« 4月の更新履歴。 | Main | 「トゥー・ウィークス・ノーティス」感想。 »

May 03, 2005

「ディボース・ショウ」感想。

作品の評価:☆☆☆
好き度:☆☆☆

やっぱコーエン兄弟、好き。です。
「普通に撮る」ということの出来ない2人が
とってもいとおしい・・。

ストーリー自体は「離婚専門の凄腕弁護士と、
財産狙いの美女の駆け引き」ってことで、
普通にロマコメ+クライム風味なんだけど、
そこはコーエン兄弟のこと。

オープニングの変なラブな絵を筆頭に、
アホな殺し屋とかアホな殺し方とか
巨大プードル(これが普通サイズ?)とか
マッドサイエンティスト的ボスとか、
「なんでわざわざそんなことする必要があるの!?」
「ええー!それってギャグですか!」
っていう小ネタを毎度毎度、
やってくれちゃうのがもう大好き!

でも、今回は普通に「いい話」「ラブな話」で
終わっちゃいそうだったので、
「うっそ、何、このヌルイ展開は!」と思ったら、
さすがコーエン兄弟!!そんなわけあるか!
とばかりに、そこから二転!三転!!
怒涛のテンションで突っ走ってくれました。

ジョージ・クルーニーと
キャサリン・ゼタ=ジョーンズの
フェロモン過多カプは、
存在自体がセクシー対決で、
ナイスキャスティングとしか言い様がないです。

ビリー・ボブ・ソーントンも出てましたが、
今回初めてビリボブに、やや萌えッとなっちゃいました。
いやらしいくらいシッブいオヤジ役とか、何とかサンタみたく、
「カッコイイ俺が3枚目やってるゼ!」という、
狙い過ぎな映画は鼻に付くけど、
今回みたいに、田舎の成金役なんてやってると
もう可愛くて仕方ないよ!!
「オラ」とか字幕も素敵だった。

勿体無かったのは、ジェフリー・ラッシュかな。
もっと出番あるかと期待してたのに。
ロン毛オヤジ、つーかジジイ大好きー。
キレっぷりがカッコイイ~。

音楽もいつものカーター・バーウェルさんですね。
「レディー・キラーズ」をこの前見ちゃったので、
「またこのノリか!おんなじだ!」と思ったけど
やっぱサントラは良いです。
コーエン兄弟の映画で使われると、
サイモン&ガーファンクルもギャグにしか
聞こえません。そもそもギャグなのか?

「レディー・キラーズ」の方が
全然ブラック・ジョーク度とアホ度が高くて
一般的な映画としての評価は低くても、
midoro的には大満足でしたが、
「ディボース・ショウ」の方は、
メジャーレーベルだからか
ロマンスと銘打ってるからか、
ちょっと毒が少なくて物足りなく感じました。

でも、ゼタ=ジョーンズがほんと綺麗で、
ああ、これなら皆騙されるわ~、というか
騙されたいわ!と、すごい説得力があったので、
見る価値ありです。
外国は「セクシー=若さ」じゃないのがいいよね!
次々着替えるセクシー衣装も全部素敵でした。

あと、ジョジクルの涙もろいアシスタント、
あいつが着てた「オブジェクションTシャツ」が
可愛かったよ!欲しいよ!

|

« 4月の更新履歴。 | Main | 「トゥー・ウィークス・ノーティス」感想。 »

Comments

These are just a few of them actually recognize that it is competitive in nature makes it a lot of time and frustration if clash of clans guide you take the time to look up the recommended age. 3 Super Mario BrosWhile there's a lot of fun for children but also could be healthy for them.

Posted by: clash of clans cannons | December 21, 2013 at 15:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61026/3954054

Listed below are links to weblogs that reference 「ディボース・ショウ」感想。:

» フェロモン [無香のフェロモン香水です]
[Read More]

Tracked on May 03, 2005 at 22:05

« 4月の更新履歴。 | Main | 「トゥー・ウィークス・ノーティス」感想。 »