« 「キングダム・オブ・ヘブン劇場版」死ぬほど長文感想。 | Main | 「ディボーシング・ジャック」感想。 »

June 26, 2005

musical batonリサーチ説?

先日の「musical baton(ミュージカルバトン)」
割と気軽に回してしまったら、
その後の余波が何だか大きくてビックリしています。
肯定的に楽しんでおられる方ももちろんいらっしゃいますが、
あちこちで、これはスパムやチェーンメールと
同じものである、ということで問題になってるみたいですね。

自分も、お世話になっているブログさんから
回していただいたので抵抗なく答えられましたが、
もしこれが、普段交流のない方、全然知らない方から
突然こういうものが回って来たのだとしたら、
何だか怖くて無視してしまっただろうと思います。

で、皆様、このmusical batonとは一体何なのか、
誰が何の目的で回したものなのか、発祥などを
調べておられるみたいです。
その中で「ミュージカルバトンは実は音楽著作権管理団体による
壮大かつ大胆なリサーチプロジェクトである」

という説を考え付かれた方がいらっしゃるとお聞きしました。
「二匹狼の遠吠え」様です。↓
「ミュージカルバトンは音楽著作権管理団体の陰謀?」

ご自身でも、「無理がある」とはおっしゃられてるので
もしそういうことだったらすごいよね!くらいの
軽い感じだと思うのですが、たいへん失礼ながら、
えっ、それはやはり無理があり過ぎ・・とか思ってしまったので
なんでそう思ったかを書かせていただこうかと。

まず、なぜこれがリサーチだと思われるのか、ということを
大雑把に引用させていただきますが、
musical batonの質問の最初に来るのが
「コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量」だから、
ということだそうです。
そして、2番目以降の最近買ったCDや
思い入れのある曲は?という質問で統計対象を絞り込む、と。
こうやって、普段から音楽を聞いている人の
パソコン内の音楽ファイル容量を調べることは、
将来的に、パソコン内蔵の音楽データにまで課金するための
統計データリサーチに打ってつけなのでは、ということなのですが。

確かに1番目の質問だけ、他から浮いているんですよね~。
自分も答えるとき、えっ、何ソレ?と思いましたし。
パソコン内の音楽データ容量なんて聞いてどうするんだろ?と。
まあ、音楽好きの方は、自分のデータ量が他の方と比べて
多いなとか少ないなとか、この方は多くてすごいな、
とかを知るのがきっと楽しいのだろうと判断して答えたのですが。

さて、musical batonがもしリサーチ目的のためだとしたら、
一体どうやってそれらの回答をカウントしチェックするのでしょうか。
こういう統計に何件くらいのサンプル数が必要なのかは
分かりませんが、例えばあるブログさんを訪問して、
そこから追って行こうとしても、batonが5件に分かれて
更にその先で5件に分かれて、更にその先で、って
チェーンメールと言われるくらいだから、
こんな爆発的複合的派生をするものってチェックするのに
すごい手間暇かかるだろうし、どこまでをどういう順番で
サンプルにするのか、という定義をまず決めるのが大変ですよね。

実際に、musical batonを追ってらっしゃる方がいらっしゃるそうで
ビックリ!物凄いことになっておられます。
「hxxk.jp」様。
やはり、チェーンメールという構造の時点で、
リサーチ方法としては無理があるかも、と、
「二匹狼の遠吠え」様ご自身も指摘されておられます。

それに、ある特定のブログを1つ選んで、
そこから派生して行った先、100件までをサンプルとする、
とか決めたとしても、それらの抽出は
全くの無作為によるものではなく、
各ブログさんの恣意的選択、言うなれば好みによって
選ばれた指向性のある限定的なサンプルなので、
回答に偏りが出る可能性がありますよね。
サンプルとしては適当でない気がします。

それから、musical batonの2番目以降の質問は、
統計対象を絞り込むためではないか、ということなんですが、
統計対象って何でしょう。性別?年齢?地域?
思い入れのある曲とか買ったCDからそういうものが導き出せる?

そうすると、このmusical batonに回答した人がどういう人か、
どういう統計対象であるのかを知る前に、
そこに書いてある音楽のジャンルを
絞り込むことから始めなきゃいけないですよね。
例えば、ここで挙がっている名前のCDは、
ポップスだろう、ロックだろう、ジャズだろう、
だからこの人は恐らく○○代、しかも男性?
ということでしょうか。ちょっと無理がある・・。
「二匹狼の遠吠え」様も、musical batonの
発祥自体が外国とされているので説得力は弱いと
おっしゃっておられますが。

あと、これがリサーチだとした場合に、
良く分からないのが目的と統計対象の設定方法なんですよね。
目的がパソ内音楽データへの課金ってことなら、
本当は、日本中でパソ内に音楽データを保存している人が
どのくらいいて、データが全部でどのくらいあって、
それに課金したら一体いくらぐらいになるのか?
っていう予測というか見込みを立てたい訳ですよね?違うかなあ。

まあ日本中とは言わないまでも、
音楽好きの人が最低○万人は日本にいて、
そのうち○%はパソ内にデータを保存していて、
全体で○○ギガ?テラ?分からんけど、
○○のデータがパソ内に入っていることになるから、
1ギガ×○円で課金したら、このぐらいの金額は行きますよ、とか、
そういうことが知りたいんじゃないかと思うんですよね。

それとも単に「パソ内に音楽データを保存している人が
この世に何人いるのか?」って手当たり次第に
数えられるだけ数えたいだけ?
でも、その「数えたい」っていうのは、「統計」じゃなくて
普通に「計算」な気がするので、ここでの目的は統計だとして
知りたいのは上に書いたやつである、ってことにします。
とりあえず。

で、このmusical batonを使って統計を取ろうとしても、
そこで得た数値か指標を何かしらの大きな人数に対して
適用することって全然出来ないですよね。
統計対象がただ「パソコン&ネット環境があって
基本的に音楽好きな人」というだけでなく、
「ブログをやっていて、かつTBをもらえるほど
ブログ同士の交流もあって、更に回答する意欲のある人」
と、条件がかなり絞られているから、
指標となるデータを得るためのサンプル自体が偏っている訳です。
有効回答総数も分からないし。

これが統計リサーチだったとしたら、
目的の数字を得るために必要な指標を得るためには、
まずは無作為なサンプル抽出が必要ですよね。
目的が例えば「日本全体」の中の「音楽好きな人」の数だとしたら、
居住地域・世代・性別関係なく無作為に抽出した
サンプルを使い、「20代の若者」の中での
「音楽好きな人」の数なら、20代の若者の中で無作為に
抽出したサンプルを使い、とにかく
サンプルという小さい世界の中でのパーセンテージというか、
指標をまず出して、その指標を目的とする大きな数字の世界に
置き換えなきゃいけないわけですよね?

ほんとに例えばですけど、
「無作為に抽出した日本人1000人のうち、
音楽を日常的に聞く人が200人いた。
→日本人全体では○万人音楽を聞く人がいる」とかそういう感じ。

ですが、musical batonでは、
統計の対象、そしてサンプルが偏っているために、
例えばですが、日本全体における音楽人口の割合も、
その音楽人口の中でのパソ内データ保存率も分からない。
musical batonを使ったサンプルで得られるのは、
あくまで「パソコン&ネット環境があって、
かつブログをやっていて、更に音楽好きな人(例えば100人)」
という限られた人の中でのパソ内データ保存率と
音楽データ量の実数です。とても限定的な数値なので
指標としては使えません。(多分)

この実数をもっと大きな数字の中に反映させようとしても、
この場合、目的となるべき大きな数字自体が何か分からない。
日本人全体の中で、「パソコン&ネット環境があって
かつブログをやっていて、音楽好きの人」が
一体何人いるのか、という数字が先に出てれば別ですけど。

ということで、偏ったサンプルの中で得られたデータは
あくまでそのサンプルの中だけのものだけであって、
大きな数字の中で傾向を分析するための指標とはならない。
musical batonが回っている限られた人の中での
パソ内音楽データ保存率及び人数が分かっても、
それが全体(何を持って全体とするかは分からないけど)の中で
どのぐらいのパーセンテージに当たるのか、ということが
分からない以上、musical batonは統計リサーチとは言えない、
という結論になると思うのですが、いかがでしょう。

ああっ、長い長過ぎる。混乱して来た。
意味通じますか?この文章。
midoroは統計のことは何も知らないので、
何の根拠もなく書いてしまっているのですが(すみません!)
もしお詳しい方がご覧になったら、
こんな長々とまどろこしいこと言わなくたって、一目でこの説は
成立し得ないということが指摘出来るのに、
なんてアホな奴だ!と思われることでしょう・・。
ていうか、お前筋が通ってないゾ!とかツッコンでやって下さい。

あと、midoroの書いたことは全然間違ってて、
別のリサーチ目的があるということも考えられるし、
こういうmusical batonというものを使った手法でも
何らかの有効なサンプルとデータが得られるのだ、
って結論が出るのかもしれないので、
もしお詳しい方がいらっしゃいましたら、
ご意見を宜しくお願い致しますです。

最後に、「二匹狼の遠吠え」様、
引用させていただきまして、ありがとうございました!

|

« 「キングダム・オブ・ヘブン劇場版」死ぬほど長文感想。 | Main | 「ディボーシング・ジャック」感想。 »

Comments

Does your site have a contact page? I'm having a tough time locating it but, I'd like to send you an e-mail. I've got some suggestions for your blog you might be interested in hearing. Either way, great site and I look forward to seeing it develop over time.

Posted by: p120 dsc p150 | December 15, 2014 at 11:19

Hi there, yes this post is genuinely good and I have learned lot of things from it about blogging. thanks.

Posted by: arma ii operation arrowhead features | November 30, 2014 at 16:33

Hey there! Do you use Twitter? I'd like to follow you if that would be ok. I'm absolutely enjoying your blog and look forward to new updates.

Posted by: Far Cry 4 download | November 27, 2014 at 10:38

My programmer is trying to convince me to move to .net from PHP. I have always disliked the idea because of the expenses. But he's tryiong none the less. I've been using Movable-type on a variety of websites for about a year and am anxious about switching to another platform. I have heard fantastic things about blogengine.net. Is there a way I can import all my wordpress posts into it? Any kind of help would be really appreciated!

Posted by: adapter samsung admire | November 16, 2014 at 11:09

Munegon様、早速お越しいただいて、たいへん丁寧なコメントをいただきまして誠にありがとうございました!

まず、対象の絞り込みについてですが、この設問と回答からは「この人は普段から音楽を聞いている(だろう)」「CDをマメに買っている(らしい)」という、ある個人についての主観的な判断というか推測を行うことは可能でも、対象の絞り込み、というからには、本来、彼らが何の集団(カテゴリ)に属し、どこに位置する存在なのか(レベル)ということを頻度や数量などの客観的なデータでもって比較しなきゃならないですよね。

彼らの回答を比較して分類するための「週に○回」「1日に○時間」「1ヶ月に○枚」などという、具体的で客観的な数字データがそこにない以上、統計学的にはやはりこれは意味のない質問であって、この設問が対象の絞り込みのためのものである、とは言えないのではないかと思いました。

絞り込みが「音楽が好き」「音楽が嫌い」の2つぐらいで良いなら、この設問でも良いのかもしれませんが、そもそも回答者は「音楽が好き」であることが大前提なので、その中で細かい比較やレベル分けの出来ないような質問をわざわざ行うというのは、やはり統計目的ではない気がします。

あと「最低5つは思い入れのある曲があるくらい音楽好きな人」ということですが、私はほとんど音楽を聞かない人間なのですが、それでも5つくらいは普通に挙げられるので、これは音楽好きであることの証明、絞り込みにはならないんじゃないかなと思いました。「思い入れのある曲を片っ端から挙げろ!合計何曲?」という設問ならまだ分かる気がしますけれども。

しかし、後半のコメントを拝見させていただいて、自分がすごい誤解をしていたことが分かりました。私は「こんなやり方ではとても統計とは呼べない、よってこれは統計目的ではない」という意味の文章を書いてしまっていたのですが、Munegon様のおっしゃっておられたのは「そういう統計とも呼べないようなやり方で、いい加減なリサーチをしようとしている(のではないか)」ということだったのですね。

きちんとしたデータを得ることがリサーチの目的なのではなく、逆に自分たちの都合のいいように数字を捏造しようというのが目的であるなら、こういう曖昧なやり方を取るのも分かります。

自分の記事の方で「音楽好きの人数やどれくらいデータを保存している人がいるかということをただ数えたいだけなら統計ではなくそれは計算だ」という意のことを書いたのですが、目的は「計算」で良かった訳ですね。対象の絞り込みも何も、音楽好きというか、ちょっとでも音楽を聞く人がどのくらいデータを保存しているのかが分かればそれでOKと。

つまり、これは統計リサーチではなく、アンケートに当たるんでしょうか?集めたアンケートをザーッと流し読みして、「うん、やっぱり皆データを保存してるな!」と「誰か」が確信を深められればいいという。

あと、「CDが売れなくなったのは共有ソフトのせい」という主張も明確な根拠やデータはないんですか!?自分もそれってメーカーとか販売店の被害妄想じゃ・・と常々思ってました。レンタル屋が出来ようが、中古安売りショップが増えようが、データが簡単にコピー出来ようが、本当に欲しいCDは皆さん、自分で購入されてますよね。データコピーで足りるような音楽は、コピー出来なくても自分で買うかどうか・・。

話がズレましたが、こちらこそまた長くなってしまいまして、申し訳ございませんでした。Munegon様の記事を拝見して疑問に感じたことを、自分に対して上手く説明してやることが出来ず、つい長々と書いてしまったのですが、それを全部お読み下さって、ご丁寧なコメントまで付けて下さったMunegon様に深く感謝致します・・!

Posted by: midoro | June 28, 2005 at 23:48

はじめまして、ご紹介ありがとうございます。

まず絞り込みについてですが、これは私の方の表現がまずかったので
もっと単純に捉えてもらえればと思います。
つまり、普段から音楽を聴いていて、かつCDを自分でマメに買っていて
かつ最低5つは思い入れのある曲があるくらいの音楽好きな人。

そんな人たちが私的利用のための音楽CDの複製を一体どれだけ
行なっているかが漠然と分かればHDD課金案は進められます。
なんせ「CDが売れなくなったのはファイル共有ソフトのせい」という説を
統計的には全く根拠がないのに打ち出してますから。
むしろ、日本人全体に対する割合なんて出ちゃうとまずいんですよ。

ちなみに、無作為抽出の場合は母集団の数に関わらず
サンプル数が2000件もあれば統計データとしては有効らしいので
バトンを回したブログから無作為に抽出したーとか誤魔化して
HDD課金するべきだとか勝手な根拠を後付け可能なのでは?
とか考えました。

あああ、長文コメントすみません;

Posted by: Munegon | June 27, 2005 at 06:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61026/4722745

Listed below are links to weblogs that reference musical batonリサーチ説?:

« 「キングダム・オブ・ヘブン劇場版」死ぬほど長文感想。 | Main | 「ディボーシング・ジャック」感想。 »