« May 2005 | Main | July 2005 »

June 30, 2005

角川文庫夏の100冊。

今年は2冊買ったらもらえるキャンペーン、
ブックカバーがもらえるのですね!!
しかも6種類から好きなのを選べるなんて!
わー、ケロロ軍曹とかある。
アランジアロンゾのペンギンも気になるけど、
ここはやっぱり、カバのディス君でしょう!!
もっとディス君がデカイデザインだと良かったけど。

早速、2冊買って来ました。
2冊も買うものなかったらどうしよーと思ったけど
幸いありました。
「ファースト・プラオリティー」山本文緒
「アーモンドチョコレートのワルツ」森絵都
可愛い素敵なOLさんみたいなチョイスだな・・。

山本文緒はブレイクする前から好きでした。
毒がね。毒。
これ、読み出してから単行本ですでに読んでることに
気付いた。もう記憶力悪くて。ほんとに。

全て31歳の女性が出て来る連作短編なんだけど、
どの人もこの人も軽いのから重いのまで
いろんな問題を抱えていて、ダメ人間31歳とか出て来ると
うわー、ヤバイと思いつつ共感しそうになったり、
私はまだここまで行ってないや、良かったとか安心したり。
なさそうでありそうなリアルさが丁度いい感じです。

不幸でも問題が解決しなくても、
最後にはどこか希望を持たせるような、
後味の良い語り口も好ましい。
「庭」は思わず泣きそうになってしまった。ていうか泣いた・・。
これは普通に心温まる良いお話です。

「アーモンド入りチョコレートのワルツ」は
この手の甘い・素敵な・青春・小説にしては
作者がまともですね。自意識が強くなくて
客観的だし、文章も自然。子供を書くと、
話し言葉が不自然な人多いけど、
この人の書く子供は違和感ありません。
まずまずですな!

本当は「GOTH」なら上・下巻だから
丁度2冊になるし、乙一読んだことないから
これを買おうかと思ったんだけど、
パラパラとめくってみたら、なんか・・あまり・・。
ひょっとして、あまり文章は上手くない?
ちょっと不安になりました。
いつかは読まねばならんだろうが。

さ、ブックカバー応募しよっと!

| | Comments (8) | TrackBack (2)

June 29, 2005

SINGER SONGER ばらいろポップ。

渋谷HMVの前を通りかかったら、
キャンペーンやってました。
「ばらいろポップ」を買ったらくじが引けて、
缶バッチかタオルをもれなくプレゼント!とのこと。

この間、musical batonに回答して
Coccoのことを懐かしく思い出したばかりなので、
うおーナイスタイミング!と思ってつい買ってしまいました。
シングル「初夏凛々」のクリップも店頭で流れてて、
お姫様のカッコしたCoccoが、
岸田君とかメンバーを抱き起こしてるのがエライ可愛い。
「今世紀最後のイケメンバンド」みたいなコピーも笑える。

Coccoって昔は、ほんとうっかり
あっちの世界に行っちゃいそうな、
ヤバ目で危うい印象があったんですが、
今はすごい落ち着いて安定した感じですね。
「NO MUSIC, NO LIFE」の違う編曲のやつが
入っててすごい懐かしかった。

で、くじを引いたらmidoroはこういうもので
当たった試しがないのに、
タオルが当たりましたよー!!わーい!
よっぽど当たりが多かったんだろうな。
青とピンク、2色から選べて、
何となくほんとはここはピンクにすべきなんだろうけど、
ついつい無難に青に流れてしまいました。
あーでも、しっかりした、いいタオルだー!
スポーツジムで首に巻こうっと。幸せ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

6月の更新履歴。

→★「オペラ座の怪人」祭り、細々と開催中!★
更新は停滞してますが、DVD出るまでは一応。って8月かい!!

6月29日 死ギャー!惜しい!10002だって!どうせなら自分で
      1万踏みたかった!・・・ブログ開始から8ヶ月、
      ほとんどが「オペラ座の怪人」のおかげなのですが、
      万の位まで到達出来たことを非常に嬉しく思います。
      お越し下さった皆様、誠にありがとうございました。
      そして今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます~。

gl-new076月28日 いよいよ、明日あたりで1万越えしそうです。
      「MOVIE」に「ディボーシング・ジャック」を追加。
      あと、今頃「キングダム・オブ・ヘブン」
      死ぬほど長文感想を追加。今度は5時間か・・。
      今日は「0:34(レイジ34フン)」と「アイランド」の
      試写会に片っ端から応募しまくり!!
      当たれ~!!って、言ったこの時点で
      もう当たらないっぽい・・。試写会って忘れてると
      当たりますよね。7月は「皇帝ペンギン」も見たいです。
     
6月26日 「etc..」に「musical baton リサーチ説?」を追加。

6月20日 ギャー出た、カウンター100超え!
      今日こそバットマン効果です。
      宇宙戦争&SW3にやられるまで頑張れ!!

6月19日 おお、久々のアクセスカウンター50超え!
      これはバットマン効果かな?
      「etc..」に「musical baton」を追加しました。
      いやー、まさかmidoroに回していただけるとは。

6月18日 「MOVIE」に「バットマンビギンズ」感想追加!
      うっわー、4時間もかかった。ほんと暇だなあ・・。
      テンション上がったので、久しぶりに
      「オペラ座の怪人祭り」コーナーに
      「ファントム・オブ・パラダイス(1974)」を追加。
      2ヶ月前に途中まで書いてたやつです。遅い。

6月17日 「FOOD」に「PARIYA(表参道)」を追加。

6月16日 「MOVIE」に「オンラインDVDレンタル、その後」
      予想どおり見てません。それより!aim_icon_S
バットマン、もうすぐですよ~。ああー楽しみです。
初日の初回に見に行ってやる。こんなの何年ぶりだ?
今日配布のR25も無事ゲットしました。什器に貼ってある
      バット・シールが欲しいよう!剥がそうかと思いました・・。

6月15日 「COMICS」に「月館の殺人。再び」を追加。
      「etc..」に「にわか健康ブーム」を追加。     

6月14日 9100番を「ぱ★とらっしゅ」のともみん様が
      踏んで下さいました!わーい♪
      初めて申告をいただいて嬉しかったので、
      キリ番ゲッターはご紹介することに決定です。(勝手に・・)
      ともみん様、ありがとうございました!

6月11日 「FOOD」に「TOMPOOYA(東風家)(銀座)」を追加。
      「MOVIE」に「クローサー」追加。お腹いっぱいです!

6月8日 「FAVORITE」に「キュートボディー」追加。
     しかし、5月と打って変わって映画見てません!
     日中よく動いてると、眠くて夜起きてられないですね。

6月7日 ギャフ!キリ番踏み逃したぁ!
     8888踏みたかったのに1番違い!あーあ。
     9999と10000は何か祝った方が良いのかなあ~。

6月5日 「etc..」に「また2次会」。2日間で諸々2万7千円。
     式に呼ばれなくて助かった・・。

6月4日 「etc..」に「マハラジャ体験」追加。行っちゃいました。
     「どろどろ部屋」に「あほみどろの酒」

| | Comments (46) | TrackBack (0)

「ディボーシング・ジャック」感想。

作品の評価:☆☆☆
好き度:☆☆☆☆
萌え度:☆☆☆☆

デヴィッド・シューリス萌えも
最近すっかり沈静化してしまい、
オンラインレンタルにわざわざ入会してまで
DVD借りたというのに1ヶ月もほったらかしでしたが、
「キングダム・オブ・ヘブン」でのシューリスが
いやらしいくらい可愛かったので
元気出して挑戦しました。

そしたら!!んもう!シューリス!
お前は何でそんなキモ可愛いんだー!!
ベッドからいきなりパンツで生足!
白い!細い!なよっちい!
もう、ほとんど全編そんな感じですよ!
濡れ場で白くてスラッとした足が写ったので、
女の子の足かな?と思ったら、なんとシューリスだよ!
若い女の子よりキレイで長い足って
一体どーゆーこと!!ギョッとしました。

初めの方の衣装がまた可愛くてねえ・・。
シャツとかジャケットとかさあ、カラフルでさあ。
似合うのなんの。おうちも可愛いんだ、これが。

そして、あの小首の傾げ方といい、
胡散臭い手のアクションといい、
やたら指先を強調するとこといい、
煙草吸ったりフラフラ歩いてたり、
ベンチにスライディングしたり、
悪者に囲まれてるのに、一番背が高かったり、
もうおかしいとこだらけで可愛くて可愛くて!!
だから何で、乙女座りやねん!!
もおおおお!へなへな~って可憐に
横座りしちゃう35歳(当時)なんて、
この世でお前だけだ!!

でも、初めておかしくもキレてもいない、
ごく普通の成人男性の役を観たような気が
するなあ。アル中だけど・・。
しかも主役だし!!うーん、貴重だあ。

さて、そろそろ普通の映画としての感想も書こうか・・。
全然話を知らないで観てたんですが、
てゆーか、途中までシューリスは「ジャック」という名前で
離婚されちゃう話だと思ってた・・。
だって、題名が・・。そしたらこの題名がすでに
ミスディレクションなわけですね!
せっかくの伏線なのに、たいした意味なかったけど。

で、舞台は北アイルランドのベルファスト。
シューリスはアル中でジョーク大好きな
皮肉屋の新聞記者です。
シューリスがすごいシャレとかおもろいことを
沢山喋ってるのに、ちっとも聞き取れなくて悲しいよ!
なんと、このDVDには英語字幕が付いてません!!
ああっ、シューリスは一体何てギャグを言ったの!?
しかも、特典インタヴューは日本語字幕付いてないしさあ!
シューリスがボソボソ喋ってるからちっとも聞き取れません。
くそー、いくらヘボいDVDだからって手を抜くな!!

すみません、話を戻します。
で、ベルファストは大統領戦の真っ最中な訳です。
新聞記者のシューリスが事件に巻き込まれておおわらわ、と。
そ、それだけなんですけどね・・。
最初のとぼけたコミカルで可愛らしい雰囲気とは裏腹に、
途中から案外バイオレンスで毒もたっぷりだったので、
唖然としましたが、これはいい意味で裏切られました。
でも「痛快ハードボイルド」ってのはジャンルが違うと思う・・。

いまいちなのは、「ディボーシング・ジャック」の謎が
解明されてから、結末までが長過ぎるんですよねー。
だってそこから新たな登場人物とか出て来て、
そこから本当の話が始まるくらいだし。
題名にするくらいのオチとかネタは、
最後の最後のどんでん返しまで
大事に取っておいて欲しかったなあ。

話が真面目になってからの後半は、
シューリスも変なヅラ被ったり
ダサいジーンズ履いたり、カッコ悪いとこ前面に
押し出してたのであんまり萌えなかったし、
シューリスより脇役の方がカッコ良くって
ストーリーもたいして盛り上がらなかったけど、
いかにもイギリス映画らしい辛辣なユーモアが好きな人と
シューリスファンは必見!マジ必見!!

コリン・ベイトマンの原作も気になります。
でも、邦題「ジャックと離婚」はないだろう!!
それじゃ、伏線もクソもないよ!
ああ、DVDも欲しいなあ・・。5000円もするんですけど・・。
意外に面白いからもっと注目されて
廉価版になって普及してもいいのに!
皆、見てぇ。

【以下、ネタバレ注意!!】
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
脇のキャスティングが皆良かったです。
マーガレット!あの子、口大きくて可愛いぃ。
ワインラッパ飲みとか、ロリっぽい白タイツに厚底靴とか、
シューリスの挙動不審に、いちいち
「えええ!?何、この人!超キョドってる!キュート!」
って表情をするのが可愛くて。
ミントをあげるって、無邪気に口空けるのも、
「美味しかった」ってクスクス笑ってるのも可愛かった。

でも、ゲロ吐いた直後の人とキスするか!?
シューリスも、便所の床に付いた手で
口の周り拭ってるしさあ。ひぇー。
トレスポを思い出したけど、ほんと外国人は
便所に寛容だよね。しょっちゅう便器触ってる気がする。
さすが土足で暮らしているだけのことはある。
風呂の隣りに便所があるんだから、
大して汚くも感じないのかも。

あと、マーガレットが口から血をごぼごぼ
させながら、必死で「ヴォ、ヴォ・・ク」って
言ってるのはすごいリアルでした・・。
シーツ血まみれだし、そういうのが平気なmidoroも
全然予想してなかったので、結構ギクッとしました。
こ、怖かった。

で、「ディボーシング・ジャック」が
ドヴォルザーク」だった、っていうのは
そのアホっぽさが個人的にツボです。
いやー英語圏ならでは。確かに聞こえるし。
でも、そのネタがあまり生きてない気がするんだよね・・。
だって、ヒントがDのテープだっていうなら
ドヴォルザークなんて言うより、
一言、「テ、テープ」、って言った方がわかるじゃん。
大体、あれがドヴォルザークのテープだなんて
皆忘れてるって!

後は、もちろん尼さんコスプレ看護婦役の
レイチェル・グリフィスも強そうで良かったです。
あの二丁拳銃って何のパロディだ!?
ああいう映画、どっかにあるよね。
「オレの方がデカイ」にはシビれた~。

黒人記者があっさり死んじゃったのは
ビビりました。ハリウッドじゃあり得ない。
嘘でしょ、まだ生きてんでしょ?!って
何回も思ったけど、ほんとに死んでたね・・。
うーん、シュールというか何というか。

悪役のジェイソン・アイザックスも良かったです。
ルシウス様が出てるなんて知らなかったヨ。
つーか、若い!このときはまだ角を曲がってないね!?
目にやっぱ強い鋭い光があるんですなあ。
ちょっとイッちゃってそうで危なくて怖いのに、
何だか可愛いっていうところがすごい。
こうやって観ると、ちょっとジュード似てない?
いやー、ルーピン先生とルシウス共演なんて
美味しいなあ~。

しかも、大統領候補のブリンって、
ホーンブロワーの館長じゃないですか!!
ああ、あのアゴのあたりは確かに!
うおー、これも美味しいゾー。

で、最後、両方どっかん!と爆発しちゃったのも
良かったです。悪人の自滅、もしか相討ちは
良くあるパターンだけど、まさか両方が揃って爆薬を
しかけてるなんて思わなかったよ・・。
しかも、同時じゃなくて時差があるところがまたナイス。
すごい思い切りのいいラストですね。
悪い奴皆殺し。

あれ、でもさあ、シューリスってば、うっかり
マーガレットの母親を殺してたよね・・。
あれってどうなるだぁ、すっかり忘れられて
ハッピーエンドみたいだったけど・・。
マーガレットを殺した奴と同じ犯人だ、ってことで
上手く処理されたのかしら・・。
シューリスの良心の呵責は一体・・。
結局、そういうの別にないんだよね。
心を描いてる映画じゃないし。
政治も、とりあえずネタに使ってはみたものの、
結局は風刺とユーモア。以上。って感じ。

でもまあ、もう1回、台詞を聞き取るために
頑張って観ようかなー。

| | Comments (24) | TrackBack (1)

June 26, 2005

musical batonリサーチ説?

先日の「musical baton(ミュージカルバトン)」
割と気軽に回してしまったら、
その後の余波が何だか大きくてビックリしています。
肯定的に楽しんでおられる方ももちろんいらっしゃいますが、
あちこちで、これはスパムやチェーンメールと
同じものである、ということで問題になってるみたいですね。

自分も、お世話になっているブログさんから
回していただいたので抵抗なく答えられましたが、
もしこれが、普段交流のない方、全然知らない方から
突然こういうものが回って来たのだとしたら、
何だか怖くて無視してしまっただろうと思います。

で、皆様、このmusical batonとは一体何なのか、
誰が何の目的で回したものなのか、発祥などを
調べておられるみたいです。
その中で「ミュージカルバトンは実は音楽著作権管理団体による
壮大かつ大胆なリサーチプロジェクトである」

という説を考え付かれた方がいらっしゃるとお聞きしました。
「二匹狼の遠吠え」様です。↓
「ミュージカルバトンは音楽著作権管理団体の陰謀?」

ご自身でも、「無理がある」とはおっしゃられてるので
もしそういうことだったらすごいよね!くらいの
軽い感じだと思うのですが、たいへん失礼ながら、
えっ、それはやはり無理があり過ぎ・・とか思ってしまったので
なんでそう思ったかを書かせていただこうかと。

まず、なぜこれがリサーチだと思われるのか、ということを
大雑把に引用させていただきますが、
musical batonの質問の最初に来るのが
「コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量」だから、
ということだそうです。
そして、2番目以降の最近買ったCDや
思い入れのある曲は?という質問で統計対象を絞り込む、と。
こうやって、普段から音楽を聞いている人の
パソコン内の音楽ファイル容量を調べることは、
将来的に、パソコン内蔵の音楽データにまで課金するための
統計データリサーチに打ってつけなのでは、ということなのですが。

確かに1番目の質問だけ、他から浮いているんですよね~。
自分も答えるとき、えっ、何ソレ?と思いましたし。
パソコン内の音楽データ容量なんて聞いてどうするんだろ?と。
まあ、音楽好きの方は、自分のデータ量が他の方と比べて
多いなとか少ないなとか、この方は多くてすごいな、
とかを知るのがきっと楽しいのだろうと判断して答えたのですが。

さて、musical batonがもしリサーチ目的のためだとしたら、
一体どうやってそれらの回答をカウントしチェックするのでしょうか。
こういう統計に何件くらいのサンプル数が必要なのかは
分かりませんが、例えばあるブログさんを訪問して、
そこから追って行こうとしても、batonが5件に分かれて
更にその先で5件に分かれて、更にその先で、って
チェーンメールと言われるくらいだから、
こんな爆発的複合的派生をするものってチェックするのに
すごい手間暇かかるだろうし、どこまでをどういう順番で
サンプルにするのか、という定義をまず決めるのが大変ですよね。

実際に、musical batonを追ってらっしゃる方がいらっしゃるそうで
ビックリ!物凄いことになっておられます。
「hxxk.jp」様。
やはり、チェーンメールという構造の時点で、
リサーチ方法としては無理があるかも、と、
「二匹狼の遠吠え」様ご自身も指摘されておられます。

それに、ある特定のブログを1つ選んで、
そこから派生して行った先、100件までをサンプルとする、
とか決めたとしても、それらの抽出は
全くの無作為によるものではなく、
各ブログさんの恣意的選択、言うなれば好みによって
選ばれた指向性のある限定的なサンプルなので、
回答に偏りが出る可能性がありますよね。
サンプルとしては適当でない気がします。

それから、musical batonの2番目以降の質問は、
統計対象を絞り込むためではないか、ということなんですが、
統計対象って何でしょう。性別?年齢?地域?
思い入れのある曲とか買ったCDからそういうものが導き出せる?

そうすると、このmusical batonに回答した人がどういう人か、
どういう統計対象であるのかを知る前に、
そこに書いてある音楽のジャンルを
絞り込むことから始めなきゃいけないですよね。
例えば、ここで挙がっている名前のCDは、
ポップスだろう、ロックだろう、ジャズだろう、
だからこの人は恐らく○○代、しかも男性?
ということでしょうか。ちょっと無理がある・・。
「二匹狼の遠吠え」様も、musical batonの
発祥自体が外国とされているので説得力は弱いと
おっしゃっておられますが。

あと、これがリサーチだとした場合に、
良く分からないのが目的と統計対象の設定方法なんですよね。
目的がパソ内音楽データへの課金ってことなら、
本当は、日本中でパソ内に音楽データを保存している人が
どのくらいいて、データが全部でどのくらいあって、
それに課金したら一体いくらぐらいになるのか?
っていう予測というか見込みを立てたい訳ですよね?違うかなあ。

まあ日本中とは言わないまでも、
音楽好きの人が最低○万人は日本にいて、
そのうち○%はパソ内にデータを保存していて、
全体で○○ギガ?テラ?分からんけど、
○○のデータがパソ内に入っていることになるから、
1ギガ×○円で課金したら、このぐらいの金額は行きますよ、とか、
そういうことが知りたいんじゃないかと思うんですよね。

それとも単に「パソ内に音楽データを保存している人が
この世に何人いるのか?」って手当たり次第に
数えられるだけ数えたいだけ?
でも、その「数えたい」っていうのは、「統計」じゃなくて
普通に「計算」な気がするので、ここでの目的は統計だとして
知りたいのは上に書いたやつである、ってことにします。
とりあえず。

で、このmusical batonを使って統計を取ろうとしても、
そこで得た数値か指標を何かしらの大きな人数に対して
適用することって全然出来ないですよね。
統計対象がただ「パソコン&ネット環境があって
基本的に音楽好きな人」というだけでなく、
「ブログをやっていて、かつTBをもらえるほど
ブログ同士の交流もあって、更に回答する意欲のある人」
と、条件がかなり絞られているから、
指標となるデータを得るためのサンプル自体が偏っている訳です。
有効回答総数も分からないし。

これが統計リサーチだったとしたら、
目的の数字を得るために必要な指標を得るためには、
まずは無作為なサンプル抽出が必要ですよね。
目的が例えば「日本全体」の中の「音楽好きな人」の数だとしたら、
居住地域・世代・性別関係なく無作為に抽出した
サンプルを使い、「20代の若者」の中での
「音楽好きな人」の数なら、20代の若者の中で無作為に
抽出したサンプルを使い、とにかく
サンプルという小さい世界の中でのパーセンテージというか、
指標をまず出して、その指標を目的とする大きな数字の世界に
置き換えなきゃいけないわけですよね?

ほんとに例えばですけど、
「無作為に抽出した日本人1000人のうち、
音楽を日常的に聞く人が200人いた。
→日本人全体では○万人音楽を聞く人がいる」とかそういう感じ。

ですが、musical batonでは、
統計の対象、そしてサンプルが偏っているために、
例えばですが、日本全体における音楽人口の割合も、
その音楽人口の中でのパソ内データ保存率も分からない。
musical batonを使ったサンプルで得られるのは、
あくまで「パソコン&ネット環境があって、
かつブログをやっていて、更に音楽好きな人(例えば100人)」
という限られた人の中でのパソ内データ保存率と
音楽データ量の実数です。とても限定的な数値なので
指標としては使えません。(多分)

この実数をもっと大きな数字の中に反映させようとしても、
この場合、目的となるべき大きな数字自体が何か分からない。
日本人全体の中で、「パソコン&ネット環境があって
かつブログをやっていて、音楽好きの人」が
一体何人いるのか、という数字が先に出てれば別ですけど。

ということで、偏ったサンプルの中で得られたデータは
あくまでそのサンプルの中だけのものだけであって、
大きな数字の中で傾向を分析するための指標とはならない。
musical batonが回っている限られた人の中での
パソ内音楽データ保存率及び人数が分かっても、
それが全体(何を持って全体とするかは分からないけど)の中で
どのぐらいのパーセンテージに当たるのか、ということが
分からない以上、musical batonは統計リサーチとは言えない、
という結論になると思うのですが、いかがでしょう。

ああっ、長い長過ぎる。混乱して来た。
意味通じますか?この文章。
midoroは統計のことは何も知らないので、
何の根拠もなく書いてしまっているのですが(すみません!)
もしお詳しい方がご覧になったら、
こんな長々とまどろこしいこと言わなくたって、一目でこの説は
成立し得ないということが指摘出来るのに、
なんてアホな奴だ!と思われることでしょう・・。
ていうか、お前筋が通ってないゾ!とかツッコンでやって下さい。

あと、midoroの書いたことは全然間違ってて、
別のリサーチ目的があるということも考えられるし、
こういうmusical batonというものを使った手法でも
何らかの有効なサンプルとデータが得られるのだ、
って結論が出るのかもしれないので、
もしお詳しい方がいらっしゃいましたら、
ご意見を宜しくお願い致しますです。

最後に、「二匹狼の遠吠え」様、
引用させていただきまして、ありがとうございました!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

June 22, 2005

「キングダム・オブ・ヘブン劇場版」死ぬほど長文感想。

【7月8日:追記】

映画「キングダム・オブ・ヘブン」を正しく理解するためには、
字幕の改善が必須!!ということで、
字幕のどこがどのように問題だったかを詳細に検証され、
更に、DVD化されたときの字幕改善を求めて
署名運動を立ち上げられた方がいらっしゃいます。
こちらのブログさんでは関連サイトさんを
まとめて下さってますので、ご興味のある方、
是非ご覧下さいませ。

戸田なっち、リドリーがギリギリまで編集粘ったため、
作品が全て完成する前に字幕を付けなきゃいけなかったらしく、
色々大変だったそうですが、それはさておき、
間違いとか解釈の違いが結構あるので、
これはDVDでは訂正されるといいですね。
かなりストーリーが分かりやすくなると思います。
midoroも署名させていただきます☆

***************************

作品の評価:☆☆☆(映像+戦闘シーン+キャスティング)
好き度:☆☆
萌え度:☆☆☆☆(ひとえにエルサレム王のおかげ~)

エルサレム王のあまりの評判の高さに、
公開終了ギリギリ、滑り込みで観に行きました。

・・・んんー。

すみません、個人的趣味で
死ぬほどぶっ叩きますので、
純粋にこの映画に感動された方、
リドリー最高!オーリィ最高!と思われた方は
どうか回れ右でお願い致します。

この作品の評価、結構悩みました。
もし監督がリドリー・スコットだって知らなくて、
こんなにお金をかけた大作映画じゃなかったら、
「こんな映画撮るのは、どこのすっとこどっこいじゃ!!」
って張り倒したくなると思うもん。
一言でいえば、「スーパー鍛冶屋の成り上がり!
ほれ、天下取ったり!」という映画です。
一言じゃないけど・・。

リドリーだからこそ、「ああ、この人はこういう人だっけ・・」と
まだあきらめも付きますが、普通に見てたら、
何でそんなに奴がもてはやされてるのか
全然分かんないくらい、ひどい映画だと思う。
ひたすらご都合主義で、薄っぺらくて浅くて
漫画みたいな単純さです。それも低レベルの・・。
うぅ、ファンの方ごめんなさい。

この作品で救われたのは、オーリィ以外の
キャスティングがとっても素敵だったこと。
ほんとはもっともっと上手く彼らを生かせただろうに、
脚本が変なのか、あまり見せ場もなく、
勿体無い使い方をしていたので残念ですが。

あとアクションシーンはさすがに迫力があって、
リドリーの面目躍如ですね。
戦闘シーンで細かくカットを分けて
カクカクと断片的に撮影している映像とか印象的だった。
人海戦術とか火薬とかセットとか、
お金いっぱい使ってるだけのことはある。
それと、エルサレム軍の白+青がすごーく綺麗でした。
これにはうっとりした。白+赤も可愛いけどね。

そして、良かったのはキリスト教とイスラム教という
異なる神を崇める人々についてバランス良く触れて、
十字軍遠征や、信者にとってのエルサレムという聖地の意味、
神の国の意味などなどを考察しようとしたことですかね。
まあ実際は、「イスラムもなかなかやるけど、
やっぱキリストだよね!」みたいなオレ様映画でしたが。

なので、一応☆3つ、付けておきましたが、
後は糞です。(失礼!)
ストーリーがご都合主義過ぎて付いて行けません。
そして、オーリィが恐ろしいくらい魅力ありません。
若くて男前なオーリィがあんなに沢山
画面に映っているというのに、顔も写らないエルサレム王や
おっさん連中の方がよほどカッコイイのです。
もう、俳優としての力量の差を痛いほど感じました。
なんでこんな薄っぺらいんでしょうね?
ずーっとずーっと同じ表情で薄らバカに見えるし、
全然苦悩してる風にも見えないし、やることなすことアホっぽいし。
ああ、ファンの方に殺される・・。
でも、私も一応オーリィは好きなんですよ?
好きというフィルターがかかっているのにアレなので
ちょっと危機感を感じているのであります・・・。

ではここからネタバレで参ります。

【7月4日 記事の内容に間違いがあることを
ご指摘いただきましたので、数箇所を訂正致しました。
うろ覚えでいい加減なことを書いてしまいまして、
大変申し訳ございませんでした!!】

【以下、ネタバレ注意!!】
      ・
      ・
      ・
      ・
アラ探しと言われるかもしれませんが、
まず脚本に全然納得が行きません。
映画の都合のいいように、監督の都合のいいように
作られた「お話」だよなあ、って感じです。
これがただのB級アクションヒーロー映画ならともかく、
仮にも宗教戦争を題材にしたシリアスな映画で
これはないだろうよー。頭悪すぎー。
素敵なキャストたちの力を持ってしても
到底誤魔化し切れませんでした。
もーほんとリドリーの映画ってマッチョもいいとこ。

初っ端、鍛冶屋のバリアンの元に、
いきなり「私がお前の父だ!」と名乗る
リーアム・ニーソン演じる騎士ゴドフリーが
現れますが、突然現れたこの男を
バリアン、何の証拠もなく、あっさり信じちゃいますよね。
普通、これが妻との思い出の品だ!とか、
お前の母はこんなだった!とか
何かしら証拠を見せるところでは。

しかも、この父は「お前の母は最初嫌がっていたが
あれは和姦だった」的なことを言うんですけど、
これは一体何なんですかね・・?
多分、当時の騎士っていうのは、そんなに
素晴らしいもんでもなく、人もバッサバッサと殺すし
略奪もするし、とても人間的には
誉められるような存在じゃなかったんですよね。

それでも、頑張れば頑張っただけ、
領土と名誉を手に入れられるから、
騎士達は皆、生き馬の目を抜く戦場で命を張って戦い、
少しでも功を成して這い上がろうと
必死で生きてただけなんだよね!!
というようなことを言いたいんだと思うんですけど、
何でそんなこと言われてバリアンは引かないの?

【訂正①:あちこちの台詞から、騎士団は荒っぽくて
粗暴な人たちのような印象を受けたのですが、
これは字幕の訳の仕方によるものらしいです。
傍若無人っぽく喋っていた命令形の台詞も
実際の英語では丁寧な言葉だったとのこと。】

そしてバリアンはカッコ付けて
「一緒に来い」という父の誘いをあっさり断りますが、
自殺した妻の首を斬って、そのネックレスを
略奪した司祭にぶちキレ、思わずブッ刺して
思わず火の中に突き倒して殺してしまいました。
慌てて逃げ出し、丁度良かったと父に合流します。

ここで司祭を殺すのもほんと短絡的!事故とはいえ、
同情の余地がない。単なるアホじゃないですか。
だって、妻を殺されたわけじゃないんだよ!?
ネックレスは取り上げれば済むことじゃん。
大体、自殺者の首を斬れって指示を出したのは、
父親の仲間の騎士たちじゃないの?

ここ、火の中で焼けた十字架を拾って
握り締めたシーンがアップになったので、
バリアンの手の平にはきっと一生消えない十字の刻印が
焼き付けられるんだろうなと思ったのに、
その後一切出て来ないし・・。
何の意味があるんだ、一体。

【訂正②:すみません!ここは完全に私の勘違いでした。
首を斬れと言ったのは、その司祭自身でした!
たいへん失礼致しました。
しかし、当時のキリスト教の考え方に基づいて
首を斬っただけなので、殺されるほど
悪いことをしたとはやはり思えないのですが。
・・と思ったら、実はバリアンと司祭の間には、
何か他にも因縁があったらしいです。
ディレクターズ・カット版で判明する模様。】

そして、これは多分、この映画を観た全員の方が
ツッコんでるかと思いますが、
バリアンが異常に強過ぎます。
ただの鍛冶屋が、なんでそんな剣技に長けてるんですか!?
まあ、天才だったってことなんでしょうけど・・。
問題は、オーリが全然そんなカリスマさんに
見えないことであって。
ちょっと剣を教えてもらっただけで、他の騎士は
襲われてバタバタやられてるのに、
オーリはなぜか生き残ってます。
まあこれはラッキーで済ますとしても。

あ、喉に矢が貫通したのに、しばらく戦ってた人
いましたね。あんなのってありですか!?

で、立ち技での剣はともかく、
馬上での剣も難なく振るうし、槍とも戦うし、
しかもすげ強いし、おかしくねえ?
あと最大の謎、一体バリアンはいつ兵法を習ったんですか?
自分だけならともかく、騎馬戦や隊列を指示したり、
なんかいつの間にか大将になってて
戦術というか戦略というか、火薬使ったり油使ったり
櫓倒したり、とにかくすごい頭脳プレーを
展開して見せますが、おかしいだろ!
400フィート、とか測ってましたけど、
当時の鍛冶屋の知識レベルは分かりませんが、
読み書きも出来ないくらいの人もいるよね?
長さの単位とかも分かるの?ってそれはさすがに
バカにしすぎか。

あと、井戸掘ったりもしてましたが、
バリアンが思い付くまで今まで誰も思い付かなかったの!?
賢くて有能な父のゴドフリーも?ええ?うーん・・。
あと、あっさり井戸から水出てましたが、
これ、実際は何年か経過してたんでしょうか?
シビラと夕食をともにしたとき、
女性との夕食は久しぶりだ、って言ってたし。
でもそんな時間の経過を匂わすようなシーンや
エピソード、皆無なんですけど・・。
バリアンの成長ぶりで察しろ、ってこと?

もーとにかく、全ての話が都合良過ぎます。
鍛冶屋やってたら、実は有名で強くて人望もあって
財産も称号もある素晴らしい父がいて、
その地盤を何の苦労もなく継いで、本人は天才的な剣術家で
王様にも見込まれ、美しい姫には好かれ、
って何なんですか。これは。昔の少女漫画ですか?

乗っていた船が転覆したときも、
皆が死んで、浜に流れ着いて生き残ったのは
バリアンだけなのに、(またラッキーかよ!)
一切悲しんだりしてないんだよね。
サクサク、荷物を集めて馬を見つけて、
ほんと共感出来ません。万事、あっさり。

そして、一番ツッコミたかったのは、
何でバリアンは王さまの後を継がない!?
ほんと、お前1人が悪者になって、
ルノーとギーを処刑してシビラと結婚して
エルサレムを継げば、何の問題も起こらなかったんじゃないの!?
まあ、多分、今度は自分が命を狙われたりするようになるだろうし、
責任という重圧が彼の肩にのしかかって来るわけですが。

だから、良心がとか言ってるけど、
単に責任逃れの弱虫にしか見えません。
ほんとに王の後を継ぐような自信のない弱虫君ならともかく、
後で物凄い才覚を見せるので、
おっま、そんな力があるなら、最初から受けとけよ!と
腹立たしいことこの上なし。
民衆のために!とかって立ち上がってるけど、
お前が民を守るために最初から王になってれば
こんな事態ありえなかっただろ!

王様も無理やりバリアンに命じちゃえばいいのにさー。
自分の死後、王国が崩壊するのは目に見えてるのに
黙って逝っちゃうし。
あんなに真っ当そうに見えたティベリウスも、
結局、何も進言しないし。
シビラもバリアンにフラれたやけっぱちみたいに、
ギーに王位を継がせちゃうし。
王の死とともに、王国も滅びるべし、って
皆があきらめちゃったのかなあ。
それも運命、って?

出て来る人、総バカの物語って感じでした。
(あ、エルサレム王とサラディンは除く。)
戦争が好きで権力が好きで単純で何も考えてなくて、
「男ってバカだなあ!人間ってバカだなあ!
あとリドリーもバカだなあ!」という映画です。

だって、王の築いた講和がどれだけ貴重なものか分からず、
イスラム軍の戦力も読めないで喧嘩売る部下たちもバカなら、
バリアンも一時の良心とか慈悲で大局を見誤るなよ!!
実際、シビラにも突っ込まれてましたが、
「それが人間だ」「人間は過ちを犯す愚かな生き物だ」
っていう教訓話なんでしょうか、これは。
そういうことなら分かりますけど。

あと、ラブシーンも薄っぺら!!
お互いのどこに惹かれたのか全然分からないよ!
若い美しい男女がいたらラブシーン、
2人っきりになったらラブシーン、
ってお約束で決まってるから、とりあえずこなしてましたね。
いきなりガバーと。アホか!

リーアム・ニーソンもほんと魅力なしですよ。
バットマンビギンズが嘘のように死んでました。
ひどすぎる。勿体ないなあ。
皆が「ゴドフリーはすごい」「ゴドフリーはいいやつ」
って言うけど、実際何がそんなすごいのか
分かるようなエピソード、何も出て来ないんですよね。
やったことといえば、バカ息子を庇って
司教の使いを殺したことだけ・・。
ちっとも感情移入出来ないよ!

デヴィッド・シューリスは私がファンだから
思ったよりフィーチャーされてて良かったです。
なんか白髪のじじいっぽくなってるし、
40のくせに50みたいな老けかたで
おいしいとこ、ことごとく持って行ったし、
あの胸の十字がずるい!可愛いっつーの!
常に物食ってもぐもぐしてるし、
首は傾けてるし、ほんといやらしいッ!!
でもそんなシューリスにラ・ブ!
ゴドフリーを支えたときは良かった。萌えた。

謎なのは、シビラとギーって結婚してなかったの?
妻って紹介されてたよね?
なのに、ギーの戴冠式の前にシビラが言った
「あなたの妻になります」ってどういうこと?
「心から」あなたの妻になるっていうこと?
ほんとに結婚してなかったの?おかしいなあ。
ここも良くわからなかったなあ。

【訂正③:ここも、分かりにくかったのは
台詞を直訳してしまった字幕のせいだそうです。
英語でも「You have your wife.」と言っていたので、
あら?と思ったのですが、
意訳が必要な箇所だったのですね。
「私があなたの妻なのよ」=「あなたは女王の私という
妻を持っているのだから、(私が認めたからこそ)
王になれるのよ」とでも解釈すれば良いのでしょうか。】

とまあ、散々叩いて参りましたが、
この映画を見て良かった!1,000円払って良かった!
リドリーの与太話に我慢して付き合った甲斐があった!
と思わせてくれたのがエドワード・ノートンです!!
いんやー、前評判でエロいエロいと聞いておりましたが、
マジで凄い存在感と色気でした。や、やられる~。
ぐるぐる包帯の指でペンでカリカリ書いてる
最初のシーンですでにノックアウト。色っぺー!

登場したときは声とかすごく若々しくて元気っぽくて、
仮面越しに話してるくせに、すごくクリアーに声が聞こえるので
不自然だなあと思ったけど、どんどん弱って来て、
ぜーはー声になってからは丁度いい感じ。うう、萌え。

馬上のシーンなんて、どうやったらあんな弱々しく座れるの!?
ってくらい、だらーんと落ちた撫で肩、足は細いし、
とても馬の腹をしっかり締めていられなさそうで、
体全体が馬の動きに合わせてなんか
ふわふわ揺られてるし、どこから見ても病気です。

なのに、さすが王さま!
失態を演じたルノーを打ち据える!打ち据える!!
バシーンバシーンと力いっぱい叩きのめして、
ああ、王様、大丈夫かな、ハラハラと思ったら、
よたよたっと崩れ落ちちゃうし!!
ギャアア!!!私が助け起したい!!
なんかもーにじみ出る色気がすごいんですけど!
それ、バリアンに少し分けてあげて下さい!!

だらーと寝てる姿も可愛いし、
(就寝用の仮面はないのか・・)
「美しい若者だった頃」って、ププ。ノートンが。
つーか、王さま、20代だったんですね。
道理で若々しいわけだ。
ノートンってば、若作り声を出してたな。
お前、30過ぎてんだろ、ってちょっと笑えました。
シビラが王様の額にキスをするシーンは
この映画の中でほとんど唯一ジーンとした場面でした。

いやほんとに、あれだけの軍勢と力を誇る
サラディンを圧倒して、エルサレムに
講和と平和をもたらした若く美しい青年王が
今は病気でこんな姿に、ってそのギャップ、
無残さがすごいツボに来ますよね。

ノートン、美味しいよなー。
皆、「顔も映らないのに、よく出演を受けた」って言うけど、
絶対あいつ、誰よりもこの役が光るって
分かっててやってるよ!
オレ様の演技力を持ってするなら、
実は一番美味しいのはこの役だ!って。
だってほんと顔が映らない分、
一番ミステリアスで気になる存在なんだもん。
仮面の王なんて萌えツボバリバリじゃないですか。

でも、仮面から覗く目元が最初キレイで
涼やか過ぎてちょっと不自然でした。
もう目も見えなくなっててもおかしくないくらいだと
思うんだけど。瞼が垂れ下がって、
塞がってもう見えなくなってるとか。

葬儀のシーンでシビラが仮面を外すシーンは、
仮面を取って「ハッ」としたシーンで
終わってよかったのに!!
顔を映す必要ありません!
映すなら、もうすっかり原型を留めないほど
崩れていて欲しかった!!
ぐじゅぐじゅのぐじゃぐじゃでいて欲しかった!
なんか乾燥してたし、鼻は落ちて
空洞になって変形してたけど、
無事な部分は残ってるし、目元とかも割りとキレイだし、
とにかくキレイ過ぎる。
あそこは残酷で無残であればあるほど
いいシーンなんですよ。
やっぱり色々配慮したんでしょうか。

シビラが亡き王のことを思い出すときに、
あの崩れた顔が鏡に映るシーンも
別にそんなの必要ないと思うんですけど・・。

あとは、ノートンの次に、
サラディンがやっぱカッコ良かったですね。
「王は王を殺さない」っていう名台詞は、
若き16歳のエルサレム王に
かつてサラディンが助けられたりしたからなのかな?
ほんと、エルサレム王とサラディン、
この2人がメインの映画を見たかったですよ!!
絶対、バリアン成り上がり物語より面白いって!!
賢王同士のカッコイイ攻防戦が見たかったなあ!!

最後の「エルサレムに価値が?」っていう
バリアンの台詞に、サラディンが
あっさり「Nothing」って答えるのがもうカッコ良過ぎ。
「Nothing」、でも「Everything」って。深いよなあ。
このシーンもちょっと涙出そうでした。
この映画で良かったとこ2つめだ。
サラディンだって失いたくて兵の命を失ってるわけじゃない、
民の命が一番に決まってる、
それでもエルサレムは絶対に必要なんですよね。
十字軍戦争から現代に至るまで、
争いの終わらない聖地の問題を
この言葉が全部言い表してると思いました。

でもねえ、最後、サラディンが王の部屋に落ちていた
十字架を拾って立てたシーンはやり過ぎだと思いました。
そっと箱に仕舞う、くらいに留めて欲しかった。
いくらサラディンが異教徒に理解があるといっても、
実際、イスラム教徒がそんなことするわけないよね?
この映画がイスラム圏で批判されてるのも
分かります。
イスラム・キリスト双方を立てた、とか言ってますが、
結局はキリスト教徒の映画ですもんね。

【訂正④:教えていただいたのですが、
実はこのシーン、リドリーの脚本では
サラディンが『怒りに任せて十字架を叩き壊す
という演出になっていたそうです。
出たー!!リドリー、超マッチョ思想!!
景気良くガーンとやりたかったんだろうな!

でも、それじゃ、それまでのサラディンのキャラと整合性ないよ。
そんなことするような人だったら、
あんな講和築けないだろー。
エルサレムはとっくに攻め落とされてるよ。
もしサラディンがそれをやるとしたら、
それは怒りに任せてじゃなくて、
その行為が相手にどんな効果を与えるか、
味方にはどんな効果を与えるのか、ということを
冷静に計算した上でやりそう。

で、サラディンを演じていた役者さんが
『真のムスリムはその様な野蛮な真似はしない。』
と言って、このシーンは変更されたそうです。
(リドリー、野蛮って言われたも同然!プ。)
なので、midoroは「イスラム教徒が
キリスト教の十字架を大事に立てたりしないだろう!」
と、勝手に思い込んでいたのですが、
本当のイスラム教徒の方がそうすると
おっしゃってるので、これは完全にmidoroの間違い、
勝手な決め付けでした。申し訳ありませんでした!

何となく、サラディンはキリスト教(徒)のことを
「同じ人間として最大限に尊重はするが、
決して認めてるわけじゃない」
って感じかと思ってたんですよね。
だから、相手がいないところで、
自分の手で十字架を立てるっていう行為は、
キリストという神の存在も認めているみたいに見えるので、
えー?と思ったんですけど、
あれは、神とか宗教とか、とりあえず置いておいて、
エルサレム王という1人の人物への敬意でそうしたのかな。

一神教を信じてる人って、
熱心なキリスト教徒のいう「他の神は悪魔だ!」
くらいの感覚の人が多いのかと思っていたけれど、
自分の信じる神以外の神への態度っていうのは、
宗教によっても、また個人によっても違うのですね。
midoroはとにかく一般化・単純化して
レッテルを張ってしまおうとるする傾向があるので、
(というか思い込み強すぎ。)気を付けなければ。

しかし、それで言うと、リドリーが十字架を壊させようとしたのは、
イスラム教徒なら当然そうするだろうと思ってるからでしょ?
サラディンみたいに賢くて冷静で客観的で
良心的で人間の出来た人でも一律にそうすると。
それか、もし逆に、キリスト教徒がそういう立場に置かれたら、
きっと相手のシンボルを破壊するだろう、
って確信してるから、イスラム教徒に対しても
同じ発想が出て来るわけでしょう。

だから、リドリーって、映画自体もそうだけど、
宗教や個人の多様性とか良心を描いているように見せかけて、
実は単純な「力で屈服させろ!」「叩きのめせ!」
「戦い大好き!」「戦いカッコイイ!」「勝つか負けるか!」
「強いか弱いか!」「力が全て!」「強いものがエライ!」
「オレ一番!」「オレに付いて来い!」
というマッチョ思想ばっか透けて見えて怖いのです。
ほんと、お前が十字軍かっての。
これもリドリーへの勝手な決め付けかなあ・・。】

一方、王の王国はこことここに、って
バリアンが胸と頭を差すシーン、
ほんとはここすごいいいシーンなんだろうに、
全然グッと来ませんでした。
ああ勿体無い、勿体無い。

つーか、バリアンほんとずーっと
父の言葉をそのまま拝借してるだけですよね。
騎士の誓いをまんま真似っこしたときは
噴出すかと思った。
引っぱたくのも、あれは父親が息子にやるからいいんじゃ・・。
「この痛みが思い出す」とかって、
あれ、ムカつかない?何を偉そうに、と。
司祭の付き人も、叩かれてうっとりした顔してんなよ!

見せ場のはずの演説シーンもお寒いことこの上なし。
王の頼みを断ったお前が何を言うか、と
全く心に沁みないんですけど。
バリアン、自分がギーを処刑して
王の後を継がなかったせいで、こんなことになったなんて
そんな責任とか負い目とかこれっぽっちも感じてないですよね。
あと、お前だって皆と同格だったくせに、
何を騎士として上から物を言っとるか!って感じです。

そして、ラスト、海へ向かうバリアンとシビラが
手をつなぐシーンで終わらせときゃいいのに、
いやらしいんですよ!
故郷に帰ったバリアンを「イベリン卿がいると聞いた」
と言って尋ねて来た騎士に、
バリアン、「私は鍛冶屋です」って!
ええ!それじゃ質問の答えになってないよね?
「そんな人のことは知りません」でいいのに!
お互いバリアンのことだって分かってて
バリアンもバレてることが分かってるのに、
こういう腹芸みたいな会話をしてるのがむかつく!
「私はたいした者じゃありませんよ~」みたいな
謙遜がムカツク!!

【訂正⑤:ここは王が実際に喋った言葉を
覚えていなかったので、字幕の「イベリン卿」という台詞を
書いてしまったのですが、本当は、
「エルサレムを守ったバリアンに会いに来た」
と言っているみたいです。
「お前がバリアンか」
「そうです、でも私はただの鍛冶屋です」
という会話だったのかな?】

しかし、最後に獅子王リチャードを出して来るなんて、
やり過ぎー。この後、サラディンから聖地を3度奪還したとか、
そんなのはもう字幕だけで説明してくれればいいです。
戦争はこれで終わりじゃないんです、この後何年も
十字軍遠征は続くんです、っていうことを
皆に思い出させたのはいいけど、
リチャードまでわざわざ出さなくていいよ!
この辺が結局、キリスト教徒の映画なんだよねー。
イスラムの人、ムカつかない?このラスト。

ということで、前半はシューリスのおかげで
なんとかテンションを保ち、中盤はエルサレム王のおかげで
興奮し、後半はジェレミー・アイアンズのおかげで何となく。
き、傷萌え・・。ジェレミー退場後、
バリアン独壇場になってからが本気でキツかったぁ~!!
戦闘が始まってからは何とかなりましたが
死ぬかと思たよ。

あ、最後、国も王女としての地位も失ったシビラが
すっごい不服そうなのは良かったです。
普通だったら、「何もかも失ったけれども、
私には貴方がいる。これからは貴方と生きて行くわ!」
って、ハッピーエンドになるところじゃないですか。
バリアンにフラれて怒ったりとかもそうだけど、
シビラ、王女なのに人間臭くて結構好きでした。

あと、映画自体とは直接関係ないのですが、
エンドロールの最後に、らい病、
すなわちハンセン氏病について、
「現代は治療法が確立されているので
このような悲劇は起こりません」っていう
字幕が出たのも何だか興ざめでした。
こういう字幕を出してわざわざ注意しなきゃならないほど
ハンセン氏病のことが世間に知られていないことに。
そして実際理解してない人が多数いることに。

あと引っかかったのは、悲劇って言い回し。
分かるんだけど、なぜ悲劇だと殊更に強調するのか。
「このような症状はもう起こりません」じゃダメなの?
あの映画のなかで戦争で死んで行った
大量の人々の死は悲劇じゃないの?
なんで王さまの死だけが悲劇なの?穿ちすぎでしょうか。

確かに勇壮で美しかった王が、
生きながら崩れて行くことは悲劇的なんだけど、
当時の物語の中でそれを表現することはともかく、
見終わって現実世界に戻って来たときに、
らいは本当に大変な病で悲劇的で、
口に出すことがいかにもタブーです、
みたいな雰囲気を演出されるとすごく嫌。
そのうち「らい」も放送禁止用語になるんじゃないか?

話がズレてしまいましたが、
とにかくほんと少しの例外を除いて、
徹頭徹尾気に入らない映画であった、と
いうことです。自分にとっては。
でもこの映画のおかげで、
十字軍のこともっかいさらってみようかなとか
もう少し詳しく知りたくなったので、
それは良かったです。
なので、リドリーの目論見は結果的には
成功しているのかな?それがちょっと悔しいけども。

【7月4日後記】

上記のとおり、数々の間違いを記述してしまっておりまして、
誠に申し訳ございませんでした。
とりあえず、分かるところだけ訂正致しましたが、
本当はもっともっと沢山間違いがあるそうなので、
分かり次第、順次訂正を入れて行きたいと思っております。

今回、ご指摘いただいて分かったのは次の2つです。
1つめは、分かりにくく誤解を与えるようなシーンについては、
字幕の訳によるものが大きいということ。
(ごめんね、リドリーのせいじゃなかったよ!)
ですが、またまたなっち訳だということで
全然期待してなかったせいか、字幕が間違ってるのは
すでに大前提なためか、それよりも
やはり映画としての全体的な構成のザッパさ、
そして底の浅さの方が気になります。
(字幕抜きにしても、やっぱ良くわかんないよ、リドリー!!)

そこで、もう1つご指摘いただいたのですが、
字幕の訂正だけでは解消出来ない疑問点については、
ディレクターズ・カット版を見ると辻褄が合うそうです。
本当はもっともっと深い話なのですね。

ただ、midoroは基本的に、
劇場公開版が全てだと思っておりますので、
2時間の内にまとめられなかった映画は
いくら裏に深いストーリーがあったとしても、
全て存在しなかったものとして扱いますし、
専門的な知識なく初めてその作品を見る者に対し、
分かりにくい映画、誤解を与えてしまう映画、というのは、
脚本または編集が上手くなかっただけとしか思えません。
事前準備バッチリで鑑賞される方の方が
少ないように思いますので。

(といっても、十字軍て何?エルサレムってどこ?的な、
作品の背景を一切知らない人に「何も分からなかった!」
と言われたら、そりゃ自業自得!とは思いますが)

なので、「劇場版」で、
一般的な観客が楽しむ作品」としての
この映画に対する自分の評価は変わりませんが、
先に記事の中で自分でも言ったとおり、
この作品は老若男女が頭を空っぽにして楽しむような
誰でも気軽に見に行けるハリウッド娯楽大作ではなく、
宗教戦争を題材にしたシリアスな映画である、という点で
個人的に事前勉強が足りず、情報不足であったことは確かですし、
(正しく解釈出来る様に、皆がそうするべき、だとは思いませんが)
公のブログという場で、誤解したまま
不確かな感想を書いてしまったことについては、
深くお詫び申し上げたいと思います。

ということで、字幕由来の誤解などにつきましては
順次訂正して参りますが、この作品に対し、
正しい理解と評価を求めておられる皆様には
たいへん申し訳ないこととは存じながらも、
内容に関しては、やはり「劇場版」と
「ディレクターズ・カット版」は別物である、
というのがmidoroの考え方のため、
予備知識のない者が「劇場版」を見たときに
覚える不満や疑問、その一例、ということで
この感想自体はそのままにさせていただき、
「ディレクターズ・カット版」への評価は
また別の形でさせていただければと思っております。
自分のあまりの間違えっぷりに気付いて、
それほど間違った感想を放置していたことに赤面し、
穴を掘って入りたくなるのは必死かと思いますが・・。
劇場版と比べて、どれだけ評価が違うものになるか、
自分も楽しみです。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

June 19, 2005

musical baton

お世話になっております、「笑う月」のK2様から
光栄にも「musical baton(ミュージカルバトン)」
回していただきました。
音楽ブロガー様たちの間では、こんなイベント?が
行われていたのですね。全然知らなんだ。

ブログ自体に音楽カテゴリがないどころか、
CDプレーヤーすら持っていないほど
(プレステとDVDで何とかなっちゃう。
テレビは下手なCDプレーヤーより音がいいと思う。)
血中音楽濃度値の低いmidoroには、
まるで違う世界のお話です。

しかもそれに答えさせていただくなんて
音楽好きの方からは笑止千万!って感じでしょうが、
K2様が個人的に見たいとおっしゃって下さったので
頑張って回答してみます。
「こんなに音楽を聴かない人がこの世にいるのか!」
って意味で面白いかもしれません。
えーと、そもそもCDどこに仕舞ってたっけ、ガサゴソ・・。

・Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

ええと、すみません、音楽ファイルって何ですか・・?
って感じです。ダウンロードして聴くとか、
パソコンに取り込むとかいう概念がmidoroにはありません。
借りたCDを焼くときに一時保存するくらいです。
あーなんか恥ずかしいな、自分。

・Song playing right now (今聞いている曲)

基本的に音楽を聞くということが生活の中にない・・。
たまーにCDを買ったときか、掃除しなきゃいけないときとか、
テンションを上げるためにBGMに流すくらいです。

・The last CD I bought (最後に買った CD)

んーと、年に1枚も買えば良い方のmidoro、
「bennie k」の「Synchronicity」です。
有線で聞いた「サンライズ」が頭の中でぐるぐる回って
止まらなかったので購入しました。
これをかけると掃除がはかどります。
最近、コカ・コーラのCMで認知度が上がって来ましたね。

・Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)

思い入れがあるかどうか分かりませんが、
自分でお金を出して買った、という、
midoroにしては貴重な曲を挙げてみます。

①Cocco「Raining」
最近復活しましたよね。くるりとCoccoなんて素敵過ぎ!

②中村一義「キャノンボール」
「犬と猫」も好きだけど、これは試聴してて泣きそうになった。

③Bangles「Eternal Flame」
昔、TVKの「音楽缶」で流れてました。
その後、TOKIOの長瀬くんがカバーしたの聞いて仰け反った。

④SPICE GIRL「2 become 1」
これも音楽缶で。スパガってこういうの歌うんだー、へーと
思った覚えが。

⑤capsule 「プラスチックガール」
ヴィレガでチラッと聞いてすごく気になって、
CDがもう一巡してこの曲に戻って来るまで
店から出られなくなってしまった思い出の曲。
TV東京「給与明細」のエンディングテーマでした。

要するに、キャッチーで声とか歌の可愛い曲が
好きなんですな。あとしんみり系。
カッコイイ洋楽ロックとか全然知らないので
恥ずかしいッたら。

・Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す 5 名)

5名は到底無理なので、
日頃よくお伺いさせていただいている、
「ずんだ。blog」の梅吉様と「猫背。」のシチ様、
そして、「いっちゃんの日々」のいっちゃん様にも
お願いさせていただこうかなあ。
ちゃんと音楽カテゴリを持ってらっしゃる方々ということで。
皆様、ウザかったら、スルーしてしまって下さい。

K2様、こんなので宜しかったでしょうか・・?不安です。
でもこう、自分の音楽嗜好(何もないけど)を振り返るのって
なんか面白いですね。普段あまり意識したことないので、
良い機会でした。あっ、こんなCD持ってたっけ?
そういえば、みたいな。
ということで、midoroですごい脇に逸れてしまったこのバトン、
ここから正しい流れに戻って行くことを願います・・。

| | Comments (7) | TrackBack (2)

「ファントム・オブ・パラダイス(1974)」感想。

作品の評価:☆☆☆☆
好き度:☆☆

さすがブライアン・デ・パルマ!!
カルトの王様の名を欲しいままにしただけあります。
「オペラ座の怪人」をモチーフにしてると思うから、
「えーこれがファントム?これがクリスティーヌ?
これがオペラ座?えっ、え゛え゛~!!」
とか思ってしまいますが、
オペラ座だということを切り離してみれば、
すごい怪作&快作です!!
キャストというかキャラ設定もミョーだし、
ストーリーもミョーだし、ツッコミどころも満載!!

音楽も、グラムなの?ヘビメタなの?
デスメタなの?midoroにはよく分からんが凄かった。
ロック・ミュージカルということで、
音楽好きの方は是非押さえておいて下さい!
「オペラ座の怪人」ファンの方は見なくてもいいかもしれません・・。
変な映画が好きな方にだけオススメします。

【以下、ネタバレ注意!!】
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
ファントムに当たるウィンスローは
どう見ても怪しいガッチャマンでした。
黒いライダースーツみたいなのを着て、
鳥みたいなヘルメットを付けて
「ギャース!!」という怪鳥の鳴き声のような叫び声を上げ、
自分でなぜかアイメイクしてるし、
黒い口紅塗ったり、なぜそんな格好をする必要があるのか、
ウィンスローの趣味がどうも良く分からない。

ファントム化する前は、長身・細身・猫背・メガネ・オタクで
更にお馬鹿さん、と全然萌え要素がありません・・。
やり手のカリスマ・プロデューサー、スワンに
いい様に騙されてますが、お前が抜けてるからじゃないか・・?
とあんまり同情できませんでした。
しかも、ファントム化して復讐に燃えてるのに
また騙されてるし・・。どう見てもスワンの方が
上手なので、もう仕方ないよ・・。あきらめて
搾取されちゃいなよと思った。
あと、ウィンスローがスワンに会うために
女装して女の子の中に紛れてるのがキモかった。

ウィンスローの顔が潰されるのが、
レコードのプレス機に挟まって!
というのは予想外で良かったです。
普通にヤケドとかかと思っていたのに、
圧力かけられてプレス、っていうのは怖いなあ。グシャッ!てね。
しかも、自分で機械に引っかかって、
自分でボタン押しちゃって挟まれちゃったのが
またアホの子で・・。うう。

ウィンスロー、いくら集中して曲を書いてたからって、
部屋に塗り込められるまで気付かないのってもどーよ。
防音だから外で作業している音も聞こえなかったのでしょうか。
それと、皆もさあ、レンガで塞いだって、
そんなの内側からすぐ壊されちゃうよ・・。
閉じ込めたいならせめてコンクリ、あと鉄板使うとかさー。

つーか、公開時コピーで
「恋人を返せ!」とかってありますけど、
一方的にウィンスローがフェニックスに惚れてるだけで、
二人の間って、まだなんにも始まってなかったよね・・?
1回会っただけだしさ。
まあこれぞ、オペラ座って感じで
ストーカーっぽくていいですけどね。

クリスティーヌにあたるフェニックスはどっかで見たと思ったら、
「サスペリア」のジェシカ・ハーパーでした。
当時25歳くらいのはずだが、とても大人には見えない。
背も低いし、まだ少女みたいな雰囲気なのに、
声は大人で大人の恋の歌を歌っているので、
アンバランスで色っぽかった。そこが魅力でしょうか。

そして、何といっても、この映画は
スワン、スワン、スワン!!ポール・ウィリアムズ!!
何なの?このフィンガー5とかまやつひろしを
足して割ったような年齢不詳、大人子供な人は!!
ウィンスローより、こいつの気持ち悪さが気になって気になって
目が離せません。夢中でした。

そして何がすごいって、この人はほんまもんの音楽家で
この映画の曲は、この人が全部作ってるんでしょ?
うわー、これ絶対、役作りじゃないよね?まんまだよね?
あの、ウィンスローの声を作るために、
ミキサーを調節してるとこはちょっとカッコ良かったけど。
自分で(多分)女にモッテモテな演出を
入れちゃうところがニクイです。

しかし、こいつとフェニックスがデキちゃうとは
思わなかった・・。フェニックスは
騙されてやつのモノになってしまうのかと思いきや、
案外、打算的でいいですね~。

最初、歌手志望の女の子たちがスワンを囲んで
酒池肉林状態になっていたとき、フェニックスはそこから
「いや!」「私は歌が歌いたいの!」みたいに
叫んで飛び出して来たので、売れるために
プロデューサーと寝るとかそういうことはしないのかと
思っていたのに、あっさりスワンのプロポーズに乗っちゃうし。
これさあ、ウィンスローがもし、普通の体だったとしても、
スワンを選んじゃうんじゃないの・・?

かまやつはひたすらマグロなので、
フェニックスが頑張ってご奉仕しちゃうのもすごかった。
それを窓の外から眺めるウィンスロー・・・。
せつねー。アホだー!
最後、結婚式を見せ付けられたのもちょと可哀想。
フェニックスに手を伸ばしながら、
崩れ落ちていくウィンスローが切ないったら。

あとオカマの歌手、ビーフ!
この人良かったです。キモくて可愛かった。
ステージも強烈だったし。
そりゃ自分の作った素敵な愛の歌をこんなのにされたら
ウィンスローも怒るでしょうよ。
首斬り人形を使うコンサートもグロくて悪趣味で良し。

そんなステージだから、絶対何かが上から落っこちて来て、
首をスッパリやられちゃうのかと思ったら、
感電死っつーのは割と普通の展開であれ?と思ったけど。

そして、「KILL!KILL!」と大興奮の観客の前で
フェニックスがあんなしっとりした歌を歌ったからって、
よく皆おとなしく聞いてくれたよね。
暴動が起きて舞台から引き摺り降ろされて
やられちゃうんじゃないかと思ってドキドキしましたよ。
全員、シーンとしちゃって感動の嵐、って無理がある・・。
ジャンルを問わず、素晴らしい音楽の前では
人は無言になるのでしょうか。ここ笑った。

ストーリー的には、ファウストも絡めて
「スワンが悪魔と契約をしていた!」
「人前に姿を現さないのは、年を取らないから!」とか
ミステリーっぽく、ネタが仕込んであったのは
いいんですけど、そういう超常現象な話だとは
全然予想してなかったので、ちょっと戸惑いました。
というか、何でスワンが契約させようとしてるのか
契約が何を意味しているのか、見ていてよく分からなかった。

まあ、これは別にストーリーを楽しむ映画じゃないので、
ブライアン・デ・パルマが変な人だということが
すごく良く分かる素敵な映画でした。
「サイコ」へのオマージュというか、
シャワーカーテンに包丁ズズーッのシーンも笑いました。
あと、ポール・ウィリアムズの気持ち悪さはマジ必見です!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

「オペラ座の怪人」祭り。

最終更新日:6月18日

05-02-09_18-15あんなに映画「オペラ座の怪人」を
バカにして笑っていたはずが、
いつの間にやらめっちゃハマってます!!
よって、TOPにオペラ座特集を設置。
2月はオペラ座強化月間で!!
と思ってたら、いつの間にか3月です!
(いえ、いつの間にか4月になってます!)
だいぶ熱も落ち着いて参りましたが、
まだまだ課題は盛り沢山!祭り続行です!

前回更新が4月10日、2ヶ月ぶりに更新しました!

☆映画☆
「オペラ座の怪人(2004)」ぶっ叩き感想。
「オペラ座の怪人(2004)」2回目感想。
「オペラ座の怪人(1989)」感想。
「オペラ座の怪人(1925)」感想。
渾身のツッコミを入れました!死ぬほど長いのでご注意を。
gl-new07番外:「ファントム・オブ・パラダイス(1974)」感想。
オペラ座をモチーフにした、ブライアン・デ・パルマの怪作!

☆舞台☆
劇団四季「オペラ座の怪人」長文感想。

☆小説☆
「オペラ座の怪人(角川文庫版)」感想。
「オペラ座の怪人(ハヤカワ・ミステリ文庫版)」感想。
「オペラ座の怪人(創元推理文庫版)」感想。
ガストン・ルルーの原作、やっと全部読み終わりましたー!!
エライぞ、自分!仕事もこのぐらい頑張れよ!!

「ファントム/スーザン・ケイ」感想。
長過ぎて自分でもちょっとビビリます。

☆音楽☆
「オペラ座の怪人」CD購入にあたり比較検討。
「オペラ座の怪人」CD購入後比較感想。
ロンドンオリジナル・劇団四季・映画サントラを比較してます。

☆ムック☆
「オペラ座の怪人パーフェクトガイド」感想。

☆その他☆
「オペラ座ポストカード」
「オペラ座カード」
大ハマリのmidoroに、Jさんがパリで買って来て
くれましたー!!わーい!わーい!さっすがー!
(注:「オペラ座の怪人」グッズではありません。)

05-02-10_02-08主だったものはチェックしましたが、
数々の「なんちゃってオペラ座」も
控えておりますので、頑張って
更新して参りたいと思います。

オペラ座関連キーワードでの検索も
めっちゃかかってるし、他の方のブログも
オペラ座関係記事はTB60件とかで
すんごいフィーバーしてますね!
今、オペラ座が熱い!!

| | Comments (761) | TrackBack (4)

June 18, 2005

「バットマンビギンズ」死ぬほど長文感想。

作品の評価:☆☆☆
好き度:☆☆☆☆
萌え度:☆☆☆☆

珍しく初日&初回に行って参りました!
近所の映画館はヘボいので、
大画面かつ音響のいいところで、ってわざわざ
六本木まで遠征です。初回は9時からなので、
8時20分六本木駅集合!!
会社行くより早起きではないか!!
連れなんて、家が遠いので6時起きです。
気合入り過ぎー。

そんな早朝から、他に一体誰が見に来るんだろう?と
思っていたら、ご近所っぽい外国人のご家族御一行様とか
カップルとか男性1人とか男性2人とか普通に来てました。
マニアばかりかと思いきや、ほとんどいなかったみたいです。
皆、試写会か先行で見ちゃってるんでしょうね。
席もガラガラでゆったりした雰囲気でした。

さて、結論から先に言いますと、
キャスティングが最高!ノーラン最高!!
さすがあーた、分かってらっしゃる!!!
素敵な役者たちを上手く使って、
「作品」としてのバットマンを真っ当に作り上げたので、
「バットマンの世界」が好きなファンやアメコミファンには
物足りなかったかもしれませんが、
midoro的にはストーリーとか世界観とか
割とどうでもいいので大・大・大満足です!!

大作アクション、しかも漫画原作にありがちな
ご都合主義にもかなり気を遣って
なるべくストーリーに整合性を持たせようと頑張ってたらしく、
俳優が自分の行動に自分でツッコミ入れてたり、
架空の街じゃなく、近未来社会としての
ゴッサム・シティ、人間味のあるバットマン、
というリアルな存在を追求してました。

クリスチャン・ベイルが演じるバットマン、
ブルース・ウェインの心の動きも丁寧に描かれていました。
幼い頃、コウモリに襲われたときのトラウマや
両親の死を乗り越えて、善とは悪とは正義とは、
って彼がバットマンに至るまでの苦悩や変遷に
かなりの時間が割かれ、(まあこの辺りはいくら頑張っても、
エンタメ映画の底の浅さ、お約束なのでヌルいんだけど)
とりあえず、論理も行動の理由も一貫していて矛盾はなかったし、
ストーリーの流れも自然で納得が行きました。

あ、「コウモリが怖いのなら
自分がコウモリになってしまえ!」いうところで、
昔、和田慎二の「スケバン刑事」で
麻宮サキが刑務所で「ミミズ地獄」に放り込まれ、
そのショックでミミズを見ただけで震え上がるように
なってしまったサキに対し、そのトラウマを克服するために
ミミズの絞り汁を飲め!」という衝撃的なアドバイスがなされ、
ミミズ汁を飲んで恐怖を乗り越えた、というシーンを
ちょっと思い出してしまいました。
怖いものは自分の内に取り込んでしまえ!って
心理学的にそういう理由が何かあるんでしょーか。
ってどうでもいい話です。すみません。

とにかく、「バットマン」というファンタジーに
現実的な理由や行動や解釈を付与し、
ファンタジーと現実としてのバランスを取るのに、
ノーランが頭を捻ったのがすごく良くわかります。
まあそれでも所詮はアメコミ設定。
ツッコミどころは沢山あって、爆笑を堪えるのに
必死だった場面も山ほどでしたが、
それはそれで楽しかった。そのあり得なさが面白い。

そして、キャストがもう!もう!!
詳しくは後のネタバレで語りますが、
クリスチャン・ベイルの良さが最大限に引き出されてます。
もちろん、奴の可愛らしさ&間抜けさですよ!
そしてオヤジたちが、どいつもこいつもカッコ良すぎ!!
これって、ヒーロー物だよね・・?と一瞬考えてしまいました。
脇役も皆良くて、ええっ、何でその人を
そんなにフィーチャーしちゃうの!
んもう、狙い過ぎ!いやらしい!でも素敵!!
って映画でした(間違った見方)。

そして肝心のアクションシーンですが、
画面が暗いのと動きが速過ぎて
何がなんだか全然分かりませんでした。
最近の映画、映像処理が上手いから
やたらアクションシーン速いんだけど、
人間離れしてる人たちの戦いは
我々人間の目には見えない
ので、
もうちょっとゆっくりやってくれると助かりますね。
せっかく鍛え上げたベイルの肉体が
あまりよく拝めなかったのが残念でした。
「リベリオン」のガン=カタなんかはほんと、
本人たちがやってます!ってテンポで良かったけど。

ということで、内容に関してはほぼ満足なのですが、
難を言えば、上映時間が長いんですよ。140分・・。死んだ・・。
「ブルース・ウェインがバットマンになるまで」に
半分以上の時間を費やしてしまっているので、
進みが遅くて疲れて来てしまい、後半戦、
肝心の悪との対決や見せ場のドンパチなどの
アクションシーンであまり乗れませんでした。
あと、midoroはトイレを2時間以上我慢出来ない人なので、
後半はもう早く終われ、と念じながらの鑑賞でした。
エンタメ映画は頼むから120分以内でお願い致します。


【以下、ネタバレ注意!!】

さっ、ここから萌え萌えトーク&ツッコミです!
事前予想では、今回はmidoroの萌えツボ、
マイケル・ケインで決まりかな!?と思っていました。
だって、ジジイの執事ですよ!?
イギリス人バトラーですよ!
萌えない方が嘘です、美味し過ぎます。と思っていたら。

・・・うーん、ダメだ、最初の登場からダメでした。
マイケル・ケインには色気があり過ぎます。
目ヂカラがすごくて、まだまだ現役!って感じ。
そして出番が異常に多い。
決め台詞、決めシーンの多さといったらもう、
お前がヒーローなのか!という勢いです。

midoroはあっさり顔の枯れたジジイ、シブいジジイ、
押さえたイブシ銀の魅力を好むので、
マイケル・ケインはちょっと出張り過ぎ。
顔も濃いし、ベイルより背も高くて
がっしりしてガタイもいいし、カッコ良すぎでしたね。
さすが往年の色男!!

どっちかっつーと、社長代行をやってた
ルトガー・ハウアーの方にときめきました!
あの枯れ方、そして漂うS臭がたまりません!
酷薄な感じにヨワイのです。
さっすがレプリカント!
「ブレードランナー」また見なきゃあ。

でもでも、今回のmidoroの萌え一番は
なんといっても、リーアム・ニーソンです!!!!
ああああああああ、カッコいいよー!!!!
師弟対決ってのもかなりのツボですが、
SWのときより全然イイ!!
だってだって、悪なんだもん!Sなんだもん!!
クワイ=ガン・ジンは確かMでしたよね・・?
あと、リーアム、ちょっと痩せたのかな?
いつも顔が丸いというか、四角い印象ですが、
結構スラッとして見えました。短髪だったからかな。

湖の氷上での剣戟シーンなんて!!
リーアム、デカイ!デカ過ぎるって!!
ベイルが子供のようです。
こりゃ、師匠役を任されるのも無理ないや。頼もし過ぎる。
黒い忍者服?を着ての後姿、頭ちっさ!
そしてちょっと猫背?っていうか重心を前に落とした
立ち姿がまたイイんだー。なんかデカイってだけどもう
オーラに力がありますよねー。剣捌きも体術もカッコイイよー!
ベイルを手玉に取って、油断するなとか言って
水中に叩き落すシーン、激もエー!!
そして、戦いで気を失ったリーアムを
ベイルが肩に担ぐシーンもたまらん!師弟愛!

そして、midoro的今回最大の爆笑シーンは
やっぱアレですよ!!
気を失って雪の上をザザザーと滑落して行くリーアム!!
腹ばいで手を前に突き出しながら、それを追いかけるベイル!!
んな追いかけっこ、ロングショットで
2人一緒に撮られたら笑いますって!アホか!

そして、リーアムが崖から落ちた瞬間、
間一髪!腕を掴むベイル!!
剣を地面に付き立て、片手一本でリーアムを支えます。
リーアムの巨体が宙吊りで完全に弛緩しきって
だらーんとマグロ状態なのも笑えますが、
ベイルが反動を付けて、それを一気に引き上げます!!
ファイトォー!!いっぱーつ!!!!
ベイルがリーアム一本釣り!!ありえねー!!!
しばらく笑いが止まりませんでした。く、苦しい~。

リーアムの次に良かったのは
ゴードン刑事、ゲイリー・オールドマンですね。
ゲイリーの「いいひと。」にはやはり最初違和感があって、
え、これまさか最後に裏切ったりしないよね?
と一瞬不安になりましたが、見てるうちにいつの間にか
ゲイリーの虜になってました。

か、可愛いじゃないのさ!ヒゲにメガネ。ツボです。
最初にブルースに上着を着せ掛けたときも可愛いし、
家庭でゴミ出ししてる姿も可愛い。
この可愛い脇役っぷりは、W・メイシーちゃんを思い出しました。
しかし、なんであーたがバットマンモービル
運転させられてんの!?そんな主要キャラだったか。
腹ばいで突撃体勢になったゲイリー可愛すぎ!
一番の見せ場を任せられちゃった戸惑いっぷりもキュート。
いやー、悪玉、善玉、両方をこなせるのってすごいよね。

その次に良かったのは、キリアン・マーフィーです。
「28日後・・」では「イギリス人の若者」役で頑張ってたし、
「真珠の耳飾りの少女」の「肉屋の息子」とかは
キモくて印象に残ってたけど、別にキリアン自身には
何ら興味を抱いていませんでした。
でも、これだけ気持ち悪いと何だか好きになってしまいそうです。

何なんでしょう、あの胡散臭いくらい水色の目は。
義眼かコンタクトか、ってくらい虹彩が際立ってました。
髪型とかメガネをわざとらしく付けたり外したり、
唇を歪めて喋ったり座り方とかとにかく気持ち悪かった。
さすが、FLIXで「キリアンの首のかしげ方がちょっとイイ」と
評されただけのことはあります。
もう1回、「28日後・・」もチェックしなければ。
あと、あのスケアクロウのずた袋、薬キメてなくても怖いっス。

モーガン・フリーマンは、「オレ、名優」オーラが強過ぎて、
いやらしいのであまり好きじゃないんだけど、
このぐらいの出番なら、飄々とした愛嬌のある
素敵なジジイとして心安らかに見られますね。
この人とマイケル・ケインが
ギャグパートを担当してて面白かった。

ケイティ・ホームズは初めて見たけど、
なんというか全然美人じゃなくてビックリです。
可愛いけどね。スパイダーマンと一緒で、
やっぱスーパーヒーローの良き理解者は
小さい頃から共に育った幼馴染みなんですね。
またいかにも、隣りの姉ちゃん的庶民的風貌でした。

化粧法が悪いとか?なんかずっと顔が黒ずんでたし、
マスカラ付け過ぎ?目のフチが黒くて怖い。
何となく、ビ○レのCMで厚化粧している
辺見えみりを思い出しました。
あと、ロマンス部分てほとんどなかったですね。
お色気担当はベイルだし・・。寝起きシーンとか
上半身裸とかサービスが良いです。

それにしても、本日が「バットマンビギンズ」公開、
そして来週が「宇宙戦争」公開。
このタイミングで婚約を発表した
トム・クルーズとケイティはすごすぎです。
もうお前ら、似合いのカポーだよ。好きにやっとくれ。

そんで、話題の渡辺謙さんのことも一応触れておきますが、
あの国籍不明で瞬きしない感じがキモチ悪くて良かったけど、
あんなに大きく名前が出てる割には、出番少なかったですね。
まあ謙さんがバットマンの敵役を張れるはずもないので、
端役なことは皆さん予想済みだと思いますが、
影のラスボスはやっぱこの人!リーアム・ニーソンでした!
と言われても、日本だと「え、こんな地味な人が?」
とか言われてしまいそうで、ちょっと心配。

さあ、これだけ語っておいて、
肝心のクリスチャン・ベイルをスルーしてしまいそうですが、
これだけ作品色々見てるのに、midoroの心の琴線に
一切ヒットしないんですよねー。
だって、ベイルって普通に男前だし、
どっちかっつーと甘い顔だし、何よりバリバリのMなんだもん。
アホだし弱いし可愛いし、midoroの求めてるものと
対極の存在です。あまりに対極過ぎて、
ちょっと気になっちゃうのがベイルです。

一般的にはこの映画を見て、
「ベイル、カッコイイ!!」とかって思えるのかな?
どう考えてもブルースの弱さと至らなさと可愛らしさと
周囲に支えられての頑張りを見守る映画なんですが。
ブルース成長物語。それで合ってるよね?
それがベイルの魅力ですよね?
そして「バットマンビギンズ」ですよね?

だって、湖に落とされるシーンで、出ました!
雨に濡れた子犬だー!!
眉が下がってブルブルガチガチしている姿は
あまりにも弱々しくて大笑いでした。
あと、プレイボーイを演出するために、
水槽に入っちゃったり、ケイティ・ホームズから
2発も張り手喰らったり、もう弱ベイルやアホベイルファンには
たまらなかっただろうなと思います。

「スパイダーマン」で、
ビルから落ちてもケガ一つしないヒーローや、
身一つでビルの谷間を飛び回れる超人能力に慣れちゃってるから、
いちいち道具使わなきゃいけないブルースが
すごく頑張ってて「たいへんだなあ・・」と思ってしまいました。
戦いの後、あざを作ったりしてるのも痛々しいですね。
一瞬で姿を消したり、敵の後ろに回り込んだりするシーンでは
きっと、ブルース、陰でコソコソと移動してるんだろうな・・、と
なんか涙を誘われました。
どうも「カッコイイヒーロー」として見られない。
でも、リーアムとの最後の決着、
「殺しもしないが助けもしない」?だっけ?
あのベイルはちょっとカッコ良かったですね。

ベイルって、「マシニスト」のときは、
監督が全然そこまで求めてないのに
役者バカだから勝手に頑張ってあんなに痩せちゃって、
監督は多分引いてたんじゃないかと思いますが、
結果、映画の内容よりベイルの激痩せの方が
すご過ぎて、そればっかクローズアップされちゃったので、
完全に映画がベイルに食われた形になっちゃって
バランスが悪くて可哀想でした。

でも、クリストファー・ノーランは
ベイルのその頑張りっぷりを見て、
「こいつならやってくれる!」と期待し、
ベイルも「期待に応えたい!」と頑張って、
監督とベイルの需要と供給がガッチリマッチした結果の
バットマンなので、今回はほんと良かった。ハマリ役。
しかし、4ヶ月であんなに体重を増やせるベイルがおかしい。
絶対、この人早死にします。
でもそんなアホな頑張りがまたファンにはたまらないんでしょうね。

あとは一通り、ツッコンでおきますね。
初っ端、あんな軽装備でヒマラヤ登頂!?とか、
「影の軍団」コテコテだー!出たー、忍者!とか、
ウェイン父はいくら庶民派、庶民の味方とはいえ、
あんな正装してモノレールに乗ってたら、
すぐ襲われるよ!あんな大富豪がお付きも警護もなしに
裏通りを歩くなんてあり得ない、とか、
ウェイン社はあんなスーツとか車とか開発してて
一体何の会社だよ!とか、
なんでウェイン家の地下に滝のある鍾乳洞が?!とか、
なんでウェイン・タワーに貯水池が!?とか、
バットマン手裏剣は、一つ一つ手作りの逸品!?とか、
バットモービルがマキビシ?撒いてたり、
ツッコミどころは主に装備と設定方面にありましたね。

バットモービルとパトカーのカーチェイスなんて、
なかなかパトカーを振り切れず
延々追いかけっこしてましたが、
一体何キロで走ってるんだか知らないけど、
あれを追尾出来るパトカーの方がすごいです。

あと、毒薬の解毒剤をブルースが
持ち歩いてないのは妙でした。
おかげでレイチェルは死ぬとこでした。

レイチェルの「せめてお名前を」も古典的で笑ったけど、
それに対するブルースの答え方も古典的。
えっ、バラしていいの!?
しかも、わざわざ遠回しに言ってカッコつけるなよ!

それから、アルフレッドは世間に疑われないように
御曹司としての生活を演出しろ、とか余計なこと言ってましたが、
父の名を汚すなと口うるさく言ってる割りに、
あのブルースのバカぼんぼんぶりはOKなの?
あれは名を汚してないんですかね?

最後、梁の下敷きになったブルースを助けに、
アルフレッドが飛び込んで来るシーンも笑いました。
ひょっとして、アルフレッド最強!?
梁を持ち上げちゃうの!?と一瞬期待しましたよ。
Sなので、Mの子に自分でやらせましたけどね。

ということで、それぞれの役者の持つ魅力を
最大限に活かしきったキャスティングと
クリストファー・ノーランに乾杯!
頑張ったベイル&バットマンに乾杯!
一般的には、暗いしロマンス要素も薄いしアホだし、
多分それほどの評価は付かないと思うんだけど、
midoro的には満足です!

| | Comments (19) | TrackBack (3)

「PARIYA北青山店(表参道)」

表参道、青山通りを紀伊国屋跡地の方に進み
(すっかり駐車場になっちゃてますが、
いつリニューアルオープンするんだろ?)
プロントを過ぎて酒屋の手前の道を右折、
しばらく行ったところにあります。素敵なお店が!

ここのデリランチはすごいですよー。
定食がプリフィクスになっていて、
主菜から1品、サラダから1品、副菜から1品、
それにご飯を好きに選んで
ドリンクとスープが付いて、1,050円~。
普段のランチよりは若干高めですが、
ご飯とドリンク、スープがお代わり出来ます。
(同じ種類だけ)

まずカウンターに並んでご飯を選びます。
・普通の銀シャリ1,050円、
・代わりご飯(今週は黒胡椒ご飯)1,050円、
・玄米1,150円
と、ご飯でセットの値段が代わって来ます。

おかずは週代わりでそれぞれ4種類の中から選べます。
今週の主菜は、
・韓国プルコギ風焼肉
・鶏肉のココナツミルク焼き
・メンチコロッケ昆布入り
・マグロのマリネ
(名前はうろ覚えです。つーか、
もっとオシャレで美味しそうな名前だった。)

うぎゃー、どれも旨そうで真剣に悩みます!
「お腹が空いていない方は、主菜をサラダ2品に変更出来ます」
という親切な但し書きも。
でも、腹が空いてなくて、この店に来る人なんているのか・・?
腹が空いてないというより、「少食な方は」に変えた方がいい気も。

副菜は
・フライドポテトビーフコンソメ味
・たまごとじ
・キャラメルくずしプリン
・あと何か。
副菜の中にデザートが紛れ込んでいるのが妙ですが、
やっぱデザート食べたいんだよねー。

サラダは
・アボガドとトマトのサラダハラペーニョドレッシング
・なすといんげんの揚げびたし
・枝豆入りタラモサラダ
・あとなんか。記憶力悪すぎ。

そして飲み物は、温かい本日のお茶(この日は玄米茶)
コーヒー紅茶、冷たい方はアイスピーチティーに
本日のジュース(ミックスフルーツジュース)など。

さあ、注文を終え、お盆をお兄さんに運んでもらって
窓際の素敵な席に案内され、いただきまーす!!
う、うまーい!!もうお味は文句なしですよ!!
05-06-17_14-20

05-06-17_14-21
連れのメンチカツ、デカッ!!
ソースをかけてくれるのですが、
ちょっとかけすぎな気も。味が濃くて
メンチカツの味が吹っ飛んでました。

量自体はそんなに多くないけれど
色々食べられるので満足感があります。
ご飯も美味しいし、軽めによそってあるので
ついついお代わりしたくなりますが、
一応ダイエッターなのでそこはぐっとガマン。
(注:女性にはここのランチ、量が多いらしい。
midoro少ないと思ってたよ・・)

黒胡椒ご飯は初めて食べましたが、
ピリリとして美味しい!家でもご飯炊くときに
胡椒入れれば出来るそうなので、
試してみたいかも。でもちゃんとした胡椒じゃないと
この味にはきっとならないよね。
ガリガリ削るやつ。うちにそんなのないしなー。

で、ここまでは文句ないのですが、
いくつか不満な点がありました。
まず、お水とおしぼりが出て来ないこと!!
midoroは飲食店たるもの、水とおしぼりを出さないとは
何事か!これらが出なくて許されるのは
ファーストフード店だけ!という主張を持っているので
きちんとした店でこれらが出て来ないと、
ガッカリして腹が立って来ます。
だって、食べ始める前に、からっからに乾いた喉を
まず癒したいわけですよ!
そして、埃で薄汚れた手をぬぐいたいわけですよ。

お水が出て来ないので、席に案内されてすぐ、
お兄さんにドリンクをお願いしましたが、
10分くらい待ってもドリンクが来ません。
なので、食事に手を付けることが出来ず。
水だけでも出れば、喉を潤して食事に取り掛かれるのに、
おあずけ状態です。早く食べたいよー。

しかも、しばらくしてからお兄さんがやって来て
「ドリンクのご注文は何でしたでしょうか」と来た。
すぐそこに置いてあるんだから、
もう自分で取りに行った方が早いよ!とイラッとしました。
とりあえず、ドリンクを待つ間に手を洗いにトイレに行くmidoro。

うおっ!!!段差につまずいて壁にぶつかりました。
ムキー!何でこんな微妙な段差を2つも作るか!!
1つ目をクリアして油断してたら2つ目にやられました。
ここ、食事してる人の目の前にトイレへの道があるので
皆に見られました。すげー恥ずかしい!
自分のせいだけどさあ、大体薄暗いのよ!

そして、トイレの鍵が閉まりにくいのでまた腹が立ち、
手洗いの水も出が細くてろくに洗えやしない。
洗面台自体が小さいのも、オシャレだけど実用的じゃないよね。
顔が突っ込めないと、歯磨きのときうがいが出来ないじゃないの。
化粧ポーチだって置けやしない。
毎日外食なので、トイレが快適じゃない店ってすごく不満です。
文句多くてどうもすみません。

で、席に戻って食べ始めたわけですが、
まずジュースに入っている氷が
マックみたいに細かいじゃりじゃりしたやつでした。
ストローがないので、飲もうとすると
氷が口に入って来て、ごくごく飲むことが出来ません。
大きい角氷じゃない場合は、ストローがやっぱ欲しいなあ。

そしてスープの入れ物が油でぬるぬるしているので、
この手についた油をどうしろと!とまた
おしぼりが欲しくて仕方なくなります。
紙ナプキンで一生懸命ぬぐいます。

テーブルにはトッピング用の「ゆかり」が
置いてあって、好きに使えるのですが、
入れ物に蓋がなく、中身剥き出しなので
蓋があると良かったな。ゴミ入ってそう・・。

で、まあ食べ物に罪はないので美味しくいただいて
あとデザートのプリンだけになったところで、
連れが先に食べ終わり、
お兄さんがお皿を下げに来ました。
連れに「お下げします」と言ってお盆ごと下げ始め、
一緒にmidoroの盆も下げようとします。

え、でもまだプリンが残ってるのに・・と思ったら
お兄さんはぬっと手を出してプリンとスプーンをつかみ、
それだけをテーブルに残してお盆を下げようとします。
思わずムッとして「まだ置いておいて下さい」と
言ったらお兄さんは不思議そうな顔。
デザートを食べるのに邪魔だろうから、
他の皿を下げようという親切だったのは分かるんだけど、
私のデザートですから、そんな勝手に
盆から掴み出さないで下さい!

てゆーか、盆はこれで一つの世界なんです!
下げるときは全部一緒なんです!!
この感覚ってmidoroだけでしょうか。
せめて一言あればねー。
「こちら以外はお下げしていいですか」とか。

ということで、食事自体に文句はないですが
設備とかシステム的にちょっと不満が多かったです。
あと、やたら虫がいた。
連れには「お前(midoro)が一緒に連れて来たんだろ」
と言われましたが、
小バエ2匹がテーブルを歩いてたし、
大バエ1匹がぶんぶん飛んでた。
外に近い席だったからかもしれないけど。

でも来週のメニューを渡され、
それがまた旨そうなので、懲りずに行きたいです。
次週はこんな感じ。
<主菜>
・黒酢でつくる酢豚
・ネギ塩チキン スクランブルエッグ添え
・タイ風鶏肉のスイートバジル炒め
・キャベツの七味コールスローを食べた太っちょイワシフライ
(これがここの名物らしい。お腹に詰めてあるのかな。)

<サラダ>
・フレッシュ空芯菜とエビのサラダ オイスターソースドレッシング
・ペンネアラビアータ
・ゆで卵とチョリソーをのせたカレーポテト
・アンディーヴとレンコンとカッテージチーズのホワイトサラダ
・和風ラタトゥイユ八丁味噌風味

<副菜>
・さつまいものレモン煮
・カクテキ
・桜エビとニラとピーナッツの塩焼きそば
・フライドポテトチリソース&サワークリーム

<代わりご飯>
・ワカメご飯
・五穀米

だって!う、うまそーだよー!!じゅる。
なんじゃ、和風ラタトゥイユ八丁味噌って!!
超旨そうです。

あとランチタイムは200円でジェラートが
セットに出来るそうです。
ゆっくりお茶する休日の素敵ランチのときに
頼んでみたいなあ。

ここは渋谷の東急のフードショーでも
ジェラートとデリを販売しているそうなので、チェックあれ。

| | Comments (24) | TrackBack (2)

June 17, 2005

オンラインDVDレンタル、その後。

ネットで申し込んでから、
翌々日くらいにすぐDVDが届いたのですが、
2週間経った今も、まだ見てません・・。
せっかく、2週間で4枚借りられるという
お試し無料期間があったのに、
1枚も見ずに終わってしまいました。

待てよ、てことは、6月入ってから
1本もビデオ見てないのか!?ちょっとビックリ。
確かに最近イベント続きで仕事も忙しかったとはいえ、
ここまで見られないのはやっぱり、
「いつまでに返せ」っていう縛りがないとダメみたいです。

これがビデオ屋でのレンタルだったら、
せっかく借りたから、って眠い目擦りながら
深夜まで頑張って見て次の日フラフラだったり、
土日に見終わらなくて、月曜はビデオ見るために
仕事早く切り上げて帰って来たり、
色々無理してこなすものを、
いつまでに返さなきゃ、という制約がなくなったら
途端に見なくなりますねー。

このシステムはmidoroには向いてないのかも
しれないなあ。でももう会員になっちゃったからには、
会費の元を取るために、1ヶ月で8枚は
絶対見なければならないのです。
でも、この縛りは弱いよなあ・・。
だって、忙しくて2枚しか見れなかったんだもん、
仕方ないじゃん!とかって自分で開き直りそうです。
そうすると1枚1,000円かあ。高いなあ・・。

midoroみたく、人に尻叩かれるまで何も出来ない人は
オンラインレンタル、向いてないかもしれません。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 16, 2005

「月館の殺人」再び。

5月25日発売の月刊IKKI(イッキ)7月号、
すっかり買うのを忘れてました。
で、今頃読んだのですが、
先月、連載5回目にしてやっと人が殺された!
バンザーイ!!と書いたんだけど、
今回、推理をし始めて、館が姿を現した途端に、
「物語は怒涛の第二部へ」「作者取材のため休載」って!!
怒涛どころか、うわーもう、ダメ、すみません、
このスローテンポにとてもついていけません!!
って感じです。

8月10日に早速コミックス1巻が発売されて、
8月25日発売の10月号から連載再開するそうですが、
その間、8月号・9月号は読者を離さないために
綾辻インタビューとか、企画物をやるらしいです。
ああ、もう何だか乗せられてIKKI買ってる自分が
嫌になって来た。といいつつ、また来月も
買ってしまいそうです。立ち読み出来ればいいのに。

んで、同じ告知ページで佐々木倫子が
アシ募集かけてるので、なんかもう
連載自体、いっぱいいっぱいなのかしら、
とか心配になりつつ。

しかし、こんなに進みが遅いんじゃ、
ほんとに連載で読む意味があるのかという
疑問が湧きますね。コミックス待てばいいじゃん、と。
だって、第二部開始前に、
コミックスが連載に追い付いちゃうわけでしょ?
わざわざIKKI買ってたこの6ヶ月は一体・・。
くそ、コミックス買ったら、速攻でIKKI捨ててやる。

そういえば、連載開始時に付いて来た
付録のことをすっかり忘れていたけど、
あれ、一体いつ使うんですかね?切符とか。
きっと必要になったときには、皆もうどっかに
失くしちゃってるよ。この調子じゃ。
とにかく早く再開して下さーい。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

June 15, 2005

にわか健康ブーム。

最近ほんと疲れが溜まるんですよー。やあねー。
酒は抜けないわ体は痛いわ肌は衰えるわ
ろくなもの食ってないのに太るわで散々です。
なので、やたら健康食品とかグッズが気になります。

これまで調子の悪いときは、何回か
サプリ買って飲んでみたりしたこともあるのですが、
今回は結構本気で体質改善を考えています。
ばっぽんてきこーぞーかいかく、ってやつを。
だって、明らかに体型変わってるし!
1年で体脂肪率5%増しですよ!
体重はプラス2キロなのに・・。危機感を覚える・・。

ということで、突然スポーツジムに
入会して来てしまいました!勢い良すぎるゾ!
家に帰って来たらポストにチラシが入ってて、
今までそんなの読んだことなかったのに、
おっ、とか思ってふむふむと見てたら
いきなりテンション上がって即・申し込み。
ああ、インドア~なダメ人間midoroが
ジムだなんてジムだなんて。
普通の人みたいで自分でもビックリです。

その他、代謝を良くするために
半年ぶりに風呂を湧かして入ってみたり、
マッサージ小物買ったり、テンペ食ったり、
ミネラルウォーターの飲み比べしてみたり、
今日はりんご酢を買って来ました。
今欲しいものはビタミンCとコラーゲンです。
ボーナス出たら買ってしまいそう。
高価な枕も欲しい。1人1人に合わせてくれるやつ。
これはもう買う。決めた。
あと、マッサージと整体とエステに行きたい!
が、最初の1回って緊張します。いつ行こう。

一気にガーッと盛り上がって、
すぐ飽きるのが常のmidoroなので、
このにわか健康&ダイエットブームが
いつまで続くかは微妙ですが、
ジムだけは頑張って行きたいなあ。金払ってるし・・。

2004年はブログとかヤフオクとか萌えとか色々
ハマリまくって、ほんとひたすら腐って終わってしまったので、
2005年は、ってもう半分終わっちゃったけど、
後半戦はやるよ!ここで宣言しとくよ!
midoroのどろどろ生活脱出計画!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2005

「クローサー」感想。

作品の評価:☆☆☆☆
好き度:☆☆
キャスティング:☆☆☆☆☆

いやもう、またキャスティングが素晴らしい!!
それが目当てで普段見ない「ドラマ・ロマンス」なんて
見に行ってしまったのですが、
こりゃばっちりお釣りが来るよ!

ストーリーは正直言って、
「何かすごい事件が起こる」のが好きなmidoroには
たるくてたるくて中盤ちょっと帰りたくなったくらい
しんどかったのですが、
そこは役者の力で何とか最後まで
連れて行ってもらいました。

ジュードがっ、ジュードが神々しい~!!
最初のイケてないダサ男っぷりを見て、
ああ普通の人の役も出来るんだぁ、
とえらく感銘を受けました。
そして、次のシーンでいきなりいい男オーラを
放ちまくるジュード!!この人、自由自在です!
表情?立ち方?何なんでしょうねえ。
そして終盤の子供っぽくて弱っちくてヘタレな姿で
最後の大技決まりました!!
ジュード、10点10点10点!!
ああ、もうすごすぎていやらしい!!
でもそのいやらしさがたまらない!!

クライヴ・オーウェンもキモイ皮膚科医なんて
ソソラレまくり。ヒゲでヨレヨレな姿から
シャワー浴びてバスローブから生足とか
スーツでビシッと自信満々だったり、
お前も七変化か!!また魅力全開ですよ!!
そして、歯白過ぎ!!あーもう全てが美味し過ぎるぅ。

ナタリー・ポートマンも相変わらず
少女っぽさを失わないですねえ。
不思議小悪魔系、なのに清純、
みたいな清濁併せ持った役は彼女の本領発揮です。
怒り顔も泣き顔も可愛らしいったら。

ジュリア・ロバーツも久々に
正しい使われ方をして魅力的でした。
ナタリーとジュリアっつーのは対極でイイわ。
ナタリーが個性バリバリなら、
ジュリアは結局つまんない女だからね。
美人で仕事も出来て頑張ってるけど
中身空っぽ、みたいな持ち味が良く出てます。
(一応、誉めてます)

で、この4人が振ったり振られたり
ヤッたりヤラれたり、ドロドロでぐちゃぐちゃで
もー何がなんだか良く分かりません。
つーか、なんでお前ら、そんなにアホなんだって
イライラするけど、結局男女ってそういうもんなのよ、
ってことなんですかね。

要するに見ていて「私も恋がしたぁい!」とか、
「幸せな気持ちになれた!」とか思えるような、
いわゆる素敵な恋愛映画じゃないので、
気を付けた方がいいです。
そういうのを期待してると外されます。

うーん、高校のバスケ部とかサッカー部で、
誰やら君の彼女は誰やら君の元カノで、
何とかちゃんの彼は友達の何とかちゃんの元彼で、
「ごめん、俺、お前よりあいつの方が・・」とか、
狭い世界で錯綜した人間関係を築いていたような
男女なら共感できる話なんでしょうか。

大体、皆、正直者過ぎるっつーの。
「嘘は付きたくない」とか、さも誠実そうに言ってますが、
カミングアウトって自分が懺悔してスッキリする代わりに
聞いた人に責任や判断を全部おっかぶせる
問題丸投げ行為ですよね。だから、告白しちゃった方が
なんだか偉そうなの。勝った顔してるの。
あーリアルリアル。

だから、うそ臭いハリウッド的ご都合主義じゃなく
現代の男女の姿や恋愛を生々しく描いたという点で
作品の評価としてはまずまずなんじゃないかなあ。
テーマ自体とか男女の考え方、行動が
midoroに理解出来ないだけで、
脚本の矛盾とかツッコミどころってなかったしね。
「色々回り道もしたけれど、最後に真実の愛を見つけた!」
とかそういう話じゃなくてほんとーに良かった・・。

あ、でも作中での時間の経過は良くわかんなかった。
映画見てて時系列が掴めないこと多いんだけど、
英語でちゃんと聴いてれば分かるのか?
そして俳優たちの微妙な老け演技の差が分かれば?
ダメだよ、欧米人の顔って良く分かんないし、
そんなジュードのダサ→イケメンへの変貌ぶりだけで
4年の月日が経過したなんて推測出来ないよ!!
クライブこざっぱりで1年とか無理だって!

それにしても、なっちの訳はいつもながら
本当に意味が分かりません。これでほんとに合ってるの?
ほんとは小粋なロンドン現代っ子らしい
くだけた会話をしてるはずだと思うんだけど、
なんか泥臭いというか普通の台詞になってるし。
つーか、この映画をなっちにやらせる方が間違ってる。
DVD出たら、英字幕で確認せんとなー。


【以下、ネタバレ注意!!】
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
メガネを外されたジュードの横顔に
光が差し込むシーンで爆笑!!(心で!)
そこまでアピールしなくても!!
あー美しい美しいったら。わかってるってば。

歯磨き粉の泡を口の周り中に付けたまま
キスしようとするジュード、
雨に濡れて髪の毛がぺっしゃりになってる
ジュード、涙を子供のようにぬぐうジュード、
慌ててベッドを飛び越えるジュード、
ジュードジュードでもうおなかいっぱい。
私、全然ファンじゃないから、そこまで
サービスしてくれなくていいよ!ほんとに。

一番良かったのは、
ジュードとクライヴのセックスチャットかなあ。
あの略語とかスラングとか、おお現代っぽい!
っと思って興味深々。youはu、are youはruなんですねえ。
しかし、職場でセックスサイトにアクセスして
抜こうとする医師なんて信じられん。怖い怖い。
あんなので興奮出来るとはたいしたもんだけど。

そして、ジュリアに詰め寄るクライヴがほんとキモイ。
フッたつもりでフラれたときの情けなさもイイ。
でも、その後復活しました!!ジャーン!クライヴ!
自信満々です。最後に抱かせりゃ離婚してやるっていう
言い草がスゴイ。さすがワイルド!

結局、最終的な力関係でいうと、
「ナタリー>クライヴ>ジュリア>ジュード」でしょうか。
ナタリーとクライヴは微妙なとこだけども。
最初は「ジュード>ナタリー>ジュリア>クライブ」
だったのにねえ。

だから、ジュード転落物語としては最高ッス。
その落差の大きさ、振り幅にファンも大喜びっす。(多分)
ナタリー最強伝説としても最高です。

最後、彼女が偽名だったことが判明するのは
「Hello,stranger」と同じくらい現代文学っぽくて
オシャレを狙ってていやらしくて何だかなあだけど、
ラストシーンで街を闊歩するナタリーに
周りの男たちの目が釘付けになっちゃうのは当然です。
このシーンもあまりにパターンで笑っちゃうけど
でも仕方ないよね。だって彼女、最強なんだもの!!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

「TOMPOOYA(東風家)銀座4丁目店」

銀座の松屋通りにある
アジアンダイニング、という名の居酒屋。
銀座の手頃なカフェは21時くらいで
閉まっちゃうところが多いから、
ちょっと遅くからご飯食べようと思うと、
居酒屋になっちゃうんですよね。

でも、ここの系列のびすとろ屋とか
ウメ子の家とかせせらぎとかって、
手頃でそれなりに雰囲気があるので好きです。
女性同士でも入りやすいオシャレ居酒屋さん。

金曜の夜21時頃だったので混んでたけど
店員さんにどれくらい待つか聞くと、
「ちょうど会計の時間なので、早くて5分ほど、
遅くても15分ほどでご案内出来ます」と
歯切れのいい回答が。

こういうとき、「ちょっと時間までは分からないんですけど・・」
とか、「多分もうすぐ空くと思うんですけど・・」とか
曖昧に言われると、「じゃあ結構です」となっちゃうんだけど、
15分って断言されると、おっし、待ってやろうかという気に。
ほんとに15分で入れるんだろーな、
これで入れなかったら文句言ってやる、と思っていたら
ちゃんと10分くらいで入れました。
疑い深くてゴメンナサイ。

下の階の席に案内される途中でまず
「こちらがお手洗いです」と店員さんから
にこやかに説明が。
確かに、説明されなかったら分からなかったです。
親切ですね。でも新手の嫌がらせかと
一瞬勘ぐってしまいました。
居酒屋では店員からひどい目に遭わされがちなので
つい警戒してしまうmidoro。またまたゴメンナサイ。

中は個室風で、小さくテーブルが分かれていて
それぞれにカーテンがかかっているので
落ち着いた空気。内緒話も出来そうです。
2人席に案内されましたが、こじんまりしてて
いい感じ~。体格のいい男性には狭っ苦しいかも。
女性同士で来てるお客さん結構いました。
アジア風なので、ピカピカキレイとか
新しいっていうのではないけれど、古っぽさが良いです。

お酒はアジアのビール、タイのシンハーとか
ベトナムの333とかありました。
バナナ味のジャングルビールとやらもあり、
midoroはパインビールを頼みましたが、
甘くてジュースみたいで、一杯目には不向き・・。
やっぱ最初は普通のビールで・・。

あと泡盛を使った甘いカクテルもあって
全成分が、っていうか使ってるリキュールの
名前がメニューに細かく書いてあるのも嬉しい。
いちいち「何が入ってるんですか」と尋ねるのも大変だし、
おかげで、「泡盛+ピーチ+ジンジャー+ライム=
メロンソーダ」の公式が判明しました。

お料理はタイやベトナムに交じって
ビビンバとか餃子とかゴーヤとかアボガドとかアロエとか、
かなりの無国籍っぷり。韓国も中国も沖縄も
確かにアジアですね。ハイ。
ん、アロエって・・?

お味はまあ普通です。それなりに美味しいけど、
お料理の付け合せが生玉ねぎとレタスばかりだったり、
あるメニューと他のメニューのトッピングや
ソースが全く同じで使い回しされていたり、
少々変化に乏しい気も。居酒屋なのでまあ仕方ないけど。
量はちょっと少なめで、一皿が2~3人向けみたい。
4人だと足りないかもしれません。生春巻き3個だったし。

席が2階に分かれていて、しかも奥まっていたので、
店員さんが来てくれないんじゃないかと心配したけど、
ちゃんと呼ぶボタンも付いてるし、呼んでなくても
小まめに店員さんが巡回していて、
カーテンの隙間から、注文はないか、
下げるものはないか、ちらちらと様子を伺ってます。
ウザイと感じる人もいるでしょうが、
ほったらかしにされやすいmidoroとしては
結構嬉しかったです。

でも突然カーテンの間から手を入れて来て
皿を下げて行った店員さんがいてビビった。
一応、下げるかどうか聞いてくれ・・。
まだ残りカスをつつこうと思っていたのに。
店員さんて、あらかた料理が片付いたら
すぐ皿を下げちゃうけど、
midoroは最後の一滴まで飲みたい、
最後の一粒まで食べたい人なので、
いつも、ああーと思います。

でも、総じて店員さんの対応は良かったので
印象良いです。前に来てたお客さんで
15人とかの大所帯で空くかどうか質問してた人にも
テキパキ答えてたし、外国人のグループが来たときも、
おたおたせず対応してました。
たまたまそういうデキる人がいただけかもしれないけど。

店員さんにお料理の内容とか質問しても
ウザい顔されなかったし。これ重要です。
居酒屋なんていくらでもあるんだから、
ちょっとでも嫌な思いしたらもう二度と行きませんが、
ここはまた行ってもいいかなって感じです。
値段もお酒が600円前後、お料理が700円前後で、
2時間2人で3杯くらい飲んで、
お料理4品頼んで7,000円ちょい。こんなもんですかね。

でも金曜で23時半クローズって早いよね・・。
さすが銀座。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2005

「キュートボディー(サンパック)」

キュートボディーとか突然言われても
ほえ?って感じでしょうけど、要するに
マッサージ用のローラーです。
ローラーっていうか、ツボ押しというか。
コロコロするあれですね。

写真はこちら。
05-06-08_21-40
こういう妖怪がいませんでしたっけ?って
ビジュアルですけど、これがイイんですよ!!
大ヒットです!!

最近、肩凝りがひどくて、朝起きると
首や腰や背中が痛くて1日中そのままだったりするので、
お風呂でマッサージしてみたりもするんですが、
どうも自分の手だと物足りないっていうか
次はどうするか、どう動くかっていうのが
予想付くから、やっててもイマイチつまらないんですよね。
で、何か道具でも使ってみようかと思って
(ってこの辺だけ読むと、まるでオ○ニーみたいですが)
買いに行ったわけです。

東急ハンズとかロフトとかソニプラ、
ショップインなどを回ってみたら、
プラスチック製や木製のが置いてあって、
安いので500円くらい、高いのだと2,000円とか。
お風呂で使いたいからプラスチック製のにして、
最初、トゲトゲが付いていて、手に柄を握って
コロコロするタイプのものにしようと思ったんですが、
どれもサンプルが置いてないため、
実際転がすとどんな感じか、というのが良く分からない。
袋の上からもみもみして何となく想像するだけで。

そしたら、この「キュートボディー」だけ、
サンプルが置いてあってコロコロ出来るわけですよ。
早速試してみました。
そしたら、このボールがスゴイ!!
それぞれが自由に動くので、肌の上をひっかからずに
どこまでもスルスルと滑って行きます。
これが痛気持ちいいったら!!

一度に刺激される範囲も広くて、
他のツボ押しみたいに突起の一部とかで
グリグリされるわけじゃないので、
肌の表面が痛い、というよりは、まさにツボというか
リンパというか、肌の奥、内側の方が痛い感じです。
この痛みが好ましいかどうかは人にもよると思うけど。

あと、本体はゴムなので柔らかさもすごいです。
これだけ柔らかいと同時に2点押しとか出来るわけですよ。
くるぶしの両側とか、肩の前後とか。
人体のカーブに細かく対応してくれます。

その分、お値段も張って、
税込1,995円もするわけですが
試したあといきなり首が軽いので即買いです。
「キュートボディーを使った気持ちいいボディケア法」
なる小冊子が付いてるのもポイント高い。
どうせなら、どこをマッサージしたらいいのか
教えて欲しいですもんね。

ということで、早速家に帰ってコロコロ。
1回10分くらい、と書いてありますが、
気持ちよくて、とても10分じゃやめられまへん。
テレビ見ながら延々コロコロです。
柄がないと背中まで手が届かないかな?と
思ったけど、そんなこともなく。

難点は、手がすぽっと入るように
裏面にゴムバンドが付いているのですが、
この留める部分が外れやすいこと。
05-06-08_21-40-2
一旦外れるとまた留めにくくて。
これはもうちょっとどうにかならんのかなと思います。
ていうか、何で外せるように作ったんだろ?
手に合わせてサイズ調整出来るわけでもないし、
外す必要がないと思うんだけど・・。
地面に置いて踏むときもそのまま使えるし。

あと、お風呂で使おうと思ってたのに、
濡れたまま放置するとボールがサビます、
って書いてあったのがちょっと残念。
ステンレスってサビるんだ。
どうせならサビない素材で作って欲しかった。
もっとお値段高くなるだろうけど。
まあ、よく拭いて乾かせば平気だとは思うので
お風呂でも使うつもりですけど。

色は2色でオレンジとピンクです。
ピンク可愛い。ブルーもあればいいのに。
普通はブルーとかグリーンもあるよね?
ターゲットが完全に女性なんでしょうか。
まあ名前からしてそうですが。キュートボディー・・。
でも女性だけじゃもったいないよ!
男性だってスタイル改善とか別にしたって、
マッサージとして気持ちいいと思います。

サンパックさんのHPはこちら。

足をゴシゴシするやつも欲しいなぁ~。
最近、健康グッズがやけに気になります。
エステとかマッサージとか整体も行ってみたいし。
年ですかねぇ~。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 06, 2005

また2次会。

結婚式の2次会に行って来ました。
今日の新郎は某私鉄の運転手さんです。
なので、新郎のお友達や先輩も某私鉄関係者。
この人たちのノリがものすごく良くて、
最初は楽しい人たちだなー、
某私鉄のイメージ変わるよねーとか
笑って見ていられたのですが、
最後の方、新郎が歌ってても誰も聞いちゃいねえ。
披露宴から出席して昼間っから飲み続けてたのかと
疑うくらい、総酔っ払い状態です。
おかげで女性陣、ドン引き

別に普通にしてれば、
ちょいとお話してみたいような素敵な方もいたのですが、
あまりの騒ぎっぷりに、せっかく3次会に誘われるも、
女性陣皆してそそくさと帰って来てしまいました。
ああもったいない・・。

しかし、あれだけ某私鉄関係者がいたら、
新郎と同じように、電車の運転手さんの方も
中には絶対いたと思うんですけど、
明日の勤務は大丈夫なのかしら・・。

全日空は勤務前12時間の飲酒禁止って
この前ニュースでやってましたが、
JR西日本とか電車の方は特に規定なかったんですよね。
確かに、飛行機と違って、毎日毎日電車を走らせる
運転手さんに勤務前日の飲酒不可なんて言ったら
全く飲めなくなっちゃって可哀想だから仕方ないけど。
でも、明日の朝はちょっと某私鉄には乗りたくないなあ~。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

June 05, 2005

5月の更新履歴。

→★「オペラ座の怪人」祭り、細々と開催中!★
全然更新してないくせに。DVD出るまでは一応。って8月かい!!

5月31日 カテゴリに「FAVORITE」新設。
      「男前豆腐(三和豆友食品)」を追加。     

5月30日 カテゴリに「通販」新設。
      実は通販大好きmidoro。まずはフェリシモから。
      「MOVIE」の語りコーナーに「オンラインDVDレンタル」追加。

5月26日 「FOOD」に「いな穂(清澄白河)」を追加。
      おにぎり屋さんです。久々更新。
      最近、映画ブログと化しているので普通記事久しぶりー。
      ついでに「あほみどろのリンス」も追加。
      更に「MOVIE」に「ウィンブルドン」感想追加。
      恐るべき高評価。「役者萌えの部屋」にベタニも殿堂入り。

5月21日 「MOVIE」に「フラットライナーズ」感想追加。
      「クリムゾン・リバー」感想追加。昔のやつ。

5月16日 「MOVIE」に「クリムゾン・リバー2」感想追加。

5月12日 「MOVIE」に「炎のメモリアル」試写会感想を追加。
      キャー、書くのに4時間かかってる!

5月8日 「MOVIE」に「モナリザ・スマイル」感想追加。
      ジュリア・ロバーツ、ぶっ叩き感想と化しました。

5月7日 「MOVIE」に「ケリー・ザ・ギャング」感想追加。
      オーリィ出てます。ジェフリー・ラッシュが素敵・・。
      「ハリー・ポッターと秘密の部屋」感想追加。
      ガーン、アランが老けてるよ・・。

5月5日 「MOVIE」に「シャイン」感想追加。
     「トスカーナの休日」感想追加。

5月4日 「MOVIE」に「若草物語」感想追加。またベイル。
     「パンチドランク・ラブ」感想追加。
     「ハリー・ポッターと賢者の石」感想追加。
     今更ですが、アランフィーチャーでもう1回!
     「セブン・イヤーズ・イン・チベット」感想追加。
     シューリスってば何て愛らしい!ラブ!

5月2日 デザイン戻しました。あー落ち着く。
     柄物はすぐ飽きますな。さよならペン・・。
     そして、GWなので調子に乗って一挙更新。
     「MOVIE」に「ディボース・ショウ」感想追加。
     「トゥー・ウィークス・ノーティス」感想追加。
     「コレリ大尉のマンドリン」感想追加。ベイル出てます。
     「アメリカン・サイコ」感想追加。
     jさん、一応昔の載せとくよー。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

あほみどろの酒。

今まで自覚なかったけど、
しこたま飲んだとき限定で泣き上戸かもしれません。
どうも結婚式の2次会で、
ついつい飲み過ぎる傾向にあります。
おめでたくて嬉しくて騒いじゃうのもあるけど、
羨ましくて寂しいのが大きいみたいですね。
普通の幸せを半ばあきらめたようなmidoroですが、
やっぱりたまにそれがすごく悲しくなったりするわけで。
そして、大抵帰り道で大泣き。

今日も泣きながら家に着いた途端、
酔っ払いの妙なハイテンションで、
ジョギングして酒を抜こう!走ればすっきりする!
とか突然思い立ち、ジャージ着て道に飛び出しました。
明日も2次会で2連チャンなので、
食いまくり飲みまくった挙句のカロリーを
少しでも減らそうと、普段運動なんか全くしてないくせに、
いきなり30分も走ってしまい、
吐かなかったのが不思議なくらい。
相当酔っていたので、多分フラついてたと思います。
しかも、泣きながら走ってるし・・。不審過ぎる。

でも、家にいたら延々泣いてたと思いますが、
走っているとあまり色々は考えられないので
いつもより泣いてる時間短かったかも。
辛いときはやっぱジョギングですね!出来れば素面で!

そんで汗びっしょりで帰って来て、
そのまま床に倒れ込んで4時間爆睡。
あーまた化粧も落とさず床で・・。ダメ過ぎ。
深夜に起きたらまだ酒残っててフラフラするし、
気持ち悪いし、走ったって全然酒抜けてないじゃん!
(ていうか、走ったことで更に酒が回ってる)
しかも体重1キロ増えてるし!と1人で怒ってるmidoro。
いや、とりあえず風邪引かなくて、
そして道で行き倒れなくて本当に良かった・・。

ああ、やっと今頃酒抜けて来たけど、
明日の2次会、絶対洋服パツパツだあ。
もう飲み過ぎません。大人になります。気を付けます。
って毎回思うんだよね・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

マハラジャ体験。

行って来ました、復活したマハラジャへ。
退職する先輩が「送別会はマハラジャで!
俺の腰さばきを見せてやる!」とか言うので
金曜の仕事帰りに六本木へGO!です。

しかし、30代後半の男性って皆、
「学生の頃はよく行ったよなー」とか
懐かしげに言いますが、
当時ってほんとそういう時代だったんですねえ。
うーん、バブリー。
midoroなんて、社会人になってから
仕事で初めて六本木に来たような田舎者なので
夜の六本木に繰り出すというだけで
何だか緊張します。

さて、まずはマハラジャの下にある
「FRIDAY'S」で腹ごしらえ。
店内は外国人の方たちで激混みです。
何とか席を確保し、
肉・肉・ポテトをたらふく食って大満足。

おっと、カウンター内で突然ショーが始まりました。
若くて可愛い店員の男の子たちが、
「カクテル」張りに瓶やらコップをクルクル。
これってどこのFRIDAYでもやってるんですか?
六本木だからですかねえ。
おいおい、飲み物が注文出来ないじゃねーか、
そんなことしてる暇があったら料理出せと
言いたくなりますが、まあ可愛いからいっか。

さて、22時になったら突然皆が席を立ち、
店内は閑散と。
いよいよ、六本木の夜が始まります!
我らも店を出て、横手から
「MAHARAJA SALOON King&Queen」へ。
受付で料金先払いです。
週末は男性4,000円、女性3,000円。
ドリンクチケット2枚付きです。
って安いよね!?これで店は元取れるの?
コインロッカー300円に荷物を預け、いざ店内へ。

うわー!!大音量&光線!
ディスコですよ、ディスコ!!
とりあえず席をキープして飲み物を注文。
飲むのもそこそこに、早速踊りに行きます。
ディスコなんて初体験のmidoro、
恥ずかしくて踊れないんじゃないかと
心配でしたが、もうこの音と光の中では
余計なこと考えていられません。
全ての思考能力を奪われ、
ただ体を揺らすことしか出来ない。
なので、どっからか迷い込んじゃったような
心細げなサラリーマンも案外踊ってます。

20歳未満入場お断りだそうなので、
年齢層は30代中心。落ち着くわあ。
「昔取った杵柄!」みたいなサラリーマンが
沢山いて、皆楽しそうに弾けてました。

お立ち台の上には、いかにもな服装の女性たちが。
ボディコンシャス、ワンピ、ミニ、肌見せ、網タイ。
でも、思っていたほどすごいイケてるとか
すっごいオシャレ、さすがあ!
ってわけでもなく、なんか田舎者が頑張って
精一杯のオシャレとメイクをして来たような感じ。
(→失礼。お前、ダサいスーツで来たくせに。
しかも遅れた罰として、近くのドンキで買った
水玉の蝶ネクタイをさせられ、ファミレスの店長みたいだった。
こういうのってドレスコードにひっかからないのか・・?
と思いましたが、店員には黙殺されました。
どうやら気にするほどの価値もないらしい)

そして皆の踊りが何だか微妙です。
最近のダンスって、基本はパラパラなんですね。
ステップは単純で手の動きだけ。
しかもポイントポイントをキメないので
だらだらというか、グダグダです。
先輩は「なんだ、あのゆるい踊りは!」と
怒って1人で激しく動いてました。
ああ、サタデーナイトフィーバー・・。

あと皆がなぜか同じ動きをしているので
同僚に質問すると、
「盆ダンスと同じで型があるのよ」と
教えてくれました。皆、どこで習うんだ・・?
でも、先輩がドリフの「えんやーこらや」とか
相撲取りの土俵入りとか何気にやってても
全然目立ちません。何でもアリか。

金曜の夜なのに、思ったほど混んでなくて、
人にぶつかりながらも、押し出されることもなく、
ずっとフロアで踊っていられました。
混むのはやっぱ0時過ぎなのかなあ。
こちらは家に帰らなきゃならない悲しき既婚者と
朝まで遊ぶ体力のないダメ独身者たちなので、
終電を逃せません。
23時半まで1時間ぶっ通しで踊って
サクッと終了です。

店を出たらなんかもー汗だくで
あー運動した!いい汗かいた!
ってとっても爽やかな気分です。
ディスコってひょっとして健康的?
皆、とってもイイ顔になっちゃってました。
「もう、安い居酒屋でおっさんたちとだらだら飲むのに
金を遣いたくないのよ!」と同僚が力説してましたが、
たまにはこういうのも良いですねえ~。

帰り際にインビテーションカードをくれたのですが、
2名まで女性入場無料、男性1,000円OFFとかで
ドリンクチケットは別途購入みたいだけど、
お得っぽいのでまた行きたいなー。

| | Comments (57) | TrackBack (0)

June 01, 2005

「男前豆腐(三和豆友食品)」

前から気になっていた、三和豆友食品の
「男前豆腐」をゲット致しました!!イエーイ!

05-05-23_22-57

三和豆友さんは「男前豆腐」やら
「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」やら
「がんも番長」やら、男気の溢れるこだわり豆腐を
数々作っておられる茨城のメーカーさんで、
HPも相当バカバカしい、いえ、面白いので
興味のある方是非見てみて下さい。
デザインもコピーもイカシてます。
三和豆友食品さんのページ

さて、今回スーパーで購入したのは
「男前豆腐ミニ」300g ¥198
(普通の「男前豆腐」は400g ¥298)
「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」380g ¥258 です。
普通のお豆腐に比べたら高いですけど、
お味はやっぱり全然違う!!

「男前豆腐」の方は、ミニといっても、
普通のお豆腐一丁分の量があります。
蓋をぺリッと開くと、ガーゼのような布でくるんであり、
プラスチックの入れ物の底に空間が取ってあるので
余計な水分が下に溜まるようになってます。

05-05-23_23-04

「水もしたたるいいトーフ」というキャッチコピーどおり、
水に浮いている感じですね。
ドレッシングでもかけようかなと思いながら、
一口そのまま食べたら、甘い甘い!!
濃厚な豆乳の味、豆の味がします。
少しお醤油を垂らしても美味しい。

「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」の方は、
「男前豆腐」よりキメが細かくて、
向こうが少しボソボソする木綿なら、
こちらはツルツルの絹です。

05-05-27_20-03
(横の携帯はサイズ比較です。ジョニー、長ッ!)

すくって食べるようにと書いてあるとおり、
柔らかくてぷるんぷるんで、するっと食べられます。
こちらも豆乳の味がして美味しいです。
食べやすいので醤油も何もなしでイケました。
個人的にはジョニーの方が好きかなあ。

ただ、このおトーフ、どこのスーパーにでも
置いてある、というわけではないので、
今回たまたま通りかかったお店にあったのは
ラッキーでした。

ネット通販もされてるそうですが、
その場合、種類が限られてしまうので
どこか近所のスーパーで、
簡単に買えるようになればいいのですが。
一緒に並んでいた「ドンドコドーフ」は
あまりの大きさに買えず、
置いて来てしまったのがたいへん心残りです。

| | Comments (132) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »