっかにいっちゃうよ!薄いから紛れやすいし。
まあいいけどさ・・。

ではここから内容に触れて行きます。
ご注意下さい!

【以下、ネタバレ注意!!】
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
さ、読み終わって一番の感想は、

やっべー、シラス萌えるー!!です。

あああ、すみません、ほんとすみません。
フィクションの世界に萌えてますので、
実在の方々とは何の関係もありません。
どうか石投げないで下さい。

もうねえ、めっちゃツボなんですよ。
白い髪赤い目白い肌、色素欠乏症の禁欲的な修道僧!
自分自身を血が出るほどビシバシ鞭打ってるし、
自慰を10年してないとかって、マジでー!?
修道僧って皆そうなの!?死んじゃうよ!!

しかも、これ、ベタニだと思って読むとたまらん!
信仰が行き過ぎてイッてしまってる修道僧なんて
似合い過ぎる!誰だ、キャスティングしたの!
白髪も白塗りもスゲー似合いそうだし、
唯一、大男っていうのがちょっとアレだけど、
まあ痩せ型の大男だと思えばね・・。ベタニ、デカイしね。

そんでまた上半身脱いでくれちゃうんでしょう?
白い背中に血を滲ませながら!!
ベタニもほんと露出狂ですよね!
肌を晒してない映画にお目にかかった覚えがない!

シラスが縛られて転がされてるとことかも萌えです!
うおー、そっと血をぬぐってあげたい!!
無茶苦茶やるくせに師匠に忠実なとこも良いです。
あと、先走ってやらかしてから後でああー!とか
なってるとこ最高!可哀想なアホの子最高!
ソフィーに後ろからガッと行ったところでは
最高に萌えました!あっさり流されましたが・・。
ちょっと、ダンさん!もうちょっとサービスお願いしますよ!

はぁ、しかしダ・ヴィンチ・コードに萌えがあるとは
予想もしなかった・・。ありがたやありがたや~。
映画が一気に楽しみになりました。
っていうか待ちきれん!ベタニ!ベタニ!!

あと、主役の教授の影の薄さは
トム・ハンクスのさりげなさにピッタリですね。
ハリソン・フォードと言われるってことは、
ほんとはもっと渋いロマンスグレーなんだろうけど。
先生、下ネタに困ってるとことかウブ過ぎてヒキます!

そして、思いっ切りミスキャストなのがソフィー。
どこが、オドレイ・トトゥじゃ!
ハリウッドでも知名度のある分かりやすい
フランス女優が他にいなかったんでしょうが、
赤毛で緑の目っていうのはどうなったんだ!
これってオチに関わる重要なことじゃないの?
ひょっとしてあれは問題あるからカット・・?
それにルノワールを思わせるようなふっくらとした
柔らかい印象、って全然違うじゃん。
オドレイ、痩せギスでは。

後はジャン・レノなんてケッて感じでしたけど、
このキャラならアリですね!美味しいぞ!
これも期待が高まりました。

さて、少しは真面目な感想も・・。

midoroはジェンダーに関わる話がすごく好きで、
男女同権論とか出て来るとイキイキして来る方なので、
この「貶められた聖なる女性」というテーマの論証には
1つ1つものすごく納得が行きました。
というか、心から信じたいですよ!本当に!

全く、何で女が男の従属物なんじゃー!
堕落の象徴だとー!?一体何を言うか!って、
そもそもその辺がキリスト教に
いまいち馴染めない理由じゃないかと
常々思っていたので、midoroはこの本で述べられた
考え方には非常にスッキリさせられました。

ある明確な目的と理由があって誘導・編集され、
人為的な計算によって「作られた」ものだとするなら、
聖書に書かれていることにも納得が行きます。
いや、納得は行かないけどあきらめが付くというか。

midoroには到底理解出来ないけれど、
そういうフィクションが必要される背景があったからこそ
生まれて来たわけだし、それを認めて良しとして
信じて生きている人たちがいるならば、
じゃあもうそれはそれで仕方ないかって感じ。
でも本当に一字一句、文字通りに信じている
柔軟性のない原理主義者はちょっと怖いですけどね。

心に残ったのは、教授すなわちダン・ブラウンが
「全てはフィクション」と言っていたことです。
教授もダン・ブラウンも、どちらも作中では
どっちの説が真実であるとも主張してないんですよね。
まあ物語の結末からいうと、主張してることに
なるのかも知れないけど、それこそフィクションだし・・。

それに「聖なる女性」の側に立つことを主張するなら、
教授もダン・ブラウンも最後に聖杯を世に出すことを
選んだと思うんですよね。でも最終的に、
全ては秘密のままに終わったし。

絶対といえる「真実」なんてどこにもなくて、
ただ、いろんな考え方や可能性があって
それを信じる人々がいて、信じる人が沢山いれば、
それはやがて「本物」になる、というようなことが
書かれていたので、フィクションとして
面白い読み物になるように、双方の立場や考え方を
上手く利用しつつ、結局はどちらの立場にも
中立的に見えたのが良かったです。

しかし、実際の団体名とかそのまんま使っちゃうところが
すごいよねー!!普通、「あそこのことだな」って
誰にでも分かるような書き方をしていても、
名前はボカすものじゃないですか。ずっとドキドキしてましたよ!
ヴァチカンとオプス・デイから訴えられる!と。

でも、最後は上手かったですね。
結局、どちらの陰謀でもなく、双方が巻き込まれた形で
決着を付けたのはなるほど!って感じでした。
というか、ヴァチカンは何一つ関与してなかったのが笑える。
借りたお金を返しただけでしたね。
ほんとにヴァチカンを悪く書いてたら出版出来ないか・・。

でも、オプス・デイ信者が信仰の強さゆえに
道を誤り殺人を犯した、っていう小説上の結末は
そのままでいいんだ・・!これはすごいです。
オプス・デイにとって、フィクションの世界における信者の殺人は
現実の自分達の組織の存在をを危うくさせるような瑕疵には
ならないんですね。逆にいえば、懐広いよね!
右の頬を打たれたら左の頬を出せ、ですか?

さっき、自分で「納得は出来ないけれどあきらめられる」
と書いたけど、向こうからしてみたら同じ感覚なんでしょうね。
到底理解出来ないけれど、そういう考え方が
あってもいい、と向こうも赦してくれている。
だから取材協力までしてくれるんでしょうね。

この「聖なる女性」説に関してもそうだけど、
「向こう」からしてみたら、「こちら」が何を主張して
騒いだところで所詮こちらが「フィクション」ですもんね。
余裕が違います。間違っている者を見る目が
優しいっつーか、慈愛に満ちています。

こういう関係ってちょっといいですよね。
お互いに「赦してやってる」関係。
お互いに自分たちが上だと優位だと思ってるからこそ
成り立つ関係なわけだから、よく考えるとバカにしてんのか!
片腹痛いわ!って感じですけど、
意見の異なる相手を排除して徹底的に叩き潰して
従わせようとするよりは断然大人の対応。
他の宗教に対してもそのぐらいの
理解と余裕があればいいのにねー。

男性の方はこの作品を読んでどう思われるんでしょうかね。
オプス・デイの考え方っていうのは、
この作品を赦してくれている時点で分かるし、
「苦いレモンを甘いレモネードに変える」という
見解も出しているけど、一般のキリスト教の信者の方は・・?
日本にいるといまいち、この作品が
どういう受け取られ方をしたのか入って来ないんだけど、
欧米だと紛糾したんでしょうか。謎です。

ところで、以前見かけたこの新聞記事も、
ある意味ネタバレでは?

「ダ・ヴィンチ・コードは盗作」と提訴=出版差し止めの可能性も

【ロンドン27日】世界的ベストセラーとなった米作家ダン・ブラウン氏の小説「ダ・ヴィンチ・コード」は、自分たちの著書からアイディアを盗用しているとして、歴史学者2人がロンドンの裁判所に提訴し、公判が27日に始まった。
 訴えたのは、ヘンリー・リンカーン氏とともに1982年に「聖なる血と聖杯」を著したマイケル・ベイジェント、リチャード・リーの両氏。2人は「ダ・ヴィンチ・コード」の多くの部分は、「聖なる血と聖杯」を参考に書かれていると主張し、発行元の出版社ランダムハウスを訴えた。
 2人は著作権がさらに侵害されるのを阻止するため、差し止め命令を求める見通し。認められれば、ランダムハウスが「ダ・ヴィンチ・コード」を出版できなくなる可能性もある。
 オブザーバー紙によると、ランダムハウスの弁護団は裁判で、過去何世紀にもわたり、作家たちは互いに筋書きやテーマ、アイディアを借り合ってきたと強調。シェークスピアの戯曲も「真夏の夜の夢」を除くと、すべて他の作品からアイディアを拝借していると主張する方針。
 「聖なる血と聖杯」は、イエス・キリストとマグダラのマリアが結婚して1児をもうけ、現代も血統が続いている事実をカトリック教会が隠そうとしていると論じている。一方、「ダ・ヴィンチ・コード」も、バチカンがキリストに関する真実を覆い隠す努力をしていると述べている。
(時事通信) - 2月28日0時43分更新

ああもう、太字のところまで言う必要ないじゃん!!
ったく、どいつもこいつも!
もうちょっと気を遣ってよねー!!
まあ、出版差し止めなんて事態になる前に
読めて良かったですけども。

ていうか、訴えるのが遅い!!
映画がクランクアップしてから訴えてどうする!
歴史学者は世事に弱いのか?
訴訟準備に3年も費やしたんでしょうか。

あとはちょっとツッコンでおきます。

まず、看板に偽りあり!!!

レオナルド・ダ・ヴィンチの絵に
物凄い秘密が隠されていて、
それが物語の鍵になるのだと思っていたら、
ダ・ヴィンチの謎なんて、
ほんの前哨戦だったじゃないですか!

特にこの本の出版で「モナ・リザ」が
やたらフィーチャーされていたので、それに秘密が
あるのかと思っていたら、これはダ・ヴィンチの
思想が良く反映された作品だというだけで、どっちかというと
作品のテーマ的に、本当に秘密が隠れていたのは
「最後の晩餐」の方でしたよね。

修復によって初めて明らかになった秘密、っていうのは
良いネタでしたけど、でも修復前でも女性に見えるんだよね・・。
12人の使徒なんて誰が誰やら良く分かってないので
何となくあれは女性だと思ってた。あまり驚きがなかったです。
ナイフを持った謎の手については、
どこかで読んだことあるような気が。

そうです、この本で本当にスゴイのは
ダ・ヴィンチではない!!ジャック・ソニエール!
爺さん、あんた凄すぎ!!
死ぬまでのたった15分かそこらで
あれだけの暗号と手掛かりを残したんですか!
猟奇殺人かと思っていたら、自分の仕業かよ!!
あービックリした!!ビックリした!

いやーしかし、自分が死んだら
そこで永久に真実が失われてしまう!
どうにかして遺さねば!っていう切迫感と
使命感は想像するだに空恐ろしいものがありますよね。
秘密を守って死ぬことは怖くなくても、
死ぬことで秘密が失われるなんて絶望で目が眩む。
そら爺さんも力を振り絞って働くわ!

ソニエール爺、生前には聖杯を守るための
仕掛けを作りまくりだし、その念の入れよう、
懲りようと言ったらほとんど遊んでやしませんか!
全体的に遊び心が満載の仕掛けでしたね。
ソフィーを楽しませるために作られたとしか思えん。
ちょっと公私混同気味。まあ公も私も一緒でしたけど。

でもねえ、間違ったヒントを頼りに探しに来た
シラスに対し、「間違いだよーん、ベロベロー」
ぐらいのあの言葉はちょっとどうかと思います。
「もしや誰かにすでに持ち去られてしまったのか!?」
って思わせるくらい曖昧にしておけばいいのに、
あんな間違いだってハッキリ明らかにするから、
躍起になって探されちゃうじゃないですか。

あと、謎解きで不自然だなと思ったのは
ソフィー、暗号解読のプロなのに
最初のアナグラムに思い当たらないなんてことが
あるだろうか!!そんなの基本中の基本じゃないですか!
簡単過ぎて思い当たらなかったとかそういう問題じゃない!

爺さんがアナグラム好きだったことも
知っているのに、教授より後に気付くなんて
おかしいです。ここは教授に活躍の場と
存在意義を与えるために、わざと役割を
割り振りましたね。そういう箇所が何個かある。

それから、あの鏡文字!!
もーmidoro、速攻、鏡に写しましたよ!!
少年探偵団的に言うとこれだって基本中の基本でしょう!
これも子供騙し過ぎて、大人には盲点だとでも?

あと、警部が悪役だと思わせておいて
実は、っていうのはいいんですけど、
最終的に警部がいつ教授への疑いを解いたのか
どうやってティービングに目星を付けたか、
ハッキリ書かれてないのがどうもアンフェアに思える。

「なぜ私が指示したときに来なかったんだ」って
行くわけねえだろ、ボゲー!!!!と
教授とソフィーは心の中で思ったに違いないです。

あと、アリンガローサから話を聞いた後、
なんで教授の疑いは晴れたんだ?
そんな何ヶ月も前からパリにいたわけじゃないから?
そして、どうやって黒幕がティービングだと分かったんだっけ?
何か物的証拠なんてあった?読み逃してる?
盗聴設備が発見されたのはもっと後の方でしたよね?
途中からちょっと適当に読んでたのでうろ覚えです。

最後、警部ってば、アリンガローサと和やかに会話して、
いい人ぶりを振り撒いてる場合じゃないですよ!
ちゃんと事件の説明をしてくれ!
そして、教授に疑ってゴメンネ!もしくは、
利用してゴメンネ!テヘ!くらい言ってくれ!

この、「最初悪い人が実はいい人、
いい人が実は悪い人」のパターンはお約束だけど、
この警部役は、ほんと美味し過ぎます。
ジャン・レノ、牡牛みたいなタンク的岩オヤジじゃないけど、
憎まれ警部役にピッタリです。

作者も書き方いやらしいですよねー。
わざとらしく、警部が最新の電子機器に詳しいとか
金をつぎ込み過ぎて困っているとか書くしさー。
導師と誤解させるようなアリンガローサとのやりとりが
また何とも。金属探知機が反応したのを
銃と杖で引っ掛けたのと、警官のIDと爵位の証明書を
2重に引っ掛けたのは上手いと思いました。
ソニエール爺さん的2重の意味ですね。

殺されちゃったレミーは可哀想でしたね。
皮肉屋でなかなか良いキャラだったのに。
しかもピーナッツ・アレルギーで!!
ピーナッツってこれの伏線かー!!と参っちゃったよ!!
自分が先に一口飲むティービングがやり手です。

あと、スイス銀行支店長のヴェルネも、
ソニエールを殺してない、っていうのはあっさり信じてくれて
あんなに手を尽くしてくれたというのに、
(ていうか、運転手の演技をする支店長なんていねー!!)
他に3人殺したって聞いたらもう全然信じてくれなくて、
あっさり敵に回っちゃったのが妙でした。
何か理由があるんだろうと思ったら別になかったし。
機転も利くし、聡明に見えたのに、
最後はアホな役になっちゃって可哀想です。

コレ警部補もあまり出番はなかったけど
なかなか良いキャラでした。

なんかいい人で振り回されて可哀想だったのは
やっぱアリンガローサ司教ですね。
パイロットを買収するために
大事な指輪をソッと外して置いたところや、
最後、指輪が戻って来たところには
うっかりホロッとさせられそうになりましたが、
ちょっと待て!遺族の補償にその指輪も売ってしまえ!
と危うくツッコミ心を思い出しました。
あと、ほんと部下はきちんと管理しとけっつーの!
ああ、ダメ司教、似合うよ、モリーナ!!

この後、小説中ではオプス・デイはやっぱり
属人区を廃止されちゃうんですかね?
ていうか、実際はほんとどうなんですか?
別に廃止されてないよね?
全て事実、みたいに書いてあるから
どこからフィクションなのかいまいちよく分からん。

しかし、この小説を読んでたイギリス人は
畜生!って感じでしょうね!
フランス人てこれだからよーとか思いながら
読んでたら、ランカスター公の末裔で
英国王立歴史学会員で騎士の称号を持つ
イギリス人が黒幕って!ヒドイねえ、ダン・ブラウン!

つーか、映画で本当にサーの称号を持ってる
イアン・マッケランが演じるのもすごいんですけど。
キャスティングもすごいけど、本人も良く受けたなあ!
これも大人の余裕ってやつでしょうか。
ティービングにしては背がデカイ気もするが。
小児麻痺を患っても、あんなに育つんだろうか。

あと、サーっぽく見えないことにかけては
エルトン・ジョンといい勝負、といわれるティービングにしては
イアン・マッケランはいかにも爵位持ってそうに見えるから
ミスキャスティングだと思うけど・・。

あとラストの逆さピラミッドには笑ってしまいました。
幸せの青い鳥はすぐ近くに、じゃないけど、
最初に戻って来るなんて出来すぎじゃー!
ちゃんと最初にローズ・ラインの伏線もありましたが、
これは分からなかった。ロマンチック過ぎるって!!
もー、ソニエール爺さんてば!

ミッテラン大統領もまさかこんなこと言われるとは
思わなかっただろうなあ。実際にそこに聖杯があったら
面白いのに!ヤッベー、急遽移動!!とか。
midoroもルーブル行ったら、ピラミッド拝んで来ることにします。

そして可愛い孫娘にセックス見られた挙句、
10年も口利いてもらえなくて誤解されたまま逝ってしまった
可哀想で有能なソニエール爺さんに合掌。

|

« あほみどろの部屋。 | Main | その後の子宮筋腫。 »

Comments

Ahaa, its nice conversation about this article at this place at this webpage, I have read all that, so at this time me also commenting at this place.

Posted by: big T shirt | August 29, 2015 at 23:31

Hi there, its good paragraph concerning media print, we all be familiar with media is a fantastic source of data.

Posted by: SEO оптимизация | August 09, 2015 at 11:45

previous mobile phones and operates in conjunction with the onscreen QWERTY keyboard. Android is a software platform and operating system for mobile devices based on the Linux operating system and developed by Google and the Open Handset Alliance. 'Scurvy Scallywags' on Android plays pretty much like it did on an Apple product.

Posted by: hackgta5online.com | February 27, 2015 at 13:10

Pla - Smart Perplexus Maze Game is a challenging and a fun game in which the player has to move a small marble around different tracks within a transparent sphere. There are some applications that help the users to learn through various illustrative presentations. Eight is Talk to Me that makes communication easy around the world with more than 40 different languages in it.

Posted by: free money in gta 5 online | February 25, 2015 at 13:04

player game that features Spiderman as one of the playable characters. There are five fundamental issues that you need when you are applying eye make up. There is no greater recommendation I can approve of for a Spider-Man story.

Posted by: http://spidermanunlimitedhacktools.tumblr.com | February 24, 2015 at 17:56

For another thing, his personal characteristics as both a human being and a superhero are so endearing with many of said qualities evident even in Spiderman games. You have to try jumping from webs and buildings to reach the end of the map. It can help your car or truck be different inside herd together with gives satisfy to people that value the greatest, revolutionary versions found in made to order safari, smooth and colored rims.

Posted by: spider man unlimited hack tool download | February 24, 2015 at 14:51

Its a time to be creative and give your child a unique experience they will remember for years. There's also the not so bad Black Cat, Silver Sable and Morbius. There is no greater recommendation I can approve of for a Spider-Man story.

Posted by: Sylvester | February 24, 2015 at 08:54

ともみん様、ごめんなさい!やっぱりTBダメみたいです。
原因はココログではなく、私に何か・・?!こんな私のブログを
訪れて下さる、貴重な常連さんのともみん様からTBが入らないなんて悲し過ぎる・・。これに懲りずにまたいただけると幸いです・・!

狭いところって想像するだけでもダメなんですか。
この間、山手線が止まった日に、車内に1時間閉じ込められて気分が悪くなった人のニュースを見てたら、ともみん様のことを思い出しました。電車も長時間だと辛くないですか。窓が開いてたり、密閉されてなければ大丈夫なんでしょうか。

知人はディズニーランドのスペースマウンテンで発狂しそうになると言ってました。あれって空間的には広い気がするんですけど、暗くて閉鎖されてる状況がダメみたいですね。
自分はそういう苦手なものがあまりないので、そういう場所に人を連れて行くとか待たせてるとか無自覚に何かやらかしてないか心配です。

Posted by: midoro | April 28, 2006 at 16:25

すみませーん。
私が訪問しているブログって、ココログも多いのに
この相性の悪さは、悲しくなっちゃいますね・・・もう、ライブドア、さっさと有線傘下に入って、ブログの運営もスムーズに行ってほしいわ。
TB送信履歴が、2つになってしまいましたので
トラバが二つついてしまったら、ごめんなさいです。

高いところは、得意では無いけれど・・・狭いところは、想像するだけでダメですっ!

Posted by: ともみん | April 25, 2006 at 21:15

ともみん様、こちらにもコメントありがとうございます!
ほんと3冊にする意味ないですよね!
予想どおり、1冊どっかに紛れて行ってしまいました。
今時あんな薄い本なんてダメです。

確かにネタバレしていてもあれだけ面白かったので、
事前情報なく読めたら最高だったでしょうね!
これから初めて読む方が羨ましいです。

ともみん様も閉所恐怖症なんですか。
暗いとことか高いとことかはいかがですか?
教授の弱点、最初に出て来たので何かアクションの伏線に
なるのかと思ったら、別に何もなかったですね。
トム・ハンクスだと思って読むとちょっと可愛いですけど。
教授、小さい飛行機は大丈夫だったんでしょうかね。

そしてまたTBが入っていないのです・・。
すみません~!もう一度お願いできますか!

Posted by: midoro | April 25, 2006 at 01:11

こんばんは~。
私もやっと、読み終わりましたよ。で、midoroさんと一緒で、3冊に分ける必要性は・・・?と疑問に思いながら読みました(笑)
この本って、事前情報を知らなければ知らないほど、面白く読めますね。ネタバレを避けてきた甲斐がありましたが、midoroさんも楽しめたようで良かったです!
私は隠された謎ばかり追求していたので、人物描写についてはあまり気にならなかったのですが、確かに共感できる人はあまりいなかったかも。唯一、教授の閉所恐怖症は理解できました(笑)
TBさせていただきましたので、よろしくです。

Posted by: ともみん | April 22, 2006 at 21:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61026/9080730

Listed below are links to weblogs that reference 「ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン(角川文庫)」:

« あほみどろの部屋。 | Main | その後の子宮筋腫。 »