« 「レザボア・ドッグス」感想。 | Main | 8月の更新履歴。 »

August 30, 2005

「ソウ」DVD感想。

SAW ソウ DTSエディション

昨秋、映画館でも見たけど、もう1回見たいという気に。
家で見てたら、オープニングのシーンから、
いきなり画面が真っ暗で何にも見えないので
慌てて部屋の電気を消しました。

この映画、役者が「真っ暗闇の中で手探り」という状態が
何回か出て来るんですけど、
ほんとに真っ暗闇にしちゃうと、観客にも見えないわけで
ギリギリ見える薄暗がりにしてあるんですよね。
これ、映画館のスクリーンでなら見えるんだけど、
家のテレビだと反射するし全然見えないんですよ。
液晶なら違うのかなあ?

なので、電気を消した部屋で見てたら
ご飯こぼして慌てて電気点けたり、また消したり、
非常に慌しい思いをしました。
おうちで「ソウ」を見るときは明るさに気を付けましょう。

あと、家の小さいテレビで見てると
バカ度、B級度がより増しますねー!
映画館で見たときは殺し方とか本気で怖かったのに、
DVDだと映像がクリア過ぎて、
役者のメイクとかも、おいおい、それはやり過ぎだろう!
と、お笑いっぽくなっちゃうのが勿体無い。
これが筋を知ってるせいだといいんだけど。

あと、映画見たときも思ったけど、やっぱり映画の中に
2人も東洋系の人間が出て来ると、
ちょっと不思議な気がしますね。
刑事と女性と2人、特に東洋系であることに
理由もなく出て来るけど、これがハリウッド映画だと、
あくまで「東洋系の登場人物」として出て来るから、
普通に映画の中に東洋人が紛れてると驚きます。
監督が東洋系だからですよね。これは。

メイキング映像に監督のジェームズ・ワンが出てましたけど、
すんごい若くてビックリした。20代か?子供に見えるぞ。
主役の片方、アダムを演じたプロデューサーのリー・ワネルは
えらい太っててキモくてガッカリしました。
映画ではあんなに可愛かったのに・・。ガクー。

そういえば、このメイキング、
メイキングというほどの内容でもなくて
なんだって感じでしたが。もっと撮影風景を
入れてくれればいいのに。
でも、ポスターギャラリーはどれもカッコ良かった!!
アメリカじゃこんな宣伝してたんだー。いいなー。
日本じゃ1枚くらいしかポスターなかったもんね。
あと、DVDのメニュー自体が凝った作りになってて
デザインとかこだわってるのが見てて楽しかった。
なのに、なのに、英語字幕は付いてないんですよ!
アホー、こだわるとこ、それ違うからー!!

でも、2回見てもやっぱり面白かったですよ。
クライマックスのあの「ジャン!ジャン!」っていう
音楽の盛り上がり方といい、
画面の隅っこにさりげなく写る映像は、
きっと何回観ても衝撃的だと思う。
あの終わり方もすんごい好き!容赦なし!クール!
ええええ-!うっそー!!!と驚愕したまま終われます。
ああ、まだ見てない方はほんとネタバレする前に
どうか見て下さい・・。


【以下、ネタバレ注意!!】
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
前も書いたけど、ほんとジグソーより
ゴードン医師の方がよっぽど怖いっつーの。
消耗して段々顔が白塗りになってくとことか、
唇が乾燥してカサカサになってくとことか超怖い。
ヤバ過ぎ。

あと、今回一番怖かったのは、
ゴードンが足を切り落としたあと、アダムを撃って
「肩を狙ったから大丈夫」とか言うところ!!
こっわー!!何が怖いって、
すっかり発狂してしまって自分の足を切ったのならともかく、
アダムを殺す気はない、っていう、正常な人としての
判断力を持ってるくせに、自分の足切ったんだよ!
怖い!怖いよ!ここマジ怖いって!

映像的には、暗闇の中でアダムがカメラのフラッシュを焚いて
部屋の様子を伺うシーンがやっぱドキドキしました。
だって、絶対何か怖いものが写るに決まってるじゃん!!
で、予想どおりガバーと。こ、こわいよー!

展開は、やっぱり分かってて見てると、
犯人のヒントって結構露骨でしたね。
勘のいい人なら、これすぐ分かっちゃうでしょう。
midoroは監督たちの狙いどおり、
ちょっとおかしくなっちゃった刑事や、操られてたあの人に
すっかり惑わされて全然気付いてませんでしたが。

しかし、何度見ても最後のシーンのインパクトはすごい。
10時から18時だから、8時間!!!!
ぴくりともせず!!んな、あり得ない!でもすごい。
あと、アダムからジグソーが持ってたテレコまでの距離って
すごい絶妙だったじゃないですか。
チェーンを利用して、やっとギリギリ届く長さ。
ジグソーが何回も練習して横たわる場所を
チェックしてたのを考えると笑えます。
すっごいマメだよねー。

あと、ハリウッド映画みたく、
おとなしく助かってハッピーエンド、
で終わらない、終わらせないところが大好き。
ジグソーカッコイイ~。「ゲーム・オーバー」
ビシャーン!と扉を閉めるとこが最高!
喚き続けるアダムもナイスでした。

やっぱ「ソウ」はほんと良く出来てますよ。
B級要素もありながら、上手いことA級に
きっちりまとめあげました!
「ソウ」のジャケット表紙をそのままパクッた
「パズラー」だっけ?あれも見てみたいな。
あっちはきっとほんとにしょーもない。

|

« 「レザボア・ドッグス」感想。 | Main | 8月の更新履歴。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61026/5701817

Listed below are links to weblogs that reference 「ソウ」DVD感想。:

« 「レザボア・ドッグス」感想。 | Main | 8月の更新履歴。 »