« 「PARIYA北青山店(表参道)」 | Main | 「オペラ座の怪人」祭り。 »

June 18, 2005

「バットマンビギンズ」死ぬほど長文感想。

作品の評価:☆☆☆
好き度:☆☆☆☆
萌え度:☆☆☆☆

珍しく初日&初回に行って参りました!
近所の映画館はヘボいので、
大画面かつ音響のいいところで、ってわざわざ
六本木まで遠征です。初回は9時からなので、
8時20分六本木駅集合!!
会社行くより早起きではないか!!
連れなんて、家が遠いので6時起きです。
気合入り過ぎー。

そんな早朝から、他に一体誰が見に来るんだろう?と
思っていたら、ご近所っぽい外国人のご家族御一行様とか
カップルとか男性1人とか男性2人とか普通に来てました。
マニアばかりかと思いきや、ほとんどいなかったみたいです。
皆、試写会か先行で見ちゃってるんでしょうね。
席もガラガラでゆったりした雰囲気でした。

さて、結論から先に言いますと、
キャスティングが最高!ノーラン最高!!
さすがあーた、分かってらっしゃる!!!
素敵な役者たちを上手く使って、
「作品」としてのバットマンを真っ当に作り上げたので、
「バットマンの世界」が好きなファンやアメコミファンには
物足りなかったかもしれませんが、
midoro的にはストーリーとか世界観とか
割とどうでもいいので大・大・大満足です!!

大作アクション、しかも漫画原作にありがちな
ご都合主義にもかなり気を遣って
なるべくストーリーに整合性を持たせようと頑張ってたらしく、
俳優が自分の行動に自分でツッコミ入れてたり、
架空の街じゃなく、近未来社会としての
ゴッサム・シティ、人間味のあるバットマン、
というリアルな存在を追求してました。

クリスチャン・ベイルが演じるバットマン、
ブルース・ウェインの心の動きも丁寧に描かれていました。
幼い頃、コウモリに襲われたときのトラウマや
両親の死を乗り越えて、善とは悪とは正義とは、
って彼がバットマンに至るまでの苦悩や変遷に
かなりの時間が割かれ、(まあこの辺りはいくら頑張っても、
エンタメ映画の底の浅さ、お約束なのでヌルいんだけど)
とりあえず、論理も行動の理由も一貫していて矛盾はなかったし、
ストーリーの流れも自然で納得が行きました。

あ、「コウモリが怖いのなら
自分がコウモリになってしまえ!」いうところで、
昔、和田慎二の「スケバン刑事」で
麻宮サキが刑務所で「ミミズ地獄」に放り込まれ、
そのショックでミミズを見ただけで震え上がるように
なってしまったサキに対し、そのトラウマを克服するために
ミミズの絞り汁を飲め!」という衝撃的なアドバイスがなされ、
ミミズ汁を飲んで恐怖を乗り越えた、というシーンを
ちょっと思い出してしまいました。
怖いものは自分の内に取り込んでしまえ!って
心理学的にそういう理由が何かあるんでしょーか。
ってどうでもいい話です。すみません。

とにかく、「バットマン」というファンタジーに
現実的な理由や行動や解釈を付与し、
ファンタジーと現実としてのバランスを取るのに、
ノーランが頭を捻ったのがすごく良くわかります。
まあそれでも所詮はアメコミ設定。
ツッコミどころは沢山あって、爆笑を堪えるのに
必死だった場面も山ほどでしたが、
それはそれで楽しかった。そのあり得なさが面白い。

そして、キャストがもう!もう!!
詳しくは後のネタバレで語りますが、
クリスチャン・ベイルの良さが最大限に引き出されてます。
もちろん、奴の可愛らしさ&間抜けさですよ!
そしてオヤジたちが、どいつもこいつもカッコ良すぎ!!
これって、ヒーロー物だよね・・?と一瞬考えてしまいました。
脇役も皆良くて、ええっ、何でその人を
そんなにフィーチャーしちゃうの!
んもう、狙い過ぎ!いやらしい!でも素敵!!
って映画でした(間違った見方)。

そして肝心のアクションシーンですが、
画面が暗いのと動きが速過ぎて
何がなんだか全然分かりませんでした。
最近の映画、映像処理が上手いから
やたらアクションシーン速いんだけど、
人間離れしてる人たちの戦いは
我々人間の目には見えない
ので、
もうちょっとゆっくりやってくれると助かりますね。
せっかく鍛え上げたベイルの肉体が
あまりよく拝めなかったのが残念でした。
「リベリオン」のガン=カタなんかはほんと、
本人たちがやってます!ってテンポで良かったけど。

ということで、内容に関してはほぼ満足なのですが、
難を言えば、上映時間が長いんですよ。140分・・。死んだ・・。
「ブルース・ウェインがバットマンになるまで」に
半分以上の時間を費やしてしまっているので、
進みが遅くて疲れて来てしまい、後半戦、
肝心の悪との対決や見せ場のドンパチなどの
アクションシーンであまり乗れませんでした。
あと、midoroはトイレを2時間以上我慢出来ない人なので、
後半はもう早く終われ、と念じながらの鑑賞でした。
エンタメ映画は頼むから120分以内でお願い致します。


【以下、ネタバレ注意!!】

さっ、ここから萌え萌えトーク&ツッコミです!
事前予想では、今回はmidoroの萌えツボ、
マイケル・ケインで決まりかな!?と思っていました。
だって、ジジイの執事ですよ!?
イギリス人バトラーですよ!
萌えない方が嘘です、美味し過ぎます。と思っていたら。

・・・うーん、ダメだ、最初の登場からダメでした。
マイケル・ケインには色気があり過ぎます。
目ヂカラがすごくて、まだまだ現役!って感じ。
そして出番が異常に多い。
決め台詞、決めシーンの多さといったらもう、
お前がヒーローなのか!という勢いです。

midoroはあっさり顔の枯れたジジイ、シブいジジイ、
押さえたイブシ銀の魅力を好むので、
マイケル・ケインはちょっと出張り過ぎ。
顔も濃いし、ベイルより背も高くて
がっしりしてガタイもいいし、カッコ良すぎでしたね。
さすが往年の色男!!

どっちかっつーと、社長代行をやってた
ルトガー・ハウアーの方にときめきました!
あの枯れ方、そして漂うS臭がたまりません!
酷薄な感じにヨワイのです。
さっすがレプリカント!
「ブレードランナー」また見なきゃあ。

でもでも、今回のmidoroの萌え一番は
なんといっても、リーアム・ニーソンです!!!!
ああああああああ、カッコいいよー!!!!
師弟対決ってのもかなりのツボですが、
SWのときより全然イイ!!
だってだって、悪なんだもん!Sなんだもん!!
クワイ=ガン・ジンは確かMでしたよね・・?
あと、リーアム、ちょっと痩せたのかな?
いつも顔が丸いというか、四角い印象ですが、
結構スラッとして見えました。短髪だったからかな。

湖の氷上での剣戟シーンなんて!!
リーアム、デカイ!デカ過ぎるって!!
ベイルが子供のようです。
こりゃ、師匠役を任されるのも無理ないや。頼もし過ぎる。
黒い忍者服?を着ての後姿、頭ちっさ!
そしてちょっと猫背?っていうか重心を前に落とした
立ち姿がまたイイんだー。なんかデカイってだけどもう
オーラに力がありますよねー。剣捌きも体術もカッコイイよー!
ベイルを手玉に取って、油断するなとか言って
水中に叩き落すシーン、激もエー!!
そして、戦いで気を失ったリーアムを
ベイルが肩に担ぐシーンもたまらん!師弟愛!

そして、midoro的今回最大の爆笑シーンは
やっぱアレですよ!!
気を失って雪の上をザザザーと滑落して行くリーアム!!
腹ばいで手を前に突き出しながら、それを追いかけるベイル!!
んな追いかけっこ、ロングショットで
2人一緒に撮られたら笑いますって!アホか!

そして、リーアムが崖から落ちた瞬間、
間一髪!腕を掴むベイル!!
剣を地面に付き立て、片手一本でリーアムを支えます。
リーアムの巨体が宙吊りで完全に弛緩しきって
だらーんとマグロ状態なのも笑えますが、
ベイルが反動を付けて、それを一気に引き上げます!!
ファイトォー!!いっぱーつ!!!!
ベイルがリーアム一本釣り!!ありえねー!!!
しばらく笑いが止まりませんでした。く、苦しい~。

リーアムの次に良かったのは
ゴードン刑事、ゲイリー・オールドマンですね。
ゲイリーの「いいひと。」にはやはり最初違和感があって、
え、これまさか最後に裏切ったりしないよね?
と一瞬不安になりましたが、見てるうちにいつの間にか
ゲイリーの虜になってました。

か、可愛いじゃないのさ!ヒゲにメガネ。ツボです。
最初にブルースに上着を着せ掛けたときも可愛いし、
家庭でゴミ出ししてる姿も可愛い。
この可愛い脇役っぷりは、W・メイシーちゃんを思い出しました。
しかし、なんであーたがバットマンモービル
運転させられてんの!?そんな主要キャラだったか。
腹ばいで突撃体勢になったゲイリー可愛すぎ!
一番の見せ場を任せられちゃった戸惑いっぷりもキュート。
いやー、悪玉、善玉、両方をこなせるのってすごいよね。

その次に良かったのは、キリアン・マーフィーです。
「28日後・・」では「イギリス人の若者」役で頑張ってたし、
「真珠の耳飾りの少女」の「肉屋の息子」とかは
キモくて印象に残ってたけど、別にキリアン自身には
何ら興味を抱いていませんでした。
でも、これだけ気持ち悪いと何だか好きになってしまいそうです。

何なんでしょう、あの胡散臭いくらい水色の目は。
義眼かコンタクトか、ってくらい虹彩が際立ってました。
髪型とかメガネをわざとらしく付けたり外したり、
唇を歪めて喋ったり座り方とかとにかく気持ち悪かった。
さすが、FLIXで「キリアンの首のかしげ方がちょっとイイ」と
評されただけのことはあります。
もう1回、「28日後・・」もチェックしなければ。
あと、あのスケアクロウのずた袋、薬キメてなくても怖いっス。

モーガン・フリーマンは、「オレ、名優」オーラが強過ぎて、
いやらしいのであまり好きじゃないんだけど、
このぐらいの出番なら、飄々とした愛嬌のある
素敵なジジイとして心安らかに見られますね。
この人とマイケル・ケインが
ギャグパートを担当してて面白かった。

ケイティ・ホームズは初めて見たけど、
なんというか全然美人じゃなくてビックリです。
可愛いけどね。スパイダーマンと一緒で、
やっぱスーパーヒーローの良き理解者は
小さい頃から共に育った幼馴染みなんですね。
またいかにも、隣りの姉ちゃん的庶民的風貌でした。

化粧法が悪いとか?なんかずっと顔が黒ずんでたし、
マスカラ付け過ぎ?目のフチが黒くて怖い。
何となく、ビ○レのCMで厚化粧している
辺見えみりを思い出しました。
あと、ロマンス部分てほとんどなかったですね。
お色気担当はベイルだし・・。寝起きシーンとか
上半身裸とかサービスが良いです。

それにしても、本日が「バットマンビギンズ」公開、
そして来週が「宇宙戦争」公開。
このタイミングで婚約を発表した
トム・クルーズとケイティはすごすぎです。
もうお前ら、似合いのカポーだよ。好きにやっとくれ。

そんで、話題の渡辺謙さんのことも一応触れておきますが、
あの国籍不明で瞬きしない感じがキモチ悪くて良かったけど、
あんなに大きく名前が出てる割には、出番少なかったですね。
まあ謙さんがバットマンの敵役を張れるはずもないので、
端役なことは皆さん予想済みだと思いますが、
影のラスボスはやっぱこの人!リーアム・ニーソンでした!
と言われても、日本だと「え、こんな地味な人が?」
とか言われてしまいそうで、ちょっと心配。

さあ、これだけ語っておいて、
肝心のクリスチャン・ベイルをスルーしてしまいそうですが、
これだけ作品色々見てるのに、midoroの心の琴線に
一切ヒットしないんですよねー。
だって、ベイルって普通に男前だし、
どっちかっつーと甘い顔だし、何よりバリバリのMなんだもん。
アホだし弱いし可愛いし、midoroの求めてるものと
対極の存在です。あまりに対極過ぎて、
ちょっと気になっちゃうのがベイルです。

一般的にはこの映画を見て、
「ベイル、カッコイイ!!」とかって思えるのかな?
どう考えてもブルースの弱さと至らなさと可愛らしさと
周囲に支えられての頑張りを見守る映画なんですが。
ブルース成長物語。それで合ってるよね?
それがベイルの魅力ですよね?
そして「バットマンビギンズ」ですよね?

だって、湖に落とされるシーンで、出ました!
雨に濡れた子犬だー!!
眉が下がってブルブルガチガチしている姿は
あまりにも弱々しくて大笑いでした。
あと、プレイボーイを演出するために、
水槽に入っちゃったり、ケイティ・ホームズから
2発も張り手喰らったり、もう弱ベイルやアホベイルファンには
たまらなかっただろうなと思います。

「スパイダーマン」で、
ビルから落ちてもケガ一つしないヒーローや、
身一つでビルの谷間を飛び回れる超人能力に慣れちゃってるから、
いちいち道具使わなきゃいけないブルースが
すごく頑張ってて「たいへんだなあ・・」と思ってしまいました。
戦いの後、あざを作ったりしてるのも痛々しいですね。
一瞬で姿を消したり、敵の後ろに回り込んだりするシーンでは
きっと、ブルース、陰でコソコソと移動してるんだろうな・・、と
なんか涙を誘われました。
どうも「カッコイイヒーロー」として見られない。
でも、リーアムとの最後の決着、
「殺しもしないが助けもしない」?だっけ?
あのベイルはちょっとカッコ良かったですね。

ベイルって、「マシニスト」のときは、
監督が全然そこまで求めてないのに
役者バカだから勝手に頑張ってあんなに痩せちゃって、
監督は多分引いてたんじゃないかと思いますが、
結果、映画の内容よりベイルの激痩せの方が
すご過ぎて、そればっかクローズアップされちゃったので、
完全に映画がベイルに食われた形になっちゃって
バランスが悪くて可哀想でした。

でも、クリストファー・ノーランは
ベイルのその頑張りっぷりを見て、
「こいつならやってくれる!」と期待し、
ベイルも「期待に応えたい!」と頑張って、
監督とベイルの需要と供給がガッチリマッチした結果の
バットマンなので、今回はほんと良かった。ハマリ役。
しかし、4ヶ月であんなに体重を増やせるベイルがおかしい。
絶対、この人早死にします。
でもそんなアホな頑張りがまたファンにはたまらないんでしょうね。

あとは一通り、ツッコンでおきますね。
初っ端、あんな軽装備でヒマラヤ登頂!?とか、
「影の軍団」コテコテだー!出たー、忍者!とか、
ウェイン父はいくら庶民派、庶民の味方とはいえ、
あんな正装してモノレールに乗ってたら、
すぐ襲われるよ!あんな大富豪がお付きも警護もなしに
裏通りを歩くなんてあり得ない、とか、
ウェイン社はあんなスーツとか車とか開発してて
一体何の会社だよ!とか、
なんでウェイン家の地下に滝のある鍾乳洞が?!とか、
なんでウェイン・タワーに貯水池が!?とか、
バットマン手裏剣は、一つ一つ手作りの逸品!?とか、
バットモービルがマキビシ?撒いてたり、
ツッコミどころは主に装備と設定方面にありましたね。

バットモービルとパトカーのカーチェイスなんて、
なかなかパトカーを振り切れず
延々追いかけっこしてましたが、
一体何キロで走ってるんだか知らないけど、
あれを追尾出来るパトカーの方がすごいです。

あと、毒薬の解毒剤をブルースが
持ち歩いてないのは妙でした。
おかげでレイチェルは死ぬとこでした。

レイチェルの「せめてお名前を」も古典的で笑ったけど、
それに対するブルースの答え方も古典的。
えっ、バラしていいの!?
しかも、わざわざ遠回しに言ってカッコつけるなよ!

それから、アルフレッドは世間に疑われないように
御曹司としての生活を演出しろ、とか余計なこと言ってましたが、
父の名を汚すなと口うるさく言ってる割りに、
あのブルースのバカぼんぼんぶりはOKなの?
あれは名を汚してないんですかね?

最後、梁の下敷きになったブルースを助けに、
アルフレッドが飛び込んで来るシーンも笑いました。
ひょっとして、アルフレッド最強!?
梁を持ち上げちゃうの!?と一瞬期待しましたよ。
Sなので、Mの子に自分でやらせましたけどね。

ということで、それぞれの役者の持つ魅力を
最大限に活かしきったキャスティングと
クリストファー・ノーランに乾杯!
頑張ったベイル&バットマンに乾杯!
一般的には、暗いしロマンス要素も薄いしアホだし、
多分それほどの評価は付かないと思うんだけど、
midoro的には満足です!

|

« 「PARIYA北青山店(表参道)」 | Main | 「オペラ座の怪人」祭り。 »

Comments

It is an incredible option to unlock, I'm from Mexico and now take pleasure in my Iphone launched, Additionally the most effective price and pace.

Posted by: How to Unlock Canada Koodo iPhone 4 for Free | June 02, 2015 at 23:56

Hello there, just became alert to your blog through Google, and found that it is truly informative. I am gonna watch out for brussels. I'll be grateful if you continue this in future. A lot of people will be benefited from your writing. Cheers!

Posted by: Karen | May 25, 2015 at 03:10

At this time it sounds like BlogEngine is the top blogging platform out there right now. (from what I've read) Is that what you are using on your blog?

Posted by: Sextreffen | May 19, 2015 at 04:26

I am sure this post has touched all the internet users, its really really good paragraph on building up new blog.

Posted by: visit your url | November 20, 2014 at 13:01

My partner and I stumbled over here from a different page and thought I might ceck things out. I like what I see so now i'm following you. Look forward to exploring your web page yet again.

Posted by: link homepage | November 18, 2014 at 01:19

Polar kebbits are located north of Keldagrim, and west of Trollweiss mountain. One big consideration is where you are going to store your boat and likely this will depend greatly on your budget. There are still unspoilt regions, but a lot of it is more like an open plan zoo that is not well maintained.

Posted by: fiberglass used Marine refrigerators for sale | November 11, 2014 at 21:41

Αfter a few weeks, hе became llead ѕinger for thhe Tam Tam house band, and would tyρically weaг sso much make-up onstage that one oϲcasion, the microphone becɑme smeared in lipstick; but the patrons liked him, and he'd pose and pout and throw his spare frame about for theіr Ьenefit. Watch moves online fгom a memberѕhiρ web site taught by pros - Let's break every single one particular dowen for the positives and negatives. Our guide on ѕitе іs a short, elderly Turkish gentleman fluent iin English, a retired history teacҺer.

Posted by: electrical conduit bender | November 05, 2014 at 17:37

I constantly emailed this webpage post page to all my friends, as if like to read it next my contacts will too.

Posted by: traitement hemoroide | September 18, 2014 at 06:32

On Mumbai Pune route, at khopoli there isa unique spot called Durshet forest lodge. You take a risk when selling on a product to a customer. There is a 54 percent chance that you will be able to detect your pregnancy six days before you miss your period with the First Response pregnancy test.

Posted by: hcg drops | September 08, 2014 at 13:19

Basically, you can only do 5 invoices, 5 proposals, and 5 expenses in the free version. When working under GAAP, revenues and gains have completely separate definitions. Itemized deductions and personal exemptions do not affect self-employment taxes.

Posted by: boca raton financial advisors | September 06, 2014 at 18:14

I loved as much as ʏou'll receive carried ߋut right here. The sketch is attractive, уoսr authored subject matter stylish. nonetɦeless, you command get gߋt аan nervousness oѵer thɑt you wiѕh be delivering tҺe follоwing. unwell unquestionably come fuurther formerlƴ аgain sincе exactly the same neаrly a lot оften inside casе yyou shield tҺis increase.

Posted by: remede hemoroide | September 03, 2014 at 10:22

Formed in 1997 by higҺ school frіends Tom Higցenson and Ken Fletcher,tҺe gгoup had a mostly undergrߋund following in Chicago basеments, clubs, and bars in its earlү years, and underwent numerߋus personnel changеs. His precise, foгceful fills propel thee band forеard with undeniable power. Thee tbing too also remembrr is that, in that time period, rougҺly 1988to 1994, there were ovеr two thousand bands listed in tҺe Boston - Phoenix Band Guide.

Posted by: bendire thrasher call | August 31, 2014 at 05:33

Terrific post however , I was wanting to know if you could write a litte more on this subject? I'd be very thankful if you could elaborate a little bit more. Kudos!

Posted by: host booter | August 21, 2014 at 17:58

It's difficult to find educated people on this subject, but you seem like you know what you're talking about! Thanks

Posted by: hemoroide | August 20, 2014 at 01:13

We stumbled over here different web address and thought I might check things out. I like what I see so now i am following you. Look forward to looking at your web page for a second time.

Posted by: Free Amazon Codes | January 22, 2014 at 14:53

せぷ様、二度もお越し下さってありがとうございます!
昨日は私がずっとごちゃごちゃと更新していたので、文字化けしていたのはそのせいかもしれません。
せぷ様のところに、偉そうなコメントをさせていただいておきながら、自分のところではこんなアホ丸出しの感想ばかりでお恥ずかしいですが、笑っていただけたとのことでありがとうございます。

せぷ様も、エンドロールでジリジリしてしまうお仲間でいらっしゃいますか!?
映画の長さは、中身の濃い文芸大作や歴史大作ならばまだしも、アクションとかちょっとB級入ってるエンタメ作品は絶対2時間!いや、むしろ90分で!と常々思っております。

それでは、こちらこそ今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

Posted by: midoro | June 21, 2005 at 02:20

midoroさん、コメント、ありがとうございました。
実は昨日も訪問したのですが、なぜだか文字化けで見えず、今日再訪問させてもらってます。
なにはともかく、長文感想、疲れ様でした。
かなり激しく笑わせてもらいました。
自分もmidoroさんと同様の理由で映画の後半が頭に入らないことがあります。
映画は二時間以内で収めるべきですよね。笑。
ではこれからもよろしくお願いします。

Posted by: せぷ | June 20, 2005 at 21:58

でんでん様、お越しいただいてありがとうございます。
アクションシーンについては、あ~る様のところで、わざと曖昧に姿をぼかしたのだ、ダークなイメージを印象付けるためだ、という記事を読んで、
なるほど!と思いましたが、もうちょっとハッキリ見たかったなーという気持ちもあります。
せっかく今回良かったのに、次作は監督が代わってしまいそうで心配ですが、いろんなバットマンが見られるのも面白いですよね。期待大です。

Posted by: midoro | June 19, 2005 at 15:46

midoroさんこんにちは。
コメント&トラックバックありがとうございます。
アクションシーンの動きが激しすぎて...って強く同意です(笑)。
しかも暗がりで何をしているかわからない。
ただエンターテイメントとバットマンワールドを両立させる上で難しい点だとは思います。
とにかくシリーズ次作は期待ですね。

Posted by: でんでん | June 19, 2005 at 09:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61026/4607333

Listed below are links to weblogs that reference 「バットマンビギンズ」死ぬほど長文感想。:

» 『バットマンビギンズ』 [明日へかける橋]
ティム・バートン版に負けてない。 うまく、ダークさと エンターテイメントの融合し [Read More]

Tracked on June 18, 2005 at 23:46

» バットマン ビギンズ [あ~るの日記@ココログ]
映画『バットマン ビギンズ』を観た。今作は『メメント』のクリストファー・ノーランが監督と脚本を勤めた。予告編などを観て大変期待していたが、期待以上の出来で満足。ヒーロー物はイメージが先行しているので、ダークヒーローを描くのは難しい。しかも、地味になりがちでハリウッド映画としては敬遠されるのでは。でも、『スパイダーマン』の成功で、バットマンの映画化も見直されたに違いない。 そのバットマンをクリストファー・ノーラン監督がどのように描くか興味深かったが、前半の人間ドラマの部分をじっくり描くことで独自の世界... [Read More]

Tracked on June 19, 2005 at 05:39

» 「バットマン ビギンズ」を観る [ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版)]
 今日は「バットマン ビギンズ」を観てきた。劇場でバットマンを観るのは第二作「バ [Read More]

Tracked on June 19, 2005 at 09:33

« 「PARIYA北青山店(表参道)」 | Main | 「オペラ座の怪人」祭り。 »