« あほみどろのリンス。 | Main | 「スウィーツサプリ(フェリシモ)」 »

May 27, 2005

「ウィンブルドン」感想。

作品の評価:☆☆☆☆
好き度:☆☆☆☆☆

うおー、好き度☆5つ!出ました!!
いいのか、これに5つ!?
作品の評価も多分星多すぎです。
でも!だってもう!ベタニとキルスティンが
可愛くて可愛くて仕方ないんだもん!!
そりゃ、作品評価の目も曇るさあ!

さて、都内はユナイテッドシネマでしか
公開してなかったので、わざわざ豊島園まで行く羽目に。
というか、公開してることすら知らなくて
危うく見逃すとこでした。気にしてたのに
見過ごすなんて一体どういうこと!
CMとか宣伝してないもんなあ。

ストーリーは、いまいちパッとしないまま
引退を決意したベテランプロテニス選手の
ピーター・コルト(ポール・ベタニー)と、
反対に今が旬真っ盛りの注目若手選手、
リジー・ブラッドベリー(キルスティン・ダンスト)、
2人の恋と試合の行方は!?って
ただそれだけの内容なんですけど、
この映画ははっきり言ってキャスティングの勝利。
それしかないわい。

まあこんないまいち地味なキャストだったから、
上映館数も少なくて、ほとんど皆の目に
触れないまま終わるんだろうけど、勿体無いなあ~。
この2人の起用を決定し、そして2人の予定が空くまで
1年も辛抱強く待ち続けたというスタッフに拍手を送りたいです。
2人とも魅力大爆発!!

ベタニ、普通の兄ちゃん役をやると
こうなるのね!ってことがよく分かって面白かった。
今まで普通の役を見たことがないし。
本人もラブコメは初めてで、最初なめてたけど難しかった、
ヒュー・グラントはスゴい、って言ってたけど、
ほんと、コメディ部分はギャグというより
微妙にスベッてる台詞や演技ばっかりで、
「お固いイギリス人が冗談言おうとするとこういう感じ?」
という良い見本のようでした。可愛かったけど。
これは監督の意図したとおりなのか、
ベタニだからそうなっちゃったのか気になるところ。

反対に、ヒロインのリジー役、
キルスティン・ダンストは、いかにも
陽気で可愛くて逞しいアメリカ娘、って感じで良かった。
美人役をやってると、アゴとか頬骨が目立つから
いちいち気になるけど、テニス選手と言われたら、
健康的でキュートなイメージが際立って、
とってもチャーミングでしたよ!
もっと彼女のテニスシーンがあれば良かったのにな。
あまりリジーの凄さが伝わらなかったです。

作品的には、シャレた映像撮ってやるゼ!
ラブコメだゼ!王道ハッピーエンドだゼ!の3連発で
ベタベタもいいとこ、中身も特にありませんが、
もう2人が頑張ってるから全部許しちゃう。
思わずキュンキュンしてしまいました。
DVD欲しい。ベタニフィーチャーでもう1回観たいィ。
何気ないジャケットとシャツの着こなしがカッコ良すぎです・・。
モデル並みのスタイルであんなにカッコ可愛いのに、
そこはかとなくダサいとこがまたツボなんですよねえ。

肝心のテニスの試合シーンも、CG使えば
最近は何でも出来ちゃうんですね。
ものすごいスピード感のある映像で、
実際の試合でもないのに、手に汗握りました。
頑張れ、ベタニ!頑張れ、ピーター!!と。

あと、試合も最初から最後まで
だらだらやるんじゃなくて、
いきなり場面転換して始めたり、カットしたり、
構成が工夫されてるので見飽きなかったです。
最後の試合前にちょっともたついたけど、
割と編集は上手ですよね。

スタントもどこまでがベタニで
どこからがダブルなのか全然分からなかったよ。
つなぎがごく自然でした。
ほんとにベタニがプレイしてるみたいでカッコイイ!

そして、主役2人だけでなく、脇の俳優陣も良かったです。
リジーの父親役のサム・ニールがまた渋可愛いっす!
あんな理解のある父親、普通いないよね。
しかしこの人、全然年取らないな。
昔から老けてるからか。

ピーターの家族は、父(老セオデン!)、母、
弟役もそれぞれコメディ要素を高めてくれて、
家族の絆というテーマも盛り込んでくれたのも良かったし、
ピーターの友人のドイツ人の役をやってた人も気になる。
キングダム・オブ・ヘブンに出てるそうなので
要チェックだわな。

公開はもう27日で終了なので、
可愛いラブコメ物が好きな方は
DVD化されたら観て下さい~。
DVDきっと高いんだろうなー。買えるかなあ。

【以下、ネタバレ注意!!】
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
ところで、スパイダーマンといい、「ピーター」は
間抜けで可愛らしい男の代名詞ですか?
リジーがピーターをからかって言う、
「ピーター・ピーター・コルト」が可愛くて好きです。

初っ端、2人が出遭ったときに、リジーが
「彼って何てキュートなの!!」みたく
指を噛んで「ギャー!」ってなってるのが
超可愛かった。この子はなんで、
そんなにブサカワイイの!

リジーがピーターの服を借りて、
大きいシャツとボクサーショーツ履いて
一緒にランニングしてるシーンなんてもう!
こんなにベタなシーンなのに、
キルスティン可愛かった!
普通、あそこまで可愛らしさを演出したら
嫌味だよね。

あのショーツはどこからどう見てもパンツにしか見えませんが、
外国はあれで外を歩けるのか・・。
サーブを打つ真似をして、体を反らすシーンでは
ショーツの前は開いてないのかと
ちょっとドキドキしました。ボタンタイプかしら・・。

あとリジーが、自分の名前呼び間違えた
ピーターの指をぐいぐい引っ張って
痛がらせてるシーンも2人とも最高に可愛い!

2人の身長差もちょっと萌えでした。
手をつないでるシーンもだけど、
キスシーンなんてキルスティンが
背伸びしちゃってるし!少女漫画か!
ハレー彗星ネタはちょっとお寒かったけど。

あとはツッコミどころですが、
実際、試合の会期中にあんな
いちゃついてるプロ選手っているんですか!?
試合の前日とかにヤッてなかったっけ?
相当消耗するだろうに・・。

ボールボーイの顔に思いっきり
サーブが当たってしまったシーンは、
目の周りが腫れたくらいで復活してたけど、
あれって顔面骨折するよね・・?
あんな控えめな腫れ方じゃすまないのではないかと。

ちょっと違和感があったのは、ピーターの背中の怪我や
ピーターが集中した途端に鳴り始める携帯電話という
マイナス要素のエピソードが、ほとんどピーターに
影響を与えてなかったこと。
こういうアクシデントがあったら、以前なら
すぐに挫けていただろうに、今回は愛の力で
負けずに頑張れたってことを言いたかったのかな?

それだったら、もっとこういう逆境ネタを大げさに使って
盛り上げればいいのに、ピーターが結構あっさりと
流してたので驚きました。

そして、いよいよのクライマックスですが、
いくら愛の力と消える前のロウソクの
最後のひとあがき、といっても、
運と気合いで次々と勝ち進んだのはともかく、
さすがに、ウィンブルドンの決勝で勝てるわきゃない、
善戦はするけど、すがすがしく負けてくれるんだろうなーと
ずーっと思って観てたのに、マジで優勝しちゃったよ!!!
うっそ!そんなんありですか!

なんかもー、英国万歳!状態で、
イギリス人が見たらたまらないんだろーね。
というか、そんなにウィンブルドンで勝てないのか・・。
可哀想だね・・。

その後2人は結婚して、夫は元ウィンブルドン優勝、
妻は全米オープンとウィンブルドンで2回優勝、
栄冠と恋を両方勝ち取って、
子供は男と女1人ずつ、休みの日には皆でテニスを、
ってここまで典型的なハッピーエンドだと
もう現代のおとぎ話ですよ。笑ってまうわ!
心暖まりましたけどねー。

最後に、ピーター・コルト快進撃!
の元ネタになったという、
実在のウィンブルドン優勝者について、
『On the EDGE』の萬太様
詳しく解説されているので、リンクさせていただきます。
パンフでは何も触れられていなかったけど、
ほんとにあるんですねえ!
「事実は小説より奇なり」な話が。

ただ、彼のように、一度でもランキング2位を経験して、
その後怪我で転落した選手なら
復活して優勝したのもまだ想像の範囲内かなと。
(そりゃ、奇跡だといってもいいくらい
物凄い稀なことでしょうが。)
現実の10位内、更に3位内の壁は
果てしなく分厚いだろうという気がするので、
その壁を超えたことがある人とない人では
実力的に雲泥の差があるのでは。
テニスにもランキングにも詳しくないから、
適当に言ってますが・・。

だから、最高時でも11位のピーターが優勝っていうのは
無理だろう、やっぱ映画だなーと思うと同時に、
このランキング設定って絶妙ですよね。
3位でもなく、20位でもなく。
ずーっと100位くらいならともかく、
11位の経験があるというと、勝利への欲や
夢も捨てきれず、かといって何も出来ず、
優勝なんて、とてもとても有り得なさそうだけど、
万が一、ひょっとしたらあるかもしれない。
それが11位。ナイスです。このランキング。

|

« あほみどろのリンス。 | Main | 「スウィーツサプリ(フェリシモ)」 »

Comments

Currently it sounds like BlogEngine is the preferred blogging platform available right now. (from what I've read) Is that what you are using on your blog?

Posted by: match.com search | April 06, 2015 at 10:54

Νormally I ɗo not rea post оn blogs, but I wish to say that this writе-up very compelled me to take a loօk ɑt and do it! Ƴour writing style hɑs been amazed me. Thаnks, qսite nice article.

Posted by: Maximum Shred | January 24, 2015 at 08:05

Very good write-up. I certainly appreciate this website. Thanks!

Posted by: code itunes gratuit | December 25, 2014 at 08:59

If you would like to improve your experience simply keep visiting this web page and be updated with the most up-to-date news update posted here.

Posted by: candy crush saga hack berry | November 28, 2014 at 02:40

Hello everyone, it's my first visit at this site, and post is really fruitful in support of me, keep up posting these types of content.

Posted by: FiFa 15 Coin Generator | November 22, 2014 at 17:22

Piece of writing writing is also a excitement, if you be acquainted with afterward you can write if not it is complex to write.

Posted by: fifa 15 ps3 hack | October 19, 2014 at 16:48

This is an unofficial cheats application and I am not affiliated with developers or publishers of the Grand Theft Car series.

Posted by: candy crush saga cheats | October 16, 2014 at 13:32

Very good post. I absolutely appreciate this website. Stick with it!

Posted by: fifa 15 Coin generator | October 10, 2014 at 11:42

萬太様、またおいでいただいてありがとうございます!
このような形でリンクさせていただきましたが、ご覧いただいて大丈夫でしたでしょうか。

ベタニーは、今までいいなーと思いながらも、そんなに熱くはならなかったのですが、ウィンブルドンでガーッと来てしまいました。
「ドッグヴィルの告白」で、煙草を吸いながらキレていたベタニーを見て、見たまんま攻撃的な人なのかな?と思っていたのですが、ウィンブルドンでのトッポさも素に近そうですよね。可愛らしい。インタヴューもあまりお目にかからないし、彼の人となりも良くわからないので、今後が楽しみです。

キルスティンはスパイダーマンで不細工扱いされてましたが、そこがいいんじゃ!あの隣のちょっと可愛いねえちゃん的親しみやすさが!と思っておりました。
でも良く見ると、足は綺麗だしスタイルはいいし、目も髪も綺麗だし、現代的な美人ではないかもしれないけど、やっぱり美人ですよね。
ウィンブルドンでもとっても可愛かったですし、皆、キルスティンは可愛いんだよ!そこんとこ宜しく!って感じでした。

ティム・ヘンマンは今年もウィンブルドンに出場するのでしょうか。萬太様のコメントを拝見して、今年はちゃんと見てみようかな、そして応援してみようかなと思ってます。

そして、萬太様は「オヤジ好き」とのことで、私もオヤジ好きというかジジイ好きなので、オヤジの輪が広がって嬉しいです。
でも萬太様、「サラマンダー」をシディクフィーチャーでご覧になったのは、日本でおそらく萬太様ただ1人では・・。萬太様の記事を拝見していると、時々あまりの深さに度肝を抜かれます。

それではこちらも長くなってしまいましたが、コメントありがとうございました!
またどうぞ宜しくお願い致します!

Posted by: midoro | June 06, 2005 at 03:20

MIDORO様、失礼致します。この度はカキコ&リンクをどうも有難うございました。超絶偏った拙宅迄わざわざお越し頂いただけでも有り難いと言うのに、自分のヘタレ満載記事の紹介迄して下さり、心より感謝申し上げます。

ベタニー好きにはたまらない作品ですよね、「ウィンブルドン」。キレキレ系や偏屈系?の役が多い彼にしては、信じられない位に「普通のお兄ちゃん(でもちょっと中年気味)」の役でございました。ある意味彼の素の部分を垣間見た様な気が致します。

キルスティンに取っても当たり役かと。「スパイダーマン」でのヒロイン役が日本では今一つ評判が良く無かったらしいので(自分は必ずしもそうは思わなかったのですが)、この作品でその悪評?を挽回したかと思われます。寧ろお釣が来る位かと。惜しむらくは矢張り、上映館数の少なさがネックでしょうか…。

親世代は両サイドともに「オヤジ好き」な自分には美味し過ぎるキャスティングでした。特にセオデン様!ご本人様自身とっても愉快なお人柄だそうですし、楽しそうに演じていらした様に見受けられました。

拙宅でも言及致しました英国出身のテニス・プレーヤー、ティム・ヘンマン。毎年良い所迄勝ち進むのですが、残念ながら優勝した事が無いのです。英国国民としては早くヘンマンにウィンブルドンを制覇して欲しい訳でして、その鬱憤?がこの作品にぶつけられたのかも、等と秘かに思ったりもしています。ヘンマンも全英国民の期待を一身に受けてて、本当に大変&可哀想かも、です…。

諸々の件に付きまして、改めましてお礼申し上げます。長々とお邪魔致しました。

Posted by: 萬太 | June 05, 2005 at 04:40

梅吉さん、たいへんご無沙汰しております!
そう、ウィンブルドンは、もっと皆に見て欲しかった~!
という気持ちでいっぱいです。
なんであんな小規模だったんでしょうね?
ユナイテッドシネマが「独占公開!」と謳ってたのが
切ないです。独占っていうか・・。

豊島園は、さすがに音響が良いし綺麗だし、
遠いけど良かったですよ。
ベタニーたちが着てたユニフォームや
ジャージの見本も飾られてました。

一緒に行った連れは「普通のラブコメ」とのことで、
どうってことなかったみたいですが、
私はもうベタニーが可愛くて大・満・足!でしたので、
梅吉さんの感想を楽しみにしてますね~。
早くDVDにならないかな!

Posted by: midoro | May 30, 2005 at 20:49

こんにちは。お久しぶりです。
『ウィンブルドン』見たんですね~!!!羨ましい!
私も公開前に見る気マンマンだったのに、
豊島園でしかやっていないと聞いて諦めたんですよ・・・。
いいなーベタニー早く見たい~~!(>_<)
もう少し上映館数があってもいいくらいの映画だと
思うんですけどね。

Posted by: 梅吉 | May 27, 2005 at 21:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61026/4269948

Listed below are links to weblogs that reference 「ウィンブルドン」感想。:

« あほみどろのリンス。 | Main | 「スウィーツサプリ(フェリシモ)」 »