« October 2005 | Main | December 2005 »

November 24, 2005

11月の更新履歴。

★今月の祭り★

→★「スター・ウォーズ エピ3/シスの復讐」祭り!
DVD発売までは続けようかなー。

→★「ユアン・マクレガー」祭り!
SWからうっかり派生して止まりません。

****************************

gl-new0711月24日 「アルコールバトン」追加。
       ここんとこカウンターが死んでる。どーしよ。

11月17日 「イルミネ」そして「未開封コレクション」
       あれ、今日はまた「shinobi」に戻ってる・・。
       何なんだ、1日だけのサプライズか?
       調子に乗って夜更かしブログしていたら、
       また風邪が悪化して来ている。ああー。寝よ。

11月16日 「たいじょーほーしん」しばらく落ちてました。
       久しぶりに更新したら、右上の「shinobi」が
       「吹出し虚無僧」になってる!なんじゃそれ!
       「フリークス デジタル・リマスター版感想」追加。
       最近、あんまり映画の感想書いてないけど、
       さすがにこれはなあ。
        
11月4日 「SAW(ソウ)2」超絶長文感想。
      イエー!久々のぶっ叩きです。ああ楽しい!
      風邪引いて苦しいけど頑張りました。アホだぁ。

| | Comments (25) | TrackBack (0)

November 21, 2005

アルコールバトン。

いつもお世話になっております、
「ぱ★とらっしゅ」のともみん様のところから
アルコールバトンをいただいて来ました!
お酒大好き!!語っちゃうゾ。

(ところで、この置いてあるバトンを
自ら拾って来る形って、すごくいいですね!!
以前、バトンを勝手に回してしまって
皆様にご迷惑をお掛けしたことがあるので、
これからはこの形式で行こうっと。)

さて、midoroは「酒」そのものも好きですが、
どっちかというと「酒の席」が好き!
または「酔ったときの自分が好き」なため、
飲み会には相当参加してると思いますが、
1人だと酔いの勢いに任せて喋ったり暴れたり出来なくて
つまんないので、家ではほとんど飲みません。
こう書いてみるとほんと迷惑ですね・・。すみません。

◆あなたの好きなお酒は?◆

えー、ウイスキー以外、ほとんど全部?

○ビール  やっぱ最初はビール!ビール!
       味自体はそんなに好きじゃないんだけど、
       あのシュワワ~、プッハー!感は他に譲れません。
       「1杯目からカシスウーロン」は、もう無理です。
       
○焼酎   正体の割れてる飲み会は焼酎で!
       ロックをちびちび。しっかり味の付いてる芋が好き。
       しそ焼酎の「鍛高譚」とかも。あれば頼んじゃう。
       (名前が可愛いよね。たんたかたん!て。)
       冬場はお湯割りにするとトイレが遠くなって良い。

○カクテル 大人しくしてなきゃいけない飲み会はカクテルで。
        でも上手く行った試しがないのはなぜ・・?
        変な名前のカクテルがあると、つい頼んでしまいます。
        あとショートじゃなくて絶対ロングね!
        値段が高いから、少しでも長く持たせないと。
        
○酎ハイ  生は手で絞るのがめんどくさいし、
        種が浮いているのも除けるのがめんどい。
        なかなか酔えないしトイレが近くなるばかりなので
        外ではあまり飲まないかも。
        家だと手頃だから缶酎ハイばっかりですが。
        キリン「氷結果汁」のデザインにやられっぱなし。

○ワイン   どっちかというと白かな。冷えてるし。
        赤もいいんだけど、ぬるいからなあ。
        安いワインだと、マズさが引き立っちゃうんだよなあ。
        自分の金じゃ絶対飲めないような
        渋くて美味しい赤、誰か飲ませてくれー。
       
○日本酒  甘くて軽いやつ。キレとか別になくていい。
        枡酒は絶対こぼすし、溢れた酒を啜るのが苦手。
        ていうか、女子は啜らなくていいらしい・・。
        日本酒は早く酔いが回って勿体ないし危険なので
        家とか友達んちとか、安心して飲める場で。
       
○ウィスキー 辛くて全然飲めません。悔しい。
         ウィスキー飲める人、男女問わず憧れます!

◆酔っ払うとどうなってしまうの?◆

ハイテンション。シャイな自分が吹っ飛んで行きます。
声でかくなるわ馴れ馴れしいわ人の話を聞かないわ、
議論にでもなったら最後、負けず嫌いを抑え切れず、
しつこく絡んで暴言度も通常より大幅アップ!最悪!
その反動か、1人になると反省して泣き上戸になるので、
飲み過ぎた帰り道とか家帰ってからのシャワーで号泣です。
後はすっきり☆でも、翌朝むっくり☆(むくんでパンパン・・)

◆一晩で飲んだ量と費やした最高金額は?◆

限界がワイン1本だからそのぐらい?
水分量だと何リットルも飲んでる気がするけど。
金額は朝まで飲んだときで2万円くらいかなあ。
最近は気力、体力が付いて行かないので、
ビール2杯+焼酎4杯でいい気分です。

◆呑んだくれで良かったな~と思うことは?◆

「バカになる幸せ」、というものを
知っているところですかねえ。

酔ってバカになると、日頃の憂さとかしがらみとか、
嫌なこと、辛いことがどうでも良くなって来るし、
自分自身の嫌いな部分やダメな部分でさえ
許せるようになってしまいます。

人の目が気にならなくなって、ムダな緊張も解けて
非常にリラックスした状態でいられるから
良くも悪くも、日頃は出来ないようなことまで
出来るようになってしまう。(ほとんど悪いことだけど・・)
「自分じゃない自分」ってすっごい楽しいし、気持ちいい!
お酒を飲まない方って、どうやって自分を
解放しているのかなあ。

一緒にいる人には迷惑千万なんですけどね。
なのに毎回やってしまうのは、迷惑かけて
それを人に許してもらう心地良さまで楽しんでいるというか。
一番いいのは、お互いに迷惑をかけ合う関係ですね。
今日はあなたが粗相、明日は私が粗相・・。
ああ、ほんとバカだけど楽しい・・。幸せ。

◆お酒の上での失敗談ある?差し支えなかったら
笑える失敗談と笑えない失敗談を聞かせて?◆

笑える失敗って、一体何・・?

笑えない失敗をするほど酔ったときは、
大体記憶もなくしているので、自分では分かりません。
会社行ってみたら、「昨日はすごかったよ・・」と
苦笑されたり。まあ、言われるだけマシですよね。
ほんとにやらかしてたら、皆、沈黙すると思うし。

あ、実家で母親と飲んでたら
母親はトイレで沈没、midoroは居間で寝ゲロ、とか。
次の日、家中が酸っぱかった。父親呆れてた。
・・これって笑える失敗?

◆次にバトンを回す呑んだくれさん◆

ふう、沢山語ってしまいました。
他の方のお酒の話も聞きたいです。
バトンを拾って下さる方、募集中!
もし拾われたら、TB送って下さいね~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 17, 2005

未開封コレクション。

『猫は勘定にいれません』のたけ14様が
ネタとして「未開封コレクション」なる企画を
やっておられました。

「未開封」ってなんか罪悪感があるんですよね。
せっかく買ったのに見てもいないし使ってもいない。
それどころか開いてすらいないなんて、
自分のズボラさを露呈しているようで恥ずかしいし、
だったら買わなくたって同じだったんじゃないの?
あー、こんなにお金を無駄にして!
って悲しい気持ちになってしまう。

でもいーの!とりあえず持っていることで満足なの!
と自分を誤魔化してみるものの、
何となくその存在を忘れてしまいたい、
という気持ちがあるのでしょうか、
未開封ブツからは目を反らしがちになり、
あちこちに埋もれて行ってますます未開封歴が長くなる、
という悪循環が形成されているわけですが、
たけ14様の未開封コレクションを拝見して、
そうか、これは「未開封のコレクション」なのだ!
と、目からウロコが落ちました。

つまり「開けないことに価値がある」。プライスレス。
マニアの方は、保存用と使う用と見せる用と
必ず3つ買うんでしたっけ?そういう感じ。
自分でも意識しないうちに、使う用から保存用へと
転じてしまった品のことなのですね。
未開封コレクションていうのは。

で、探してみたら、midoroも未開封物が
出るわ出るわ。でもこれからは堂々と、
「いいの、これは未開封コレクションなの!」と
胸を張って、大事に保存し続けたいと思います。

そんなmidoroの未開封コレクション☆

未開封コレクション・その①

『ビデオ・DVD』

dvd

オークションで落札してみたものの、
飽きっぽい性格のため、1週間ほど経って
商品が手元に届いたときには、すでに見る気が失せている。
ていうか、「ワニのジェイク」なんてvol.2しかないし・・。
これは「いつかvol.1を買って、それから見よう!」と思って
1を買わないまま終わるパターンですね。

あと写真ないけど、「ロード・オブ・ザ・リング」のSEEなんて、
3万近くしたはずなのに、全部見ようと思ったら
30時間ぐらいかかる(「24」なんかメじゃない)という
プレッシャーに負け、ビニールかかったままで
放置してあります。しかもなぜか実家に置いてあるので、
盆と正月くらいしか見るチャンスがない。
未開封にもなるわ、そりゃ。

未開封コレクション・その②

『新潮文庫の本』

book

厳密には「未・開封」とは言わないが、
一度も開いたことのないまま本棚に収まってます。
すぐ出て来たものがこれだけありました。

あ、違うわ。1回だけ開いて応募マークを切り取っている。
Yonda?キャンペーンのグッズが欲しくて
無理やり本を買ったときのやつですね。全部、新潮だし。
沢山ある中から悩んで選んで買った本だから、
興味はあるはずなのに、なぜか放置プレイ。
キャンペーンにいいようにやられてます。
でも、今の「100%ORANGE」のYonda?君は好きじゃないから
もう乗せられても買わないもんねー。へへーんだ!

未開封コレクション・その③

『新潮文庫のYonda?ビデオ』

あれ、見つからないし!実家かなあ。
引越ししたとき、ちゃんと持って来たような気がするんだけど。
これ、②で頑張って手に入れたくせに、結局未開封という結果に。
これは元々「グッズ」という貴重品なので、
大事にし過ぎて手が出せなくなっちゃうパターンですね。
もらったマグカップの方は実用品だから使ってるけども。
このビデオ、何年も寝かせている間に、
最近のキャンペーンでは、いつの間にかDVDに変わってるし!

2005yondaclub_04

慌ててビデオもらう必要なかったじゃん!
まさか、こんなロングラン・グッズになるなんて!チキショー!
いっそ、DVDをもらってそっちを見ようか。
ビデオは未開封のままでさ。
ってまた、キャンペーンに踊らされている!

未開封コレクション・その④

『ラーメンズ(+他)のビデオ』

kanbai

コントユニット、ラーメンズのファンなので
とりあえず購入したものの、ラーメンズ以外の
お笑い連中を見るのが面倒で放ってある。
「完売地下劇場」、vol.2までは見たらしい。
ラーメンズだけの公演ビデオは、
毎回ちゃんと見てるのになあ。モチベ低いよなあ。

未開封コレクション・その⑤

『暗黒館の殺人・豪華愛蔵本』

ankoku

綾辻行人は自分にとってちょっと特別な存在なので、
普段、好きな作家でも並んだことのないサイン会にまで
行ってしまうほどやる気を見せてしまいました。
6,000円くらいだっけ?自分の持ってる中では一番高い本だ。

だって、綾辻にハマッたときはすでに「黒猫」まで出てたし、
館シリーズをリアルタイムで購入するの、
初めてなんだもん!そんなの嬉しくて記念に買っちゃうよ!
しかも今後、生きてる内に出るかどうか分からないし・・。

でも、新書版もやっぱり欲しくて買ってしまったので、
読むときはそっちだし、豪華本なんて恐れ多くて
痛めそうで開けないし。ってことで全く開いてません。
まさに読む用と保存用。

未開封コレクション・その⑥

『初級シスアド検定対策本』

sisuado

試験受けようと思ってたのに、開かないまま終わりました。
しかもこれ2冊目。初級シスアドの試験は、
一度、勉強もせずに試しに受けに行って落ち、
その後、「次はちゃんと受けよう!」と思って
試験の度に5,000円振り込んで申し込むものの、
実際に試験が近付いて来ると、全く勉強していないので
「受けてもしょうがないしー」と受けにすら行かず
終わった試験が3回。未開封ならぬ、未受験か。
2年間も何やってたんだろ。自分。
midoroにゃそもそも無理なんだと、
いい加減悟りました。そして諦めました。

未開封コレクション・その⑦

『化粧品の数々』

cosme

↑ていうか、開いてる・・。
他に未開封の良い例が見つからないので
とりあえず未使用のこちらを。
そういえば、未開封と未使用の差っていうのも
実は大きいよね。未使用は使う気はあったが
結局使わなかった。未開封はそもそも使う気がない。

まあいいや。化粧品て未開封率高いんです。
試供品がなくて購入したものなんて特に、
もし肌に合わなかったらどうしよう、
匂いが気に喰わなかったらどうしよう、
という「恐れ」があって気軽に使いにくい。

写真のはアジアン・コスメだから余計怖い。なら買うなって。
あと単純に、見た目が綺麗だから使うのが勿体無い、
っていうこともあるし、後から買った物を先に使ったら
性能が良かったので、前の物を使う必要がなくなった、とか。
そして危険物になっちゃった化粧品がゴロゴロ。
もう腐ってるんじゃないのか。
10年物とか普通にある。

未開封コレクション・その⑧

『ハロッズの蜂蜜』

honey

7年前にイギリスに行ったとき買って来たやつ。
確か600円くらいで手頃だったので
重いのに沢山買って、お土産に配りまくったなあ。
こんなに高い蜂蜜買うなんてバッカじゃないの?
と、プアー・ホワイトのホストファミリーに
(→世話になっておいて失礼だがほんとにそうだった・・)
白い目で見られた思い出が。

見た目が隙なく綺麗に仕上がっている物、
セットになっている物って、崩しにくいいんですよね。
あと、食べたら無くなっちゃうから(当たり前だ)
勿体無くて食べられない。食品部門も未開封率高いです。
そのまま食べずに泣く泣く捨てるパターンが多いのですが、
これは見た感じ、固まってるけどまだ平気そう。
蜂蜜だしね。

ちなみに、そのとき一緒に買ったお茶があって、
最近飲んでみたのですが、普通に旨かった。
カビ味のカビ茶になってるんじゃないかと不安だったけど、
7年物でもティーバッグより全然旨いです。さすがハロッズ。
結構もつものなんですねえ。
あと、ココアとかまだ色々あります。飲めるかな。

とまあ、自分で買ったものだけでもこれだけあるので、
人に貰ったものなんて、推して知るべし。
midoroの持ち物って、ほとんど未開封な気がして来た。
映画のパンフとかも、ほとんど毎回買ってるけど、
開いたことないやつが大部分だし。
洋服だって、通販はまだしも店頭で買ったのに
1回も着てないやつとか沢山あります。
そのくせ、いつも「着る服がない!」となるのは不思議ですね。
「着る用」ではなくなってしまったのだから仕方ないけど。

midoroの場合、興味がなくてどうでもよくて
未開封、っていうより、大事過ぎて勿体無くて
未開封、っていうパターンの方が多いみたいです。
要するにケチなんだけど。
こりゃもう、ほんと未開封コレクションとして
このまま大事に保存し続けるのが一番ですね!
未開封コレクションに人生あり、歴史あり。
振り返ってみると結構楽しいです。

さあ、『あなたの未開封コレクションは何でしょう?』

| | Comments (5) | TrackBack (0)

イルミネ。

東京駅を通ったら、丸の内オアゾの前が
綺麗になってました。

05-11-15_17-26

こういうの見ると冬だなあって気がしますね。
なんか風邪引いてるうちにいつの間にか
秋が終わっていた。冬物出さないと。

新しく出来たという「トキア」とやらに
行ってみたかったんですが、場所が分からんかった。
駅から遠いのかな?

「TOKIA」だなんて、洒落てんだかダサいんだか
80年代風の香りがして、惹かれるものがあります。
次はちゃんと調べて行こう。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

「フリークス デジタル・リマスター版」感想。

フリークス

作品の評価:☆☆☆
好き度:☆☆☆

ライズX行って来ました。
ここ、気に入っちゃったなあ~。
こじんまり感がなんとも言えない。
今日なんて5人ぐらいしかお客さんいなくて、
2階席にしたら男の子と2人っきりだし、なんか緊張した。

さてさて、「史上最も呪われた映画」、
汚れや刺激に慣れ切った現代人の目で見たら、
別にどってことないんだろうなあと思ったら
ほんとに普通で悲しくなって来た。
この映画がそれほど騒がれたということが
何よりショッキングなんですけど。

今見ると、伝説のカルト・ムービーでも
究極のホラー映画でも何でもないよ。
どこの国でもこっそり普通にあったような
「見世物小屋」を映画という表舞台に
堂々と引っ張り出して来ちゃったから、
裏の世界を見慣れてない保守派の人たちが
ビックリして過剰反応しちゃっただけの話でしょ。
というか、1932年なんて一億総保守派か。

なんかね、監督のトッド・ブラウニング、
フリークスを嘲笑していたとか、サディズムだとか
言われてるけど、そりゃ違うだろーって感じでした。
もちろん、フリークスという奇妙な存在への
好奇心は持っているはずだけど、
それは人間誰しも持っているものだろうし。
実際、変わったものって魅力あるし。

世間や良識派と言われるような人はその好奇心を
持ってちゃいけないものとしてフタをしがちだし、
奇妙な存在や、彼らの持つ魅力を否定して、
なるべく見ないようにして過ごしてるけど、
トッドはそれを奇妙な存在として、
あるがままに受け入れてたんじゃないのかなあ。
変に無視したり、「可哀想」とか勝手な同情をするより、
フリークスはフリークス、でもそんな彼らが好きだ、
っていう考え方の方がmidoroはいいなあ。

だって、この映画に込められているのは、
フリークスたちへの「愛」でしょう?どう見ても。
「フロゾ」という、道化役やってる普通の男の人が
出てたけど、フリークスたちと楽しそうに話して
自然に挨拶して「よっ」とか言ってて、この人が
トッドの分身にあたるんじゃないのかしら。

出てる人たち、皆、可愛らしかったよ。
これが誉め言葉になるかどうかは分からないけど。
あれだけ奇形の人たちばっかり揃ってると、
もはや別種族のファンタジーの世界みたいで、
彼らが「人とは違う存在」「虐げられる弱くて儚いもの」
「無垢」「無邪気」の象徴みたいに見えました。
森で円になって踊ってるシーンなんて妖精か?と。

小人のハンスとフリーダ、
美人シャム双子のデイジーとヴァイオレットはもちろん、
手足のない芋虫みたいなランディアンでさえ、
最初はビックリしたけど、丸々としててキュートだったし。
現実では、彼らは皆「花形スター」だったというから、
撮影時はぶつかって大変だったそうだけど、
そんな風に見えないくらい、皆仲良さそうに見える。

もちろん、映画だから記号化されていて可愛いのだし、
実際、生身の人間として出会ったら別ですけどもね。
あくまで映画という虚構の世界においての話ですよ。
これはドキュメンタリーではないし、
出ている人たちが本物であっても、
彼らはファンタジーのフィルターを通しているから、
現実とは少々違った存在に見えます。
それに、彼らは望むと望むまいと、その「個性」で
飯を食っている人たちだから、堂々としていますよね。
ああ、正面から見ていいんだ、って思える。

でも、現実にこういった人たちと出会ったら、
しかもそのことで苦しんでいるような人たちと出会ったら、
ハッと息を呑んで、見てはいけないものを
見てしまった、という気分になるとは思います。
多分、目を反らしてしまうと思う。

実際、街を歩いていて、パッとすれ違った人の
片腕がなかったり、顔に大きな痣を持っている人だったりすると、
思わずギクッとしてしまうことが自分にもあるから。
もちろん表情には出しませんよ。
でも、やっぱり「どこか人と違う」「何かが損なわれている」っていう
存在が持つ違和感には、無意識に反応してしまう。
そして、反応してしまった自分に罪悪感を覚えます。

当時、この映画がショックだった、っていうのは
こういう感覚だったのかなあ。
映画の虚構性を楽しめなかったんですよね。
出ている人が本物だから、
現実のこととして皆、本気で考えてしまった。
例えば、出ている人たちが本物ではなくて、
特殊メイクだったらどういう反応だったんでしょうね?

「見てはいけないものを見てしまった」
「気付いてはいけないものに気付いてしまった」
この感覚ってすごく罪悪感があるから、
出来ればなかったことにしてしまいたいけれど、
でも実際は、違ったものを見たら、
どうしても見てしまうのが普通だし、
気付いてしまうのが普通ですよね。

「違い」は厳然としてあるけれど
それは「悪い」のではなくて、ただ「違う」だけ。
「見てはいけない」のではなく、見たその後、
一体どうするのかっていうことかなと。

違いに苦しむ人もいれば、乗り越えて笑う人もいるだろうし、
一律に憐れんだり同情したり、違いがあるのに
まるでなかったことのように無視したりすることは
逆に失礼かなとも思うし、そういう人たちに対して
一体どう接するか、彼らはどう接して欲しいのか、
考え方も人それぞれだろうし、色々考えさせられますね。

「この映画は、あなたの心を写す鏡です」
っていう今回のコピーが好きです。まさに。

で、本物のフリークスが出演してて、
これだけ世間に騒がれて考えさせられる問題作、
という意味では評価したい作品ですが、
ストーリー的には特にどうということもなく。

なにしろ、64分ですから短くて。
1,500円も払ってるから物足りなく感じました。
ほんとはもっと長かったのかな。
問題シーンがカットされてあんな短くなっちゃったの?
完全版があるなら見たいよ。

昔は「失神者が出た」とまでいうけど、
midoroは眠くなって来て、クライマックスのあたり、
ほとんど意識飛びそうでした。
ストーリーはシンプルな勧善懲悪物でしたよね。
無邪気なフリークスたちとそれを食い物にする
健常人の対比で、真に醜いのは一体どちらなのかと
観客に問いかける感じ。

あ、でも最後はフリークスvs健常者っていう、
どっちが善とかどっちが悪とか単純な構図じゃなくて
表面の姿形とは関係なく、醜さや悪はどこにでも潜んでるし、
美や善い物も、どこにでも存在するっていうことだったのかな。
最後まで、フリークスを完全な弱者、
善の存在にはしてなかったですもんね。

そうしておけば泣けたんでしょうけど
(てっきり泣けるんだと思ってた)
虐げられるだけの弱くて可哀想な存在じゃなかったですね。
最後にきっちり落とし前付けてましたし。

醜さや悪は体や立場の違いではなく
心の違いであるからして、被差別者や
社会的弱者が善だとも限らんわけですよね。
彼らを完全な善の存在にしちゃうと
また逆差別とかになっちゃったりしてややこしいし。

だから、前半ですごく無垢なものとして描かれていた
フリークスの逆襲っていうのはバランス良かった。
無垢なものって平気で怖いことしたりするしね。
子供が虫ちぎってたり。話が違うか。

でも一体どんな恐ろしい姿になってんのかと
ワクワクしたら、吹き出すかと思いました。
ギャグだよ、こりゃ。

でもほんと、トッド・ブラウニングが生きてるうちに
この映画が評価されなかったのは切ないなあ・・。
こんな映画、現代じゃ絶対撮れないもんなあ。

あと、デジタル・リマスターといっても、
やっぱり映像は粗いから細かい部分は見えないし、
音響も、もごもごとこもっていて、
ほとんど聞き取れなかったのが残念でした。

そして、ちゃんとこの映画のためにパンフ作ったんだ!
エライな!と思って買ったら(\500)、
内容全部公式サイトに載ってるし。なんだ。
フリークスたちの経歴が載ってるのが嬉しい。
ちゃんと結婚して子供をもうけてたり。いいね。

しかし、売ってた「フリークスTシャツ」には笑った。
欲しいけど着れないよ、こりゃ・・。
あと、「フリークスフィギュア」も凄い。
あの芋虫さんが見事にフィギュア化されてます。
限定100体、1万2千円だって!完全予約制。

いやー、フィギュアにしちゃってもいいんだ!
midoroは自分のこと、リベラルな方だと
思ってますが、これにはちょっと感心した。
現代ってすごいよね!!

| | Comments (137) | TrackBack (0)

November 16, 2005

たいじょーほーしん。

それは帯状疱疹。

いやはや、風邪が流行ってますね。
midoroも11月入ってからずっと調子が悪いです。
しかも風邪で体力落ちてるのかしらないけど、
帯状疱疹まで併発しておりました。
早いうちに気付いたおかげで、
別にたいしたことなく済みましたが、
ひどくなると激痛に苛まれることもあるとか。
「風邪だと思ってたら違う病気だった」
っていうパターン、皆様もお気を付けあそばせ!

しかし、最初、症状が背中から胸にかけての
痛みと痒み、そして軽い痺れで始まったので
なんか悪い病気だったらどうしよう!
と、かなりビクビクしました。
ネットで同じ症状の人がいないか探してみたり。
でも全然ヒットしなかった。
→1人だけ見つけた。
この人、絶対、帯状疱疹!!症状全く同じだもん!
この後どうしたんだろうなあ。不安だったろうなあ。

女性にとって、胸、つーか乳房の不調って
やっぱ神経質になりますよね。
自治体の無料の乳がん検診、
ハガキが来てたのに行ってないや。
今年中に行かなきゃ。

とりあえず、同じ症状でビビッた人のために
経過を書いておこうかと。帯状疱疹レポ。

midoroの場合、まず風邪だったんですが、
喉が痛かったりくしゃみと鼻水がすごかったりして、
段々症状は落ち着いて来たものの、
10日くらい経ってもずるずると長引いているし、
なんか体も痛いような気がする。

最初は何だか体が痒いなーと思ってました。
左の背中、肋骨の真ん中くらいから脇の下を抜けて
左の乳房までがなんだかむず痒い。
ボリボリ掻いても、なんか満たされないんですよね。
痒いのは肌じゃなく、体の内側みたいで、もどかしい。
2、3日してからやっと、これは痒みではなく
痛みではないのか?と気付きました。

背中と胸の肋骨のあたりが、
たまにズキッとかチクッとか痛みます。
特に、肋骨の間を押すと痛みが強いので、
肋間神経痛なのかと思ったけれど、
肌の表面はチリチリというか、ヒリヒリするし、
痛いようなむず痒いような軽く痺れているような。
ペンでツンツンとつついてみたら、
乳房の下側とか特に痺れているみたいです。

この辺りで不安になって親に電話すると、
あっさり「帯状疱疹じゃないの?」と言われて
拍子抜けしました。発疹が出たら確定だから、
早く病院へ行け、と言われ、翌日すぐに、
赤い発疹がポツポツと出て来ました。
痒いだけじゃなく、いつもの湿疹とは違って
なんだか痛い!ピリピリします。

とりあえず大きな病気じゃなさそうなことに
安心して病院に行くと、やっぱり帯状疱疹でした。
検査も何もなかった。拍子抜け。
お医者さんの説明がよく分かんなかったので
キョトンとしていたら、医学辞典をコピッてくれました。
親切だ。でも専門的過ぎてよく分からない。

家に帰って調べてみたら、
帯状疱疹ってヘルペスの1種なんですね。
ヘルペスっていうと、ちょっと聞こえが悪い気もするけど、
帯状疱疹ウイルスは水ぼうそうウイルスと同じものだそうです。
一度かかるとその後もずっとウイルスが体に常駐していて、
疲れや風邪、ストレスや加齢など、
何かのきっかけで体の抵抗力が落ちると発症するとか。
か、加齢・・。風邪がきっかけだと思いたい・・。

神経に沿ってウイルスが広がるので、
特徴は体の片側だけに痛みや発疹などの症状が
出ることだそうです。そっか、あの痛みは神経痛かあ。
確かに、痒いのも痛いのも左側だけでした。
ほんとに背中の真ん中から胸の真ん中まで、
ぴったり半分だったもん。重症だとその限りでなく、
あちこちに出ちゃうみたいですけど。

早めに薬を飲めばすぐ治るそうですが、
ひどくなると発疹が広範囲に広がって
夜眠れないくらいの激痛に襲われることもあるとか。
そういえば、友達が以前えらい目に遭ったと言っていた。
ああ、怖い怖い。

やっぱ、ちょっとでもおかしいと思ったら
早めに病院に行っておくべきですね!
悪化してからだったら、大変なことに
なっていた可能性も。

受診料は1,000円だったので、
お、安くて良かった、と安心して薬局に向かうと、
な、なんと薬代お会計6,000円!!
いつも薬って、せいぜい1,200円、
高くたって2,000円くらいなのに、
ろ、ろくせんえん!?一瞬固まってしまいました。
お姉さんに「カードでもいいですよ」とか優しく言われ。

泣く泣く虎の子で払って来ましたが、
しばらくボー然としてしまいました。
今、貯金を使い切ってしまって、ボーナスが出るまで、
ほんとお金がなくてキツキツの生活してるのに、
予想外の出費に大ショックです。

抗ウイルス薬って市販してないし、
元々値段が高いんですって。知らなかった。
それにしても、3割負担で6,000円ってすごいよね!!
風邪薬も沢山もらったからかなあ。
うがい薬のイソジンガーグルは
2瓶も出してくれたけど、そんないらない気が・・。

05-11-10_21-44

あと、潰れた水ぶくれはウイルスを撒くそうですが、
接触したりしなければ、日常生活をしていて、
大人にうつることはまずないみたいです。
でも、水ぼうそうにかかっていない子供には
うつしてしまうことがあるそうなので要注意。
あー、しばらくジムは行けないなあ。
発疹出てる間は、銭湯ダメだそうです。

midoroの場合、普通に仕事とかする分には
支障ないくらいの軽い症状だったのですが、
こういう症状が出ているということは、
すなわち体が弱っているということなので、
たっぷり睡眠、たっぷり栄養とって、
疲れを取ってやらなきゃ!

ということを言い訳にして、
仕事もちょうど暇な時期だったので、
せっかくこんな堂々と休める理由があるんだから
休まなきゃ!と、会社を休んでみました。
家にいたらそれはそれで、やることは沢山あるんだけど、
あえて何もせず、だらだらとベッドで寝そべって
マンガをひたすら読む読む。
本棚のマンガ、総ざらえしてしまいました。

だらだらするのにも飽きて出社してみると、
皆にすごい優しくされた。
やっぱ帯状疱疹ていうとイコール、ストレスなの?
雅子様もそうだったっけ?
最近、上司とやりあったばかりだったので、
精神を病んでいるのではないかと、
心配されてしまいました。そんなヤワだったら、
もうとっくに会社辞めてますって!

ということで、midoroの場合、
ちょうど良い休息ぐらいの感じで、
たいしたこともなく済みましたが、
帯状疱疹ウイルスを飼っているわけだから、
いつまた症状が出るか分からないですよね。

帯状疱疹を一度発症したら、再発するのは
100人から200人に1人の割合だそうで、
再発はまずないみたいですが、不摂生をやめて
生活を見直す良い機会かなあと思いました。
って、病気すると毎回言ってる気もするが。

今回は、大人しくしてきちんと薬を飲んでたので
すぐ治りましたが、その後も体調はあまり良くないです。
やっぱりまだ本調子じゃないのかなあ。
気を抜いたら、すぐ風邪引きそう。
外出後とか、寝起きとか、ちょっと冷えたりすると
すぐ喉がイガイガしてくる。鼻水沢山出るし。
とにもかくにも「うがい」ですね!!
1日3回うがいをすると、風邪の予防になるという
ちゃんとしたデータもあるそうですし。
イソジン2瓶もあるから、頑張ってうがいします!

| | Comments (34) | TrackBack (0)

November 05, 2005

「SAW(ソウ)2」ぶっ叩き超絶長文感想。

ソウ2 DTSエディション

作品の評価:☆☆☆
好き度:☆☆

うーむ、何か言うと即ネタバレだから、
書くのに気を遣うなあ。
とりあえず、「SAW」の内容には触れますから、
まさかこれ読んでて「SAW」未見の方はいらっしゃらないと
思いますが、お気を付け下さい!

ま、2作目はコケるっていうのが通説なので、
そんな期待はしてなかったんですけども。
前作「SAW」に感銘を受けた今回の監督が
前回脚本のリー・ワネルに脚本持参して
弟子入りしたっていうし、前回監督のジェームズ・ワンも
製作総指揮で関与しているというので、
「CUBE2」みたいな、そんな滅茶苦茶ひどいことには
なってないだろうと思って見に行きました。

そしたら、一応押さえるべきところは押さえているし、
通常のサスペンス・ホラー映画としては及第点です。
普通に怖いし、どんでん返しも用意されてるし。
周囲の期待という凄まじいプレッシャーの中で、
1年間という短期間にこれだけを作り上げたのは
評価されると思いますよ。
でも、「SAW」にズガーン!と胸を撃ち抜かれちゃった者には
てんで物足りないなあ、という予想範囲内の出来ですね。

今回は、何というか、全体的に頭が悪い!!
「SAW」はラストで非常に頭の悪い大技をかまして来たので、
そういう豪快なアホっぽさっていうのは
思い切りが良くて大好きなんですが、
「SAW2」では脚本や作りの粗さが目立ちました。
「観客を下に見ると失敗する」って監督自身が言ってますが、
いやー、充分下に見ちゃったと思うよ!?
登場人物の行動、終始ツッコミどころ多過ぎです。
そして、結局ゲームが解かれていない!なんで!?

まず、映画のジャンルが前作とは違うような。
「SAW」が「なぜこんなことに?誰が?一体何のために?」
っていう、不可解な状況の謎解きを楽しむ
「ソリッドシチュエーション・スリラー」なら、
「SAW2」は「24的サスペンス・ホラー」でした。
作りがサスペンスで、殺し方がホラーかな?

今回は、もう犯人の目的とかネタが
ある程度分かってしまっているので、
こういう手法になってしまうのは仕方がないと思うけど、
最初からゲームのヒントは与えられているのに、
登場人物が皆、間違った行動を取ってくれちゃうので、
余計話がややこしくなって、解決に時間がかかって
「ああん、もう!」とハラハラさせられるという
例のパターンです。非常にストレスが溜まります。

24は24時間話を引っ張らなきゃいけないから、
そういう作り方になるのも当然ですが、
たかだか2時間の映画で、そんな引っ張り方を
するっていうのは、脚本に隙があるってことだと思う。
前作のように、結末に向かって一点収束していく
研ぎ澄まされた緊張感がなくて、あーぬるいなあ!って感じ。
話を引き伸ばすなら、登場人物がそうせざるを得ないような
行動の必然性っていうのをちゃんと描いて欲しかった。

midoroは、この「正しい道は観客に見えているのに、
登場人物が混乱して判断をミスったり、
間違った行動を取るから話がややこしくなる」
っていう、イライラを誘う映画がひっじょーに嫌いでね!
まあ、そんなこと言ったら、ホラー映画とか、
そもそも成立しないとは思うんですけど。

ホラー映画は大概頭悪いですしね。
「ああいう、切羽詰った状況になると、
通常の思考能力は吹っ飛んでしまう」とか、
「んなこと言ったって、いざとなったらそんなに冷静に
行動出来ないと思うよ」という反論は却下します。

だって、たまに登場人物が間違わない映画もあるもん!
登場人物も観客も頭絞って考えているのに
それがミスリーディングで、余計深みにハマって行く、とか。
前作って、そういう感じでしたよね。
このレベルを期待していると、「SAW2」は相当物足りない。

基本がサスペンス映画だから、
せっかく、ジグソウが仕込んでくれたというのに、
仕掛けられたゲームのパズル的要素にも
ほとんど触れられません。
登場人物、ギャーギャーとうるさく騒いでるだけで、
誰もゲームの解き方とか気にしてないし。

登場人物の性格設定も単純で、
いわゆるホラー映画のステロタイプです。
生き残る人間が誰か、最初から予想が付いてしまう。
荒っぽい人はずっと荒っぽいし、神経質な人は
ずっと神経質。それは極限状況でも変わりません。

前作は、普通の常識人がどんどん壊れて行く姿が
ほんとに怖かったんですよね!
「人間、いざとなったら何でもやっちゃうゾ!」
っていう戦時中とかにも通ずる怖さがあった。
だから全然、先の予測が付かなかったし。

ラストも、前作は「オレたち、このオチをやりたいがために
映画を1本作っちゃいました!」っていう、
サプライズ先行の映画作りだったので、
とにかくスゴけりゃいいよ!っていうmidoroのツボ、
どんぴしゃり!でしたが、今回のサプライズは、
観客を驚かせなきゃいけないから、頑張って作りましたって感じ。
捻ろうとし過ぎてネタを何個も盛り込んじゃったから、
サプライズが分散されちゃって衝撃は少なかった。

それから、今回物足りなかったもう一つの点は、
「SAW」で強烈に描かれていた「死か痛みか」
「自分の命か他人の命か」という、
「選択の恐怖」が薄れてしまったことです。
midoro的には「SAW」の魅力ってこれに尽きると思う。

「SAW」が他のホラーと一線を画しているのは
ジグソウが「自分で直接手を下していない」と言ったとおり、
死か生か、選ぶのは自分であるという点ですよね。
頑張れば、生還へのチャンスは用意されている。
まあ、そりゃ無理だろ!っていうヒドイのがほとんどですが。

極限状態になって初めて噴出する、
人間の生きたいという本能、生への執着心。
そのために何か他のものを犠牲に出来るか、ってことですが、
他のものっていうのは、常識だったり人としてのモラルだったり
他人だったり、自分の身体の一器官であったり。
自分の生に果たしてそれだけの価値が見出せるかどうか。

何かを取るためには何かを捨てざるを得ない、
そのギリギリのところでの葛藤や迷いや判断を見て、
観客はゾゾッとさせられたわけで。
自分には出来るか?自分ならどうする?って。

でも、「SAW2」には、これらの要素が
あまり見受けられなかったんですよね。
踏襲してたのは、オープニングの一件ぐらいか。
ジグソウは一貫して「メメント・モリ」で仕掛けて来てるし、
「死を身近にしたときに初めて見えるものがある」
というテーマをまんま語ってくれてるんですけど、
仕掛けられた方が一体何を試されているのか、
あまり理解していないように見えます。

仕掛けられた罠も、登場人物が何も考えずに
突っ込んで行ってしまうので、死を想う暇もなく、
あっという間に死んでしまったり。
自分で選択する余地のない死、
っていうのは、普通のホラーですよね。
死か、それとも痛みを伴う生かっていう、
究極の選択を迫られる場面もあるにはあったんだけど、
それほどフィーチャーされずに流されてたし。

前作より、大勢死んだから、
血の量が多いから。それが何だっつの?
もっと登場人物が「死の匂いを嗅がされてる」ところが
見たいんだよ!あのジリジリするような焦燥感!
ということで、「SAW」のスピリッツにすっかり酔わされちゃった
midoroにとっては、「SAW2」は単なるホラー映画で
終わってしまいました。
ツッコミどころ多くて楽しかったけどね!

さあ、ここからほんまもんのネタバレです!!
つっこむゾー!!

【以下、「SAW2」ネタバレ注意!!!】
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
今回の好き度☆2つは、
ジグソウとアマンダに差し上げます!!!
いやー、前回も思ったけど、
ジグソウを演じたトビンはいいよ。ほんと。
死に行く人間の達観した演技が素晴らしい。

つーか、主人公?のエリック刑事を演じた、
ドニー・ウォルバーグが最悪だ!!!
まあ、ドニーだからしょうがないけど、
ほんっと頭が悪くて頭が悪くてどーしょもないよ!!
お前はラッセル・クロウか!!!
ってくらいのマッチョさです。顔も似ている。

ほんとは画面の向こうとこっち側と
それぞれで推理ゲームが展開されれば
すごく盛り上がるはずなのに、
このオヤジと来たら、息子への愛情とジグソウへの
怒りに目を塞がれて、ジグソウの言う事になんて、
てんで耳を貸しやしません。
「ルールに従え」とジグソウは言ってるのに、
「俺様ルール」に基づく行動ばっかりです。
こりゃ、24のジャック・バウアーどころじゃないよ!

もー、ジグソーの忍耐強さにmidoroは感服致しましたよ!
再三、ルールを守れと注意してやってるのに、
エリックと来たら、まるで聞きやしないし。
なぜ、自分の息子が拉致されたのか、
他の7人は一体何者なのか、
ちっとも頭使って考えようとしません。

ああああもう、midoroなら、
もっと早くゲームオーバーにしちゃうね!!
つーか、ジグソウ、何でこいつを閉じ込めないんですか!
息子の心配をさせて、こいつの心を傷付けるよりも、
こいつ自身に痛い目見せてやって下さいよ!!
と、midoroはひたすらイライラしておりました。

しかも、途中で我慢し切れなくなったエリックは
ジグソーに殴る蹴るの暴行を加えます!!
ひ、ひどい!!そんなことしたって、
死を恐れないジグソウは絶対口を割らないんだから、
意味ないのに!!ただの八つ当たりじゃん!
ジグソウの言うとおりに頭使って考えろよ!!
つーか、途中でジグソウが死んだら、お前の不利なんだけど!
もういいよ、ジグソウ、こんな奴に教えないで、
そのまま死んでいいよ!とかずっと思ってた。
周囲の刑事も誰一人止めないしさ。

殴る、脅す、恫喝する、
そういう感情に任せた頭の悪い捜査方法が
こんな目に合ってるそもそもの理由だというのに、
改めるどころか、この人何も変わりゃしません。
最後に、こいつ自身が罠に落ちたときは
スカッとしましたがな。マジで。

midoro的に一番ビックリしたのは、
24もそうだけど、家族のためというお題目があれば
何やっても許されるアメリカルールが
ここでも適用されていたことですね。
犯罪者ならば、死にかけの病人に
殴る蹴るの暴行働いてもOKか!

エリックに冷静に意見した女性刑事に向かって、
同僚の黒人刑事が「仕事仕事で結婚もせず
子供も作らないから親の気持ちが分からない」って
吐き捨てたシーン、個人的にはこれが
この映画で一番衝撃的な箇所だったりする。

すごいなあ、最近は、女性が仕事の鬼で
男性の方が家族愛に満ちてるんですか?
刑事としての理性的な任務遂行の義務を説いた者が
非難されるとは、恐ろしく生きにくい世の中ですよ!

でもねえ、この女刑事も、ずっとジグソウを追ってた
とか言う割には、推理も何もしないんですよね。
もうちょっと役に立て!!そしたら、こんなこと
言う奴ら見返してやれるのにさ。
映像の解析班も1時間くらいやって来ないし。
この刑事とSWATたち、能力なさ過ぎ。

大体、最初のヒントからして駄目過ぎる。
最初の殺人で与えられたヒント、
「近くに寄って見ろ」って何かと思ったら、
思いっきり工場の名前書いてあるし!!
あれ、エリックじゃなくて他の刑事だって、
ていうか、midoroだって見りゃ分かるよ!!
あんな露骨なヒント、罠に決まってるじゃん!!

あんなヒントに基づいて急襲かけるなんて、
midoroだったら、絶対SWAT隊員が全員
中に入ったところでビル丸ごと爆破してやるね!!
ジグソウが直接人を殺めない、ってことに
感謝しろよ!お前ら!!

しかも、住民に気付かれないよう静かに行動、
とか言ってる割には、思いっきり
パトカーのサイレン鳴らしてるし。
映画のアレ、いつも気になってるんだけど、
サイレン鳴らすわ、ビルの前にキキーッと車止めるわ、
聞こえるような声で「GO、GO、GO!」とか、
絶対犯人に気付かれて逃げられると思うんですけど。

そして、「SAW2」最大の疑問ですが、
閉じ込められた人たちは、
何で皆金庫の番号を考えないんですか!!!
あんなご親切にヒントくれてるのに、一体どういうこと!?
「番号は頭脳の後ろに」
「順番は虹の彼方に」
初っ端から答えが目の前にぶら下がってるのに、
誰も考えようとしません。
出口を探そうとやっきになった挙句、自滅かよ!

頭脳の後ろに、っていうから、
最初、頭の皮の裏ッ側にでも
書かれているのかと思った。
だって、オープニングの鍵は目の下に
埋め込まれちゃってたし。
うわあ、皆で頭の皮剥ぎ合戦でもすんのか、
なんてホラーな!と思ったら、
ご親切に首に書いてくれてるのに、
何で最後の方まで誰も見ないのよー!!

そして、結局番号の並び順は何だったんでしょうね?
「虹の彼方に」って「オズの魔法使い」かと、
歌詞思い出して心の中で歌ったりしてたのに。
気になって気持ち悪い。誰か分かったら教えて。

それにしても、これさあ、服役するような人たちは
皆こんな頭の程度なのかと思わせて感じ悪いよ、ほんとに。
冷静に行動してるアマンダも何も言わないで
静観してるのは変だな、あれ?と思ったら
これが引っ掛けだったんですね。

しかし、彼女の生存本能の強さにはほんと感動です。
あの注射器の中から鍵を探し出したときは
ブラボー、アマンダ!!って拍手したくなった。
いやー、あの注射器の痛さは「SAW」にも負けず劣らず。
でもあれ、絶対エイズに感染するよね・・。
全部、使用済み注射器でしょ?
それで「SAW3」にもつながりそうだけどね。
ジグソウを継いだアマンダはエイズで余命少し、とか。
名実と共にジグソウ就任!イエーイ!

あと、「彼らの共通点は刑務所への服役ではなく、
同じ刑事に逮捕されたこと」って、
一捻りしてあったのはいいんだけど、
気付かせるの遅すぎるよ!!
そのネタ、何の役にも立ってない。
あれは、もっと皆に早く気付かせて、
息子が危ない!刑事を恨んでる7人に殺される!!
っていうドキドキ感を与えるためじゃないの?

なのに、皆が死んじゃって、そんなこと関係なくとも
危ない奴しかいなくなってから、やっとバレてるし。
つーか、少年も、あの写真放置して行くなよ!!
アマンダに、刑事の息子だってことを、とっさに隠したくらい
機転の利く子なんだから、そのぐらい気付くだろ!

あと、結局8人もいるのに、
罠にハマって死んだ奴が3人しかいない。
しかも見え見えの罠に。
つーか、それストーブですから!!
そんな中入ったら、燃やされるに
決まってるじゃないですかー!!
そして、あの女の子!手を突っ込む前に
少し考えようよ!!餌を握ってツボから
手の抜けなくなった猿ですか!

あと、追い詰められてテンパッて
自分達で殺し合ってても別に怖くないんだよね。
どうせなら、ジグソウのゲームによる
強制的なバトル・ロワイアルにしちゃえばいいのに。
誰かを殺せば誰かが助かるっていう、
極限状態での人間の本当の姿を見たかったのにな。
解毒剤が人数分ないことから、
そっちの展開になるかと期待していたんですが、
というか、ジグソウもそれを狙っていたのに、
思ったよりも彼らがアホだった、ってことでしょうか。

それから、「SAW」を踏襲しようとして、
首の皮剥がさせましたが、これこそ意味ねぇーー!!!
アマンダに見せて、数字を聞き出してから
殺しちゃえば済むことでしょう!?
これにはビックリです。「SAW」のゴードン医師は
マジでテンパッってたので、バカなことしてても
しょうがないけど、今回のあいつは、考えて、
「そうか、首の皮剥げばいいじゃん!」って
思い付いてたよ!

最後、少年が死んだふりしてたのは、
ああここでも、踏襲したのか、とちょっとニヤッと
させられましたけど。

この皮剥ぎのシーンで、
あの「SAW」のラストの曲を使って
「ジャンジャン!」って盛り上げちゃったのは引いた。
そんな盛り上げるような場面じゃないだろうと。
だから、ほんとのラストの謎の解明部分が
えらい適当で急ピッチでした。

結局、3つのトリックが仕掛けてあった訳ですよね。
場所と時間とアマンダ。
前の2つが分かりにくかった。
映像だけで見せられてることが
実はすでに終わったこと、っていうのは
よくあるネタですよね。
なんか全体的に○○○○を彷彿とさせるんですけど。
SWATといい、ビデオのトリックといい。
そこまでベタなら、閉じ込められていた場所も、
実はあの建物の地下でした、ってくらい
やっちゃえばいいのに。

あと、アマンダがジグソウを継ぐ者だ、
っていうのはあんなにハッキリ宣言させなくても、
回想で2人が一緒のシーンを流せば、
皆、察すると思うんだけどなあ。
「師」とか言われちゃうと、途端に安っぽい。

でもアマンダがオチ、っていうのは良かったです!!
彼女だけ、前作で罠が簡単だったからとはいえ、
一度ゲームをクリアして改心した者に
またこんなことやらせるのか!とほんと可哀想だったので、
彼女が仕掛け人の立場だったのは良かった良かった。
この流れは自然です。
「ジグソウはいつも最前列にいる」っていう、
あのルールもクリアしてるし。
でも、察しのいい人は、これ、すぐ気付いちゃうよね。
midoroは分かんなかったけどさ。

そして、「SAW2」最大の不満点!!!
何も「SAW」と同じ部屋を使わなくてもいいのにー!!!
前作のゴードンとアダムの古くなった死体が
転がってるなんて最悪だ!!!!
あれは、最後「GAME OVER」で
ガラガラピシャーン!「ギャー!!!!!」
で、どうなったのか分からないからいいんじゃないの!!
midoroはあの結末を明かさない容赦のなさに
うっとりしたんですけど!!

「ああ、なんだ2人ともやっぱ死んでたのね」って
とんだ興醒めですよ!!
これが宣伝で言ってた「SAW」の謎が明かされる!!ってこと!?
しょーもな!!そんなん明かさなくていいよ!

と、この1点において、「SAW2」を見てしまったたことを
激しく後悔しましたが、後はまあいいや。
ツッコミどころ多くて楽しかったし。
ていうか、こんなものすごい量の感想を書いてる時点で、
なんだかんだ言いながらもハマってしまっているのでは。
ひょっとしたら、日本で一番長いんじゃないか!?
もっと長い人いる?評論は別にして。

まあいいや、今回のオチからして、
「SAW3」も当然作られるだろうから、
またアマンダが見られるのは嬉しい。
ジグソウ・トビンにもう会えないのは寂しいけど。
あの冷たい青い目と赤く潤んだ目のフチの
対比がほんと良かったよ。
さー、次はどんなネタで来るのかな!

| | Comments (16) | TrackBack (1)

« October 2005 | Main | December 2005 »