« November 2005 | Main | January 2006 »

December 29, 2005

「人間動物園」連城三紀彦

人間動物園

好きな読書系ブログ様、お2つが揃って誉めていらしたので
挑戦してみました。初読です。連城三紀彦。
2003年の「このミス」で第7位を獲得してるんですね。
題名もイヤーな感じにインパクトあるし、
表紙の山羊さんがとっても可愛い!

大雪で交通網の閉ざされた
閉塞的状況で起こる誘拐事件ミステリということで、
今年の厳冬にはぴったりな感じです。
なぜか舞台は埼玉県。

で、ページを開くと、初っ端から読み辛!!
古臭い比喩表現や心象風景の描写が
わんさか出て来ます。モノローグ多いなー。
midoro、わざとらしい修辞が苦手なので、
んなこたどうでもいいから、サクサクと
先に進んでくれー!とイライラしちゃいました。

連城先生、なんか昔っぽいっていうか、
土曜ワイド劇場みたいなベタさです。
ほんとに昔の方だから仕方ないけど、
登場人物の台詞はもちろんのこと、
地の文でも勿体つけてて思わせぶり。
「これが事件の幕開けだった」
「○○は知るよしもなかった」みたいな。
皆が最初から予兆を感じまくり。

ミステリに「人間が描けてない」とか言いたくないけど、
登場人物のキャラ設定、台詞や行動も
「ええ、ここでそんなことしちゃう!?」
「まだ気付かないの!?」というツッコミどころが多く、
作り物っぽくて現実味がないので、
なかなかすんなりと世界に入って行けません。

あと、伏線の張り方も見え見えで、
読んでて「変だな?」と思える箇所について、
登場人物が「これはきっと関係ないだろう!」
「特に意味はないな!」みたく、
言わんでいいことをわざわざ強調して
言ってくれちゃうので、逆に関係あるのが
バレバレです。サラッと書いてくれれば
引っかからずに読み流しちゃうのに。
ある意味、フェアなのか。
まあ、それが伏線だと分かったからって
オチは絶対読めないから問題ないですけど。

で、中盤くらいまで文章に苦しんでいたのですが、
中~後半になってやっと展開が盛り上がって来ました。
犯人と警察との頭脳戦、盗聴戦の辺りは
ややこしくてスリリングで興奮します!

ただ、これらの舞台立てというのは
何というか、あくまで犯人の「レトリック」であって、
事件解明の鍵となる「トリック」ではないんですよね。
midoroの好きな、最後にバーンと劇的に犯人が明かされて、
犯人の取った行動や動機が1から10まできっちり説明されて、
そういうことだったのね!ああー、スッキリ!っていう
タイプの小説じゃなかったです。

結論も刑事の推測によるものだし、
作中で明らかにされなかった箇所は
読者が想像で補ってやらなきゃいけない。
誘拐劇に人間の心の闇や思想やイデオロギーを
絡ませてみたものの、そちらの掘り下げ方は
通り一遍で物足りないし、観念的なものに
最後の結論を持って行かれてしまったのが、
ミステリとしての設定が面白かっただけに残念でした。
きっと、これが連城先生の味なんでしょうけど、
この辺が好みの分かれるところでしょうか。

でも、最後にちゃんとどんでん返しが用意されていて
そこでタイトルの意味が活かされていたのには、
ああー、盲点を突かれた!って感じでビックリしました。
普通に犯人探しのお話だと思っていたので、
こういう展開は全然予想していなかったです。
まさに、逆転の発想!!

なので、最初の方で無理やり何でも
動物と関連付けようとしてこじつけてるなーと思ったけど、
よく読み返せば、midoroが
「なんじゃ、この余計な文章、いらねー」
とか思っていたところも最初からずっと
伏線であったことが判明しました。
最後まで関係なかったところもありましたけど・・。

ということで、文体や設定は古臭いし、
ミステリのジャンルとしては
あまり好みではなかったのですが、
ツッコミどころが多くてネタとしては面白かったし、
自分で手に取った本だったら、きっと
ページをパラパラとめくった段階で
読む気にならなかったと思うので、(すみません)
レヴューを拝見して挑戦してみて良かったです!
思わぬ拾い物でした!

あと、ロンドン動物園で、
「人間動物園」て企画をほんとにやってたんですね!
『Tomotubby’s Travel Blog』様
さすがイギリス人はブラックユーモアに理解がある!
日本だったら、世間の良識派の方々から
槍玉に挙げられること確実です。

【以下、ネタバレ注意!!】
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
登場人物の行動や言葉に関しては
ほんとツッコミどころ満載です。
だって、子供を誘拐された(はずの)母親が
手紙に書いて来た内容が、

「切り取られた耳だけがこの家のあちこちの
壁に埋められ象牙色に青ざめながらも
ぴくぴくと動いているような恐怖に襲われて」

って、仕掛けられた盗聴器のことを
こんな風に表すなんて、表現力豊かー!
翻訳関係を仕事にしてるから?
でも、そんなパニックしてるときに
象牙色とか言わないでしょう。

犯人に盗聴されていて、警察と話が出来ないから、
都合良く母親が身に付けていた土鈴を使って
会話の代わりにするという設定もいかにもです。
結局、何で母親は鈴なんか付けてたんでしょう。
家の鍵とか?これが本当の誘拐だったら、
そんな頻繁にリンリンリンリン鈴鳴らしてちゃ
不自然過ぎるって。すぐ犯人に気付かれちゃいます。

あと、思わず噴き出してしまったのが
誘拐された(はず)の子の父親が
「あと3分だけ待つ」と犯人に言われて、
「チクショー、人の命をカップ麺の中にでも
閉じ込めたつもりなのか
」って台詞!これは面白い!
連城先生、真面目にこんな台詞、スゴイよ!!

唯一の女性警官、篠原巡査部長に
恋をする若手警官の話とか無駄に挿入されてるのも、
本筋と全然関係なくて笑えました。
物語に深みを出そうと登場人物1人1人についても
細かく描いて群像劇っぽくしてみたんだろうけど、
中途半端で何がしたいのかサッパリです。
篠原巡査部長、最後忘れられてるし。

あとは、身代金として用意された一億円が
突然真っ白の紙束に変わってしまい、
警察が困惑していたとき、「おばさん」が
「テレビドラマっ!」「サスペンスドラマでこういう時、
一番上だけ一万円札にするじゃないのっ
」と叫んだとこ。
このほんとにテレビドラマっぽい展開を
「おばさん」が自ら逆手に取ったことには驚きました。
やるなー、「おばさん」!

刑事たちが焦って財布から一万円札を
掻き集めてる場面はコミカルで笑っちゃったし、
どうしても一万円札が足りなくて、発田刑事が
「せめてさいごの一枚は俺の千円札で埋めよう
と真面目に考えてるのも、えっ、千円札で埋められても!
これで犯人がトランクを開けて、1つだけ千円束だったら
ビックリするだろうなーと想像しておかしかった。

結局、発田刑事の奥さんが誕生日プレゼントとして
財布に入れてくれていた一万円が窮地を救ったのですが、
そんな伏線のこと、すっかり忘れてたので
ここはちょっと感動してしまいました。
冴えない中年刑事の財布に、普段一万円札なんて
入ってない、っていうこの辺は何だかリアルな。

そして、何よりも何よりもmidoroが引っ掛かって
ツッコミたかったのは、隣りの「おばさん」こと
45歳独身・坂上礼子の扱われ方!
出て来る刑事達が全員、この人のことを
おばさん」と呼ぶのです。あ、あり得ない!!

内輪でこっそりと呼ぶなら分かるけど、
何で呼びかけるときにも「おばさん」なの!?
もーこれが終始気になって仕方ありませんでした。
「奥さん」と呼べないからだろうけど、
仕事で来てるんだから、関係者のことは
「坂上さん」と名前で呼べー!!

しかも、32歳の若造、浅井刑事から
呼ばれるのはともかく、なんで45歳の坂上さんが、
52歳の「おっさん」である発田刑事から
「おばさん」とか言われなきゃあかんのだ!!
midoroの父親も、自分より若い年配の女性のことを
平気で「あのおばさん」とか言って、
midoroや母親をムカつかせますが、
男性ってそういうものなの?

これが、顔見知りの近所の派出所のお巡りさんで
普段も親しく交流があってそう呼ぶのならまだしも、
県警の切れ者、特殊班刑事の華野までが、
皆さんと同じようにおばさんと呼ばせてもらいますが
って、わざわざ断って呼ぶか!?普通!
打ち解けるためにわざとフランクな対応をしてみた、
ってことなんだろうけど、刑事達だけじゃなくて、
地の文でも「おばさん」扱いなんですよ!

それに、坂上さんが寂しい独身1人暮らしで
お喋りでうるさくて噂好きで、ペットに過剰な愛情を
注いでて、っていういかにもなおばさんキャラなのは
別にいいんですけど、刑事のモノローグや地の文で
いちいち憐れっぽく語られるのがえらい不愉快です。
お前らに同情される筋合いないわ!
これってmidoroが女だから気になるだけ?
「おばさん」に感情移入しすぎですか?

この刑事達、ろくに「おばさん」に事情聴取しないし
調書も取らないので、基本的なことを聞いてなくて
後で「なんで肝心なことを言わないんだ!」とかって
怒って責めてるんですよ!普通、自分たちから
時系列順に見たことや行動を細かく確認するだろ!
自分たちのミスを棚に上げてさ。

それから、事件の関係者とはいえ、
「おばさん」を普通に現場に立ち合わせて
刑事同士の話し合いが聞こえるようにしてるくせに、
「おばさん」に話を聞かれないように声を潜めたり、
口出しして来るのを煩わしく思ったり、
だったら、「あなたはこの部屋にいて下さい」
とかって隔離すりゃいい話じゃん。

公になってない誘拐事件を捜査しているんだから、
お喋りの「おばさん」が事件の経過を全部聞いていたら、
どこから話が漏れるか分からないじゃないですか。
誘拐が狂言である可能性も疑っておきながら、
「おばさん」も犯人の協力者だという発想が
刑事たちの中でずっと出て来ないのも不思議。
「おばさん」に自分たちのご飯作らせてるし。

ということで、ツッコミどころあげたらキリないですが、
連城先生も含めて、この男どもめ!って感じで
男性視点を学べたのは興味深かったです。
あと、刑事は45歳独身女性に対し「おばさん」と
呼びかけるのかどうか、知り合いの警官に
会ったら絶対聞いておくことにします。

| | Comments (53) | TrackBack (0)

12月の更新履歴。

あ、今月の祭りコーナーがなくなってしまった。
ひっそり「おお振り」祭りは開催されてるんですが。

12月29日 本日が仕事納めです。例年より1日遅い!
       冬コミに行く人だったらどうしてくれるんだ!
       行かないけど、おお振り本が欲しいよー。

12月28日 「ドーン・オブ・ザ・デッド(2004)」
       「ショーン・オブ・ザ・デッド」感想追加。
       映画記事久しぶり。おもろかった!

12月22日 「バナナが。」スゴイんですよ。

12月15日 「あほみどろの勉強」。毎日寒いですねぇ。

12月7日 またブログの未更新記録を更新してしまいました。
      やっぱカウンターがないとテンション下がるわ。
      もう無理っぽいので暫定カウンター設置。
      んで、2週間ぶりにやっと書いた記事がコレ・・。
       「しきゅーきんしゅ。」

| | Comments (3) | TrackBack (0)

「ショーン・オブ・ザ・デッド」感想。

ショーン・オブ・ザ・デッド

作品の評価:☆☆☆
好き度:☆☆☆☆

クリスマス・ゾンビナイト第2弾!
この間、3,980円のDVDが出たというのに
なんでもう980円になってんの!?
映画も未公開に終わったことといい、
一体どういう販売戦略というか位置付けなんだ。

これを誰も買い付けなかったなんて
配給会社のバイヤーたちのセンスを疑います。
こんな大バカ映画、滅多にないぞ!
しかもレベル高いんですよ、バカレベルが!
ゾンビ好き、イギリス好きにはたまらないよ!
一般的ではないにしろ、絶対需要はあるはずなのに。

ゾンビへの愛情たっぷりのオマージュ、
ゾンビ界の常識を逆手に取ったギャグ、
こんなバカ映画なのに、案外ちゃんとしているゴアシーン、
ゾンビたちの特殊メイクや演技もいい感じだし、
イギリス映画独特のブラックユーモアと緩い空気が漂って、
好きなシーンがもう山ほど。とても挙げ切れません!

そして、ストーリーやエピソードがめっちゃリアルです。
現実に、自分の日常にゾンビが出現していても
結構気付かないもんですよね!
ゾンビの横を普通にスタスタ歩いて出勤してるだけで
爆笑なんですけど。ゾンビを酔っ払いと間違えたり。
あるある!そういうこと、絶対あるって!

更に、主人公の冴えないイギリス男、
ショーンがものっそい可愛いです!
最初はほんとごくごく普通のイギリス人って感じで
その辺にいそうなのに(日本だからいないけど)
ゾンビと互角に渡り合ってるとこカッコイイ!
友達もダメダメ過ぎて、そのダメさがいとおしい。

こういう映画って、ツボに入らない人には
ただの悪ふざけにしか見えないだろうし、
何の内容もないろくでもない映画だと思うけど、
笑いのツボが合えばすごい来ると思います。
バカな映画が好きで血が平気な人は是非ご覧下さい!
買っても980円だし!

【以下、ネタバレ注意!!】
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
つーか、DVDの特典映像、NG多過ぎだろう!
皆、笑い過ぎ!アドリブ多過ぎ!
これだから身内映画はさあ。
まあ、そのぐだぐだ感がいいんですけどね。

好きなシーンは沢山あるけど、
ゾンビにぶつけるレコード選別してるとこかなあ。
クリケットバットでゾンビ殴り付けたり、
最後に逃げ込むところがパブだったりするのも
イギリスっぽくて良いです。
前半はギャグがテンポ良く入って来るので
ゆるい割りには退屈しませんでした。

終盤になって、仲間割れしたり、
人生とか青春とか家族愛が出て来たところは
ちょっともたついちゃって勿体なかった。
どうせバカ映画なんだから、中途半端に
感動させようとしなくてもいいですよ。
母親なんかいいからガンガン殺したって下さいよ。
デイヴィッドは、ちょっと可哀想だったけど。

ラストのオチもちゃんと付いたし、良かったね!親友。
でも餌は一体何を食べてるんだろうね?
2人で仲良くバイオハザードとかやってくれるといいな!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 28, 2005

「ドーン・オブ・ザ・デッド(2004)」感想。

ドーン・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット プレミアム・エディション

作品の評価:☆☆☆☆
好き度:☆☆☆☆☆

出ました、久々☆5つ!!!
midoro、クリスマスはキリストさんに喧嘩売って
ゾンビ祭りを開催してました。
独り身に週末の3連休なんてムゴ過ぎる。
これで映画がクソだったら泣けるけど、
上手いこと当たって良かったです。

さて、「ドーン・オブ・ザ・デッド」は、
ロメロ御大のゾンビシリーズ2作目、
邦題でいうと「ゾンビ」のリメイク作です。
公開時の評判は賛否両論だったので、
ゾンビ物としてはどうなのかなーと心配してましたが、
やってくれました!ホラー映画としても
リメイク作品としても素晴らしい完成度の高さです。
監督、分かってらっしゃる!ステキ!最高!

リメイク物って、悪名高き「サイコ」みたいに、
同じ内容の映画を作るんだったら、オリジナルの方がいいに
決まってるじゃん!!監督の自己満足かよ!っていう、
観客にとって何の意味もない作品が多いけど、
この監督はゾンビの魅力や、観客の喜ぶツボをきっちり理解して
ポイントを押さえつつ、「オレならこうしちゃうね!」
「こうしたら怖いだろう?」「現代のゾンビってこうだよな!」
と、オリジナルにはなかった素敵ネタまで加えてくれてるので、
ニヤリとさせられまくり。設定・脚本・演出・映像・音楽、
バリバリに洗練されてて冴えまくりでした。

あと、何てったって、展開が早い早い!
ゾンビ物っていうのは、テンポが緩いのが常で
そこが良さでもあるんですけど、ついつい眠くなっちゃうし
ツッコミどころが多くて笑っちゃうので、
どうしてもホラーとしてのギャッ!!っていう
ショッキングさがあまりないんですよね。

でもこの作品は初っ端から飛ばしてくれてます。
オープニングの5分くらいで、普通の映画の20~30分ぐらいを
ガンガンガン!とやってくれちゃうんだもん。
ファイナル・デスティネーションか!?ってくらい、
あまりのスピードに呆然とし、我に返ったら、
「あれ、まだタイトルすら出てないよ・・?」みたいな。

midoroはサクサク話が進む、分っかりやすい
エンタメ映画が好きなので、このテンポ感はたまりません。
中~後半で少々緩んだものの、
ほとんどドキドキさせられっぱなしでした。
98分できっちりまとめたのもエライ。

出て来る登場人物もホラー映画の類型ではあるものの、
話の進行をわざと遅らせるために
無駄な動きをするムカつく馬鹿もいなくて、
皆それぞれの受け持ちをサクサクとこなしていました。
賢い人は賢く、馬鹿はまあ馬鹿なりに。

そして、何より嬉しいのがヒロインの有能さ!!
midoroはホラー映画のただ叫ぶだけのヒロインが
大嫌いなので、賢くて強い女性で嬉しかったです。
気持ちの切り替えが早いし、手際も良いし、
midoroも忘れてたような前フリを、
この人混乱の中でちゃんと覚えてたよ!!偉過ぎ!

というわけで、midoro的には
大・大・大好物の映画だったわけですが、
ゾンビ・ファンやホラー・ファンじゃない
正しい映画ファンから見たら、ストーリーや設定の
ツッコミどころとか矛盾がいちいち気になると思います。
でも、そこは気にしなくていいところなんです!
あまり深く考えないでゾンビ・スピリッツを感じて下さい!!

あと、この「ドーン・オブ・ザ・デッド」には、
ロメロ・ゾンビ映画の2大メインテーマ、最後の審判と
ゾンビより人の方がよっぽど怖い、っていう
人間の心の闇についてはそんなに突っ込んでいなくて、
一応ネタとして盛り込まれてはいたものの、
単なるアクション・ゾンビ・ホラー映画になっていたので、
そっちがゾンビファンからの評価が低い理由だと思います。

それから、ゾンビ設定というか概念が
オリジナルとは変わってしまっているので、
こんなのロメロのゾンビと違う!!ゾンビはこうでなきゃ!
っていう、ガチガチのロメロゾンビ原理主義者たちには
絶対許せないだろうし。肝心のゴアシーンも
そんなになかったから血やモツ分も足りないかも。
でも、画面に緊張感があるからほんと怖いですよ!
久しぶりに心の殿堂に入れられる作品に出会いました。
あークリスマス、ゾンビ万歳!

【以下、ネタバレ注意!!】
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
いやー、ほんと好きだ!この映画。
参った参った!前にCUTの評で、

ロメロの「ゾンビ」は1980年代のスーパーマーケットという
大量消費の物質社会を象徴する舞台設定が肝だったが、
21世紀の現代は世界中がネットワークで繋がれ、
瞬時に情報が伝達される情報社会だ。
そこでのポイントはズバリ、「速さ」である。
そう、このゾンビは速いのだ!

みたいな記事を読んだ覚えがあるんだけど、
ここのゾンビ、ほんとに速いのよ!マジ、ビビッたよ!!
速いっっつっても、ゾンビにしてはちょこまかと
良く動く、っていうくらいかと思ったら違いました。
なんと全・力・疾・走。

オープニング、車で逃げるヒロインを
猛スピードで追っかけて来る夫がスゲー!!
ゾンビのくせに何ソレ!しかも、動く人間を見つけたら
そっちに反れてガーッ!と走って行っちゃうし!!
お前は平原の動物か!完全に獲物を追うチーターです。
もう、この時点でmidoro爆笑、ノックアウト!!
あんなに速かったら、すぐ地球乗っ取られちゃうよ。
トラックに追い付けるんだもん。

あと向かいのビルのアンディに、
ゾンビを撃たせるシーンとか超ブラックで好き!
「全然似てないのに良く分かったな」とか。
ゾンビになったアンディが習慣で血文字書いて
高々と掲げてるのもツボです!か、可愛いよ!
皆の好きな、「愛らしゾンビ」ですね。
そう、ゾンビは可愛いんです。基本的に。

そして、midoroの一番好きなシーンは、
横転したトラックの中で、仲間のチェーンソーに
ぶった斬られるとこ!!ガガガガガー!ギャーアアアア!
って、ゾンビ関係ねえし!これは予想外!
あまりの衝撃に本気で悲鳴を上げてしまいました。
まさかゾンビ映画で、ゾンビと全然関係ないところで
こんなショッキングシーンがあるとは思わなかった・・。うっうっ。
仲間割れならまだ分かるけど、味方同士でウッカリって!
何ソレ!もーツッコミどころ満載!

ということで、midoro的に、この作品の好き度は
文句なく☆5つなんですが、作品としての評価が☆4つなのは、
ゾンビの赤ちゃんのシーンがなんかベタだったからなのよ。
一体どんな化け物が産まれるの!と期待してたら
案外普通だった。あっさり処分されちゃったし。
赤ん坊まで物凄いスピードでガサガサガサっと
ハイハイして逃げて行ったら良かったのに。
動く音だけあちこちから聞こえるとか。
もしくは、赤ん坊がガバーッ!と飛び付いて来て
喉笛食い千切られるとか。エイリアンの見過ぎか?

それか、くるんだ毛布を開けてみたら
すでに何もいなかった、っていう方がよっぽど怖いと思う。
あえて姿は映さずに皆の恐怖に引き攣る表情だけ映して
場面転換しちゃうとか。

そして、最初スゲー憎々しかった警備員のCJが
突然いい人になっちゃってたのは何か不自然だった。
ハリウッドっぽい。このキャラって、ロメロ3作目の
「デイ・オブ・ザ・デッド」からですよね。
あっちの隊長はマジでヤバかった。怖かった。

あと、エンディングロールが始まってから
ビデオカメラの映像が挿入されるのもちょっと
ベタベタ過ぎます。延々と続いてクドかった。
オチなんて誰もが分かってるんだし。
残されたビデオ映像が語るっていうのも古いし。
「あっれー、ここゾンビの島じゃーん!」
ガーン!暗転!くらいで終わりにして欲しかった。
個人的には。

でもほんと好き!好きなの!こういう映画!
絶対、監督センスいいよ!midoro、絶賛です!

| | Comments (182) | TrackBack (0)

December 22, 2005

バナナが。

近所のスーパーに行ったら
入り口にバナナが山積みでした。
しかもこんなPOP付き。

05-12-16_18-53

別に奥さんじゃないけど、
そう言われたら、なんだか買わなきゃ
いけないような気がして来るから不思議。

売り場にはこんなノボリも。

05-12-16_18-54

光って文字が飛んじゃったけど、
「バナナ売り場がスゴイのよ」って。

ほんとにすごいよ、バナナ。

バナナって一房食べ切る前に
すぐ黒くなっちゃうから、普段はあまり買わないんだけど、
スゴイんだから、やっぱ買わなきゃいかんのだろうな、
と思って、おとなしく買って帰りました。
こういうのって押し付けがましい!と
怒る人もいるんだろうか。

でも、こんなアホみたいな宣伝を打とうと思って
それにお金をかけられるような
度量の広い会社は大好きです。
敬意を表して、なるべく売上に貢献したいと思います。
POPのインパクトが強過ぎて、
どこのブランドだったのか覚えてないけど・・。

男前豆腐とかもそうですが、
古臭いとかアホなだけじゃなくて
名前やデザインにこだわりまくった結果、
ついにアホやレトロに辿り着いちゃったような
洒落心とセンスのある製品や広告は大好きです。

このバナナPOPも手書き風文字とか、
超アホっぽくて可愛いし。ダサカワってやつですか。
ちなみにバナナは美味しかったです。
すぐ食べちゃった。

| | Comments (38) | TrackBack (0)

December 15, 2005

あほみどろの勉強。

最近更新が滞っているのは
別に体調が悪いわけでも何でもなく。
会社の昇格試験というものがあるので
映画断ちをしていて、それでネタがないのであった。
別に映画を断ったからって勉強するわけでは
全然ないんだけど、何となく気持ちだけ。

しっかし、いくら時間があってもほんと勉強ってしないよね!
「しなきゃ」っていう気持ちはずっとあるんだけど、
3ヶ月前からテキスト持ち歩いていたのに、
実際にちゃんと使ったのって最後の1週間くらいです。

そして家にいると勉強しません!
そもそもmidoroんちにはテキストを広げられるような
スペースがないし、ともかく誘惑が多過ぎる。
勉強嫌さについついテレビ点けたら見入っちゃうし、
普段絶対やらないようなところの掃除がしたくなったり、
いつもは夜更かしなくせにやたら眠くなるので早く寝ちゃったり。
おかげでいつもより部屋が綺麗で良く寝て
健康的な生活をしています。

家にいながら勉強出来る人って本当に偉いよね。
きっと休みの日もパッと起きられるんだろうな。
部屋も綺麗でちゃんとご飯も作ってて、
自分で自分を律することの出来る素晴らしい人に違いない。

midoroは「勉強しか出来ない状況」に追い込まれないと
ダメなので、仕方なく2、3日カフェのハシゴをしてました。
図書館だと早くに閉まっちゃうし、家の近所にないし。
ほんとはタバコ臭くなくて、子供の少ないスタバが
ベストなんだけど、スタバは席数が少なくていつも混んでるし、
長時間占領しちゃうと悪いから普段はなるべく遠慮してます。
でも、今回は「穴場スタバ」を2箇所くらい見つけたので、
かなりお世話になりました!ありがとうございました。
あとエクセルシオールとモスとサブウェイも。
おかげで勉強はかどりました。

学生の頃、近所にこういうカフェとか
ファーストフードがあって、そこでドリンク何杯も
お代わり出来るくらいの財力っていうか資力があって、
そこで勉強するという時間の使い方を知っていたら
midoroはもっと賢くなれたのではないだろーか。
カフェ勉ってほんとはかどります。
あのザワメキ具合がちょうど良いです。
図書館だと静か過ぎて、逆に自分の立てる音が
気になってしょうがないので。

でも、回転率を上げるためなのか
どの店も寒い!えらい寒い!絶対暖房入ってないです。
たとえ入ってても外気に完全に負けている。
3時間くらい座っていると足の先からシンシンと
冷えて来ます。飲み物をお代わりしたときだけ
ちょっとあったまるけど、後はブルブル震えるくらい寒い。
店内でコートとマフラー付けっ放しでした。
なので、勉強ははかどったけどまた風邪を引いた。
まさかカフェで風邪を引くとは思わなかったです。
居座ってる方が悪いから仕方ないんだけど。

でも、カフェ勉の成果で、今日試験も無事に終わり、
お題は会社の法律と財務だったのですが、
ボーダーラインは70点と低いので、まあ80点くらいは
取れてんじゃないの?って感じでホッとしました。
midoroは勉強嫌いのくせに、すげー負けず嫌いなので、
同僚が受かっているのに自分が落ちるなんて我慢ならん!
「勉強なんか全然してないよー」と言いながら、
直前になったら、もーガリガリやる人です。
落ちてまた来年同じ勉強をするなんてアホくさいし。
こんなこと一度で済ませたい、一度で!

でも学校の試験とかと違って、
上を目指さなくていい、人と競わなくていい試験って
楽ですよね。なんていうんでしょう。学校の試験だと、
1、2点でも差が付くから、少しでも点数を多く取るために、
時間のある限り詰め込まなきゃいけないじゃないですか。

でもこういう、過去問がまんま出ちゃうような
「落ちなければいい」っていうくらいの内容だと、
このくらいの点数を取るには、このレベルの問題を
このくらい勉強しておけばいい、っていうのがハッキリしてるから、
あまりマニアックなところまで覚える必要がなくて助かります。

あと、一般常識と時事問題も出るんですけど、
これって勉強に時間がかかるわりには点数が少ないので
力の配分と効率を考えて捨ててしまったら、
ほんとにまるで分からなかった。

・セル生産方式
・CSR
・コンプライアンス経営
・ノーマライゼーション
・フェリカ

って何すか!フェリカしか分からん!
つーか、これって一般常識なんですか?
経済界における一般常識ってことでしょうか。
全然タイムリーでもないような気がするけど。
midoroの読みでは、絶対「生体認証」と
「TOB」と「新株予約権」が出ると思って、
それしか覚えてなかった。

出題範囲からは答えられても
こういう常識が何も分からないのって
ほんと頭悪いっぽくて恥ずかしいですね。
新聞読んでないのがモロバレです。
とにかく埋めなきゃと思って適当に捏造して
書いたので余計恥ずかしい。

まあいいです。とりあえず終わったし!
これで気持ち良く年末を迎えられます。
メリハリのない社会人生活を送ってるから
たまにはこういう試験勉強をするっていうのも
いいかもしれません。学生の頃、試験期間が終わったあとの
晴れ晴れした気持ちとか思い出してしまった。

ということで早速ビデオ借りに行かなきゃ~。
今週末は映画三昧だ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 07, 2005

しきゅーきんしゅ。

この間から、角膜に傷(まだ治らん)、
帯状疱疹、と来て、出ました、ドーン!

子宮筋腫!!

うーん、厄年なのかしら・・。違った。
長年の不摂生と、いい加減な生活のツケが
体のあちこちに出始めているのかもしれません。
命に関わる病気じゃないだけ良いけど、
もうこの辺で打ち止めにしたいものです。

ということで、今度は子宮筋腫レポ。

今年の春、midoroの住んでいる地方自治体から、
無料子宮がん検診の案内ハガキが来たんですよ。
以前は30歳以上から受診出来たそうなんですけど、
子宮がん発症の低年齢化を受けて、20代から
受けられるようになったとか。ああ、ありがとう!
住んでて良かった!○○○!!皆、行っとけ!

で、まあ、無料なら行っておこうかと思って
ハガキを取っておいたんだけど、
めんどくさくてすっかり忘れてて、気が付いたら
期間は12月20日までになってる!
ヤバイ、あと2週間しかないじゃん!と慌てて、
ハガキに書いてあった医療機関のうち、
予約の可能な病院に電話を入れてみました。

ジイさんが細々やってるような病院は嫌なので、
ネットで調べて綺麗で良さそうだったところのうち、
1つ目の病院はもう予約いっぱいでダメでした。
2つ目は不妊治療を専門としている病院だったので、
midoroなんかが行ってもいいのかなーとか、
少々恐れを為しながら予約してみたのですが、
結果的にはこれで良かった。専門病院だし。

で、病院に行ってみたら、完全予約制なのに、
順番待ちの女性が30人ほど!壮観でした。
全員がそうではないだろうけど、不妊治療を
受けておられる女性って、沢山いらっしゃるんですね。
子供のいない夫婦に「お子さんは?」なんて
迂闊な質問、わりと皆よくしてるけど、
やっぱそんなこと絶対に聞いちゃいけないんだよなあ。

中には旦那さんも数人いらしてましたが、
この中で待ってるのは居心地悪くないのかなあ、
いや、もう病院を訪れた時点で達観しているか、
一緒に来てくれて、診察終わるのを
待っててくれるような旦那さんて素敵だなあ、とか
色々考えながら座ってました。

あと、この病院は、患者さんの取り違えを防ぐためか、
「○○の△△□□さーん」と、名前を呼ぶ際には
必ず居住地域を付けるのですが、聞いていたら
埼玉とか八王子とか、遠方からいらしてる方も多いし、
会計で読み上げられる金額が、最低でも5,000円から
上は10万近かったりして、なんか普段行っているような
近所の病院とは違う、本気の雰囲気にビビリまくり。
しかし、どこの誰がいくら払ったって分かっちゃうのは
個人情報的にどうなんでしょう?

やがて、midoroの順番になり、
呼ばれて診察室に入ると、男性医師に
「本日は子宮がん検診ですね」と確認されました。
実はmidoro、このとき初めて、
「乳がん検診」と勘違いしてたことに気付きました!
ええっ!?ハガキにも子宮がんて書いてあるし、
予約するときは、自分で「子宮がん検診お願いします」
って言ったはずなのに、なぜか心の中では勝手に
乳がん検診に変換されていた!何で!?
この間、帯状疱疹のときに、乳のことを考え過ぎたか。

だから、昨日も風呂入りながら、
明日は検診だからちゃんと脇毛剃っておかなきゃ!とか、
今朝も綺麗なブラ着けなきゃとか思ってた!
ち、違うじゃーん!!!何やってんだ!!
乳がん検診だと思ってたから、すっごい気軽な気持ちで
受診しに来たのに、医師に「内診で宜しいですね」と言われ、
な、内診ってアレですか!ギャー!と大焦り。

心の準備も体の準備も何もして来てなかったので、
あー、朝シャワー浴びてくれば良かった!
ヘソ毛もちゃんと剃ってくれば良かった!
ていうか、女医さんの病院をなんで選ばなかったんだ!
と激しく後悔。アホ過ぎるー。
だって、ハガキには「問診、視診、細胞診」としか
書いてないんだもん・・。

でも間違えていたおかげで気楽に来られて良かったです。
やっぱり、女性にとって内診台に上がるのって
すごく怖いし恥ずかしいことじゃないですか。
それが嫌で婦人科の敷居は高い、
行きにくいって良く聞くし、midoroも
もし最初から内診するって分かってたら、
気が進まなくて行かないまま終わっていた可能性大。
勘違いして気軽に受診しに来ちゃって本当に良かった!

で、まずは生理周期とか色々質問されました。
midoroは生理については非常に楽させてもらっていて、
生理痛もたまにしかないし、不正出血もないし、
不順になったことすらほとんどなく、全く順調もいいとこなので、
何もないならこの年末の忙しいときを選んで来るなよ!
と、医師に心の中で思われてるんじゃないかと、
何もないことが結構恥ずかしかったんですけど、
これも自覚症状がなくても検診に来ていいんだ!
という良い証明になりましたよ。

んで、問題の内診ですが、ちゃんと医師の
顔が見えないよう配慮された、仕切りの付いた内診台でした。
といっても、診察するのはさっき顔を合わせた医師なんだし、
診察の後もまた会うんだから恥ずかしいことには
変わりないが、思い切り目の前で見られてるよりは
幾分マシでしょうか。

そして、パンツを脱いで内診台によじ登り、
いよいよご開帳&器具挿入!
緊張していたからか、痛い!痛いよ!
ヒー、もう勘弁して!って感じでした。
あと触診と検査用の細胞を取ったりして、
更に超音波の機械で子宮の中を見て、
これは診察されてる自分にも見えるように、
仕切りのこちら側にも画面が付いてました。

で、医師が「ああ、瘤がありますね。子宮筋腫だと思います」
と、あっさり言うので、midoroも「そうですか」と普通に返し。
ていうか、検診ってほんとに病気見つかるんだね!?
むしろ、そっちにビックリしました。
うわー、ほんと行って良かった!!
でも、midoroなんて女性ホルモンほとんど出ないような
生活してるのに、なんか不公平だー。
(子宮筋腫は女性ホルモンで大きくなります)

医師の説明によると、midoroの子宮筋腫は
3cmから3.5cmくらい。幸い、場所が良くて
子宮の奥の方なので、自覚症状がないんだって。
強いていえば、該当する症状は頻尿くらいか?
midoroは映画見てる2時間の間、トイレが持ちません。
しょっちゅう、パンツ下ろすのが間に合わなくて
漏らしてるくらいだし。なーんだ、こいつのせいか!
と一瞬勝ち誇りましたが、良く考えたらmidoroの頻尿は
子供の頃からだった。単に筋肉緩いだけ・・。うぅ。

また脱線した。子宮筋腫が手前の方に出来ていると、
生理痛や出血、貧血も相当ひどいらしいです。
普段から生理の重い方、お心当たりのある方は、
悩んだり我慢してないで早めに婦人科へ!!
midoroなんて、自覚症状がない分、
もし今回検診に来てなかったら、マジで気付かないで
着々と育てちゃってたよ!アブねー!
次の検診、隔年だから2年後だもん!!

で、筋腫が8cmとか9cmとか大きくなって来ると、
摘出手術をしなきゃいけない場合もあるそうなんだけど、
進行具合も症状も人それぞれなので、
ずっと大きいまま、お腹の中に持ち続けている人もいるらしい。
女性ホルモンが原因だから、閉経まで誤魔化せれば、
無理して取らなくて済むみたいです。

うちの母親も40代で子宮筋腫に気付いて、
育つのが先か、閉経が先か!と、競争してましたが、
5~6年で育ちまくっちゃって、結局は子宮ごと全部、
摘出する羽目になりました。負けてるし。

そして、実は30代女性の3人から4人に1人は子宮筋腫だとか。
そんなによくあるメジャーな病気だとは知らなかったです。
筋腫に気付かないで過ごしている方も多いみたいですが、
やはり場所が場所なだけに、気軽に他人に話したりは
しないんでしょうね。実は周囲にも結構いるのかな?
その中で実際に手術まで行くのは30人に1人くらいの
割合だそうです。midoroの場合は年齢が若いし、
閉経までにまだ10年以上あるので、育っちゃう可能性も高く、
最悪手術も考えに入れておかなければなりません。

できれば開腹しないで筋腫だけを取り除ければいいけれど、
これだと再発する可能性もあるそうです。
でも、やっぱり子宮を全摘出っていうのは怖いですね。
お腹に大きな傷が残るし、術後に癒着があったり、
midoroの母はこれで結構苦しめられているので。
子宮がなくなると、他の臓器とのバランスが崩れて、
体調を崩すこともあるというし。
それに、midoroなんか、「どうせ子供も産めないし、女じゃないしー」
とか自虐的になって、ますます女を捨ててしまうのが
恐ろしいほど目に見えてるよ!

まあ、midoroの場合は幸いというか、
結婚するかどうかも分からんし、
子供を欲しいと思ったこともないので、
(人として女として生まれたからには
子を産むのが義務である、とは思ってたけど)
精神的なダメージは比較的少なかったですが、
出産経験のない、そして今後出産予定のある
女性にとっては本当に辛いですよね。
筋腫のせいで妊娠しにくくなることもあるみたいだし。

逆に、midoroなんかは、これで危機感が出て来て、
今のうち、産めるうちに産んでおかねば!とか、
そういうやる気が出た方がいいんじゃないか?って感じです。
あと、もし子宮を取る羽目になっても、卵巣があれば
ホルモンが出るから大丈夫、っていうのを聞いて
ちょっと安心しました。良かった、これ以上枯れたらヤバイよ・・。

とりあえず、本当に子宮筋腫で肉腫じゃないか、
(筋腫は良性、肉腫は悪性。こっちは命に関わる・・!)
検査結果が2週間後に出るのでそれを待ちます。
んで、今後は3ヶ月に1回くらいきちんと定期検診を受けて、
ヤツの育ち具合を確認する、と。

育たないように自分に出来ることって、
なるべく健康な体を維持することしかないよなあ。
普段、寝ないし寝過ぎるし食べないし食べ過ぎるし、
体にいいこと何一つしてないmidoroなので、
2006年は今度こそ本当に心を入れ替えて、
あほみどろ的なこともやめて、美しい生活と
健康な肉体を手に入れたいです。

とりあえず、食費削ってマンガとか買うのやめます。
最初に食費をきちんと確保!!予算を倍にして、
栄養バランスを考えつつ自炊するようにして。
ジムも3ヶ月行ってなくて会費払いっぱなしだけど、
ちゃんと運動もしなきゃ。年明けから再開だ。
そして、一番睡眠時間を削るブログは、
0時になったらウイルスバスターを起動するように
設定しておいて、これが動き出したら
やめるようにするっていうのはどうだろう。

と言ってるそばからもう1時近いので
この辺にしときます。よーし、頑張るぞっと!!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

December 05, 2005

どろどろ生活。

「あほみどろの風呂場」
「あほみどろの爪」
「あほみどろの足」
「あほみどろの週末」
「あほみどろの美容院」
「あほみどろのブログ」
「あほみどろのお買い物」
「あほみどろの流し」
「あほみどろのトイレ」
「あほみどろのベランダ」
「あほみどろの新聞」
「あほみどろの玄関」
「あほみどろの歯磨き粉」
「あほみどろの目」
「あほみどろの萌え妄想」
「あほみどろの尊敬する人」
「あほみどろの妹」
「あほみどろの化粧品」
「あほみどろの仕事観」
「あほみどろの鍋」
「あほみどろのクリスマス」
「あほみどろのクリスマス・2」
「あほみどろのリンス」
「あほみどろの帯状疱疹」
「あほみどろの未開封コレクション」
「あほみどろの酒・2」
「あほみどろの子宮」
「あほみどろの勉強」

| | Comments (490) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »