« 「カルビー ギザギザポテト 黒五しお」 | Main | 2月の更新履歴。 »

February 26, 2006

あほみどろのトイレ。

【CAUTION!!】

汚い話が苦手な方、お食事前の方は
絶対読んじゃダメです!!
なんでこんな話を書くんだ!不愉快だ!と、
後で文句言われても聞きませんよー!

*************************

あほみどろんちのトイレは主人に似たダメトイレです。
マンションの上の方の部屋で風呂を使ったり、
大量に水を使ったりしていると、
圧力の関係なのか便器の中の水位が下がってしまい、
そこから下水の空気が上がって来ます。

以前はそんなことなかったと思うんだけど、
最近は2、3日に1回くらいのペースで
しょっちゅうゴボゴボ言っては下水の臭いがして来るので
またかー、と水を流しに行って便器に水を溜めます。
段々察知するのも早くなって慣れて来ました。

部屋にいるときはまだいいのですが、
外から帰って来て、ドアを開けた瞬間に
部屋中が下水の臭いに包まれていると、
ただでさえ部屋が汚くてうんざりするのに、
「お前の部屋にはこれが似合いだよ!」
と言われているようで、ますます気分が荒みます。

あと、朝目覚めた瞬間に、すでに臭っていたりすると、
「一晩中、この空気を吸い込みながら
気持ち良く眠っていたのか!?」と、
さすがにちょっと気分が悪いです。

そのことと関係あるのかどうか分かりませんが、
トイレがまた詰まりやすいです。
midoroは、絶対に手に触れないように、
そしてヒリヒリするくらい徹底的に拭くので、
大量にトイレットペーパーを消費することとなり、
外でもしょっちゅうトイレを詰まらせて、キャー!
と、ドキドキするような目に遭っているのですが、
家だと大体コツが分かっているので、
何回かに分けて細かく水を流したりして調整してます。
それでも1ヶ月に1回くらいは詰まってる気がします。

んで、ここでmidoro節が炸裂です。
「出来ることは常に後回し」の精神については
度々書いていますが、トイレの詰まりに関しても
それは全く例外ではなく。

「ああ、詰まっちゃった~」となってから、
すぐにトイレのスッポンで直せば良いものを、
「まあ、後でいっか~」と面倒臭くて、とりあえず後回しにします。
そういうときに限って、洗濯したばっかのジャージを
着てたりするので余計やる気が失せます。
せっかく新しいのを着てるのに、水が跳ねたらヤじゃん!と。
跳ねたらまた着替えりゃいいだろ!って感じですが。

トイレが詰まっているといっても、
ペーパーは流れなくても水位は徐々に下がって行くので、
しばらく待てば、トイレを使うことは出来るんですよね。
それで、小の間はまだいいんですが、
やがて大をしたくなるときがいずれやって来ます。

そこで大をする前に詰まりを直しておけば良いのですが、
なにしろ本当にギリッギリになるまでは
絶対にやらないのがmidoroなので、
以前、大がしたくなってから慌てて直そうとしたら、
midoroのやり方が悪いのか、
安いスッポンだったので機能的に問題があるのか
分からないけど、詰まりがなかなか取れなくて、
30分ぐらいひたすらズポズポやってるのに全然直らず、
腕は痛いし腰は痛いし、トイレの我慢も限界で、
泣きそうになったことがありました。

それですっかり懲りてしまったので、
今から詰まりを取ろうと思ったら
たいへんだよなー、とやる気が萎えてしまい、
先に直しておいた方が後で楽なのは分かり切っているのに、
midoroは損得勘定というものが出来ないので、
目先の楽を優先してしまい、結局詰まったままの
トイレで大をすることになります。

そーするともうドロドロですわ。
水位が減っては少しずつ水を流して、
徐々に便を減らして行くのですが、
水の中で攪拌されてバラバラに解けた便が
便器中に舞い上がり、水が減ったときには、
ペーパーと共に便器全体にぶわぁっとこびり付いている。
それはまるで地獄絵図

それを見て、更に詰まりを取る気がなくなります。
こんなとこにスッポン突っ込むなんてイヤだ!汚い!
だって、ずこずこやってる間に、絶対便混じりの水が
飛んで床が汚れるし!そんなの自分にかかったらどうするの!
と、水が飛んで来ることよりも、便が溜まったままのトイレが
部屋にあることの方がよっぽど汚いはずなんですが、
何というか、衛生観念が無茶苦茶です。

「もうちょっと便が流れて減ったら直そう!」
と思っている内に、また次の大がしたくなり、
また更に便器が汚くなる。そうするとますます嫌になる。
悪循環のスパイラルが完成です。

んで、一度、詰まりを直すのが嫌さに、
1週間ぐらいそのまま生活したことがあります。
常に便器に便が溜まっている状態で。
しかも、さすがに1週間も溜めていると
水の流れも悪くなって来て、便器の中は
流し切れないペーパーと便だらけ。
ますます直す気がなくなります。
もはや見ないフリです。見ないフリも得意です。

そんなことをしていたら、当時付き合っていた彼が
週末部屋に来ることになったので
(これで彼氏がいたっていうのがスゴイ)
いよいよやらねば!と決意して、
詰まりを取ろうと思ったのですが、
1週間分の便とペーパーが詰まったトイレは
もはやウンともスンともせず。

1時間くらいまた泣きそうになりながら
作業していたのですが、どうしても直らない。
明日は彼が来るのに!と、冷や汗が出ました。
まさかトイレが詰まってるから無理!なんて言えないし、
しばらく悩んだ結果、やむをえず業者を呼びました・・。

ていうか、そのうち彼が来ることぐらい分かってるのに
なぜ前日まで放っておくのか!もし「急に寄ってみたよ」
とか言われてたら一体どうする気だったんだ!
ほんと後先の見通しが立ちません。

いやー、でも業者に来てもらったときは
心底恥ずかしかったね!さすがのmidoroでも!!
なんでこんなになるまで放っておいたんですか?
っていう男性作業員の(しかも2人も来た)
無言の視線を浴びつつ、いたたまれなかったですよ。

でもね、作業員が思い切り良くズポズポやってくれたら
あんなにmidoroが苦労していたのがウソのように、
あっさりと一瞬で詰まりが取れたんですよ!!
何だよ、簡単に直るじゃねーかよ!チクショウ!
と思いつつ、あのときは本当に嬉しかった!!

「わざわざ来てもらってすみません」と謝ると、
「女性は力がなかったり、コツが掴めなかったりして
難しいことがあるんですよ」という優しい言葉が。
うう~、その女性がこんなトイレを作り出すのか!
余計恥ずかしかったです。
ちなみに詰まり直しの代金は5,000円でした。高!
でもそれで助かったんだから安いもんだけど。

で、そんな苦労をした思い出があるというのに、
その後も相変わらず、詰まりをその場で
直すことが出来ません。大体、1日ぐらい経って
ギリギリになるまでやらない。

そして、今、何でこんなブログを書いているのかといいますと、
そう、昨日またしても怠けてしまい、
便詰まりのトイレを作り出してしまったのです。
しかも、また大がしたくなって来ています。
それを誤魔化すためにブログを書いているのです。
少しでもやりたくないことを先延ばしにしようと・・。
って、全然延ばせてないっつーの!

【後記☆】

ブログに書いたことによって、踏ん切りが付き、
(この場合「糞切り」か・・?)
やっと直す気になりました。日曜の夜だし。
月曜までは引き摺りたくないです。
週が明けたら「平日の夜にそんなめんどくさいこと無理!」
とかいって、次の週末まで直さないことが
ハッキリしてるし。前のときが確かそうだった。

で、30分くらい、汗滲ませながらズポズポ。
水が流れることは流れるんだけど、
じわじわーと減るだけで、あの小気味良い
「ズゴゴゴーッ!」という音が聞こえない。
空気が通じてないんですね。

そして、今までの経験から分かったのですが、
水が跳ねるのを気にして恐る恐るやってる間は
絶対に詰まりは取れないのです。
プチッと何かが吹っ切れて、思い切り良く
ズコズコやれるようになるまでは無理。
そのぐらいの気迫がいるのですよ。
トイレ詰まりに立ち向かうには。

そういえば、作業に来た兄さんも、
どうせ人んちのトイレだし慣れてるし、
汚れてもいい作業着も着てるから、
水が飛ぼうが便が飛ぼうが気にせず
ズコズコやってました。

midoroも、最初は跳ねた水にイヤぁー!!とか言って
神経質にその都度拭いているのですが、
時間が経つ内に段々疲れて来て投げやりになり、
ズコズコのスピードが早く、そして強くなって来ます。
そんな自分はちょっとカッコイイ。

水が跳ねる回数も多くなって来たので、
トイレットペーパーで拭きながら作業しているのですが、
そういえば、トイレットペーパーも切れかけてんじゃん!
もっと早く買っておけば良いものをー!midoroのバカー!
もう、この1ロールしかなくて、
残りもあとわずかだというのに、どーすんのさ!
と、不安になって来たそのとき!

「・・ごぽっ、ごぽごぽっ」

ああっ、トイレの奴が動き始めました!!
空気が入りましたよ!もう一息だ!!
気合を入れて、もう水が飛ぼうが何だろうが、
やけっぱちで高速ピストン運動!

ズコズコズコズコズコズコズコ!!

ズズーッ!ズゴゴゴゴー!

ついに開通しました!!やったあああああ!!
ほんと、毎度この瞬間って、苦労しただけに
ちょっと泣きそうになるほど嬉しい!!!
もしかして、この喜びを味わうために
わざと詰まりをひどくしているのだとしたら
アホだ。マゾだ。

このトイレ話もそうだけど、1人暮らしをしていると、
「もうどうにもならないよー、誰か助けてよー!うわーん!」
と泣きたくなっても、助けてくれる人はそこにはいないので
自分の力でどうにか頑張るしかないし、
ただ待っていても助けは来てくれないから、
よそから手助けを探して来るのも自分だし、
上手く行かなくて泣いても怒っても何かにあたりたくても、
それは全て自分の中で処理するしかないことで。
そして、もうダメ!と思ったことでも、案外何とかなったりする。

すぐ人に責任転嫁したがり、人に頼りたがるmidoroにとっては、
こういう諦観というか、自分で問題を解決するっていうことを
1人暮らしで学べたのは、すごく良かったなあと思います。
ああ、これが自立というものなのかしら!
って、自分の怠惰による報いの苦労話を、
何いい風にまとめてんだよ!って感じですが。

でも実家にいたら、100パートイレの詰まりなんて
自分で直さないもんなあ!バックレて親にやらせる。
長いこと1人暮らししてる人はこうやって
少しずつ何でも出来るようになって行くんでしょうね。
それが本当にいいことなのかどうかは分からないけど。
寂しいことかもしれない・・。

しかし、30分もずっと水を流し続けていたので、
今月の下水道代が恐ろしい。
ああ、次こそは、本当に次こそは、
トイレが詰まったと同時に直せるような
面倒臭がらない人間になりたいです!!

いや、でも待てよ?よく考えたら、
今まだ便器にこびり付いている汚れを
「そのうち自然に落ちるだろー」と、
放ったらかしにしてる時点でもうダメじゃん!?
ここまでやったんだから、ついでにトイレブラシで
ちょちょっと軽く擦るだけなのに!

ほんの5分もかからないのに、
最後の一手間を惜しんで綺麗に出来ないんだから、
(というか、落とせる汚れを放置している、
という自覚すらなかった・・。それが当たり前過ぎて。)
こんなんで詰まりを直せるわけがない!!
あーもう、どうだっていい。いいですよ!
(開き直ってしまった。)

さー、大がしたくなるのを恐れて
今日1日何も食べていないので、
飯でも食うか!!

|

« 「カルビー ギザギザポテト 黒五しお」 | Main | 2月の更新履歴。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61026/8848664

Listed below are links to weblogs that reference あほみどろのトイレ。:

« 「カルビー ギザギザポテト 黒五しお」 | Main | 2月の更新履歴。 »