« 映画「ハサミ男」キャスティング。 | Main | さがみ包丁処 とり一(鎌倉) »

November 22, 2004

たけや支店(鎌倉)

小町通りから1本脇に入ったところにある
落ち着いた感じのお蕎麦屋さん。
ちょっと通りから外れただけで
非常に閑静な雰囲気になります。

こちらは18席の小さなお店で予約は不可。
手打ちが売りで、お蕎麦は9割が蕎麦粉だそうです。
メニューはせいろとかけ、それに天ぷらが
付くかどうか、という4品のみ。
こだわりのお店ですね。

お昼時なので列が出来ていました。
運良く、すぐ中に入ることが出来たのですが、
注文してからが長い長い。
20分以上待たされました。
ご主人がお蕎麦を打ってるところが
店内から見えるのですが、
今、我々が注文した分の蕎麦を打ってるんじゃないの?
という感じ。

せいろは700円、天ぷら付きは1,800円。
どうせなら、ということで天ぷらも頼みましたが、
海老が2本と、ししとう1本、しいたけ1個、以上。
これで1,100円分かーと、ちょっと少なめに思いました。
でも海老はぷりっぷりしてて美味しかった。

お蕎麦は色が薄くて細くて
口に入れると一瞬味がないような気がしますが、
よーく噛んでいるとほんのりお蕎麦の味がして来ます。
繊細だけど、集中して味わえば、
ツユなしでも食べられるくらい。
まあ、若干水っぽかったとか、
蕎麦が細切れになってた、とか、
端っこが固まりになってた、とかいう点もあったんですが、
手のかかった感じの蕎麦ではあったので、
midoro的には割と好み。

ツユもダシの味がして濃くなく薄くなく、
丁度良くて私はすごく好きでした。
それに蕎麦湯を入れたら、上品なお吸い物か何か
1品いただいたような気分になりました。
量は少なめであっという間に食べ終わってしまうので、
男性の方には大盛り+250円をお勧めします。

ということで、蕎麦自体は良かったのですが、
お店の方がちょっと・・。
細かいことですが、薬味の置き方とか適当で、
向きがバラバラでした。
それから、出されたお水が水道水の味。
お水の機械から注がれてはいるのですが、
なんかまずかった。

そして、昼時で混んでいたので仕方ないのかもしれませんが、
1人が食べ終わったら、連れがまだ食べていても
さっさと下げられてしまいます。
まだ蕎麦湯を飲んでいるのに、
お箸まで下げられそうになりました。
店員さんはチャキチャキ、テキパキとしていて、
感じが悪いわけではないのですが。

あと、18席といっても、
4人席が3つとあとお座敷なので、
2人連れや1人のお客さんは皆、
相席にされていました。
仕方ないんだけど、小さいテーブルで
他人と向かい合って食べると
落ち着かなくてあんまり味もしないんじゃないかな、
という気がします。
midoroだったら、一刻も早く食べ終わって
立ち去りたくなります。

ということで、お蕎麦にこだわりはあるけど、
居心地はあんまり良くないお店、という印象。
蕎麦だけ食えりゃいいや、という方にはお勧めです。
そういえば、本店は一体どこにあるんだろう。
そちらも行ってみたいです。

|

« 映画「ハサミ男」キャスティング。 | Main | さがみ包丁処 とり一(鎌倉) »

Comments

Buying internet media, for instance impressions, emails distributed, sponsorships, ɑnd thսs on. Internet marketing is more affordable thann printed ads, radio ߋr TV.In orser to determine positive rеsults inside shortest time ρossible, tɦere ceгtainly are ɑ few guidelines tɦat ought tօ bee fοllowed.

Posted by: post cancer lifestyle | December 08, 2014 at 14:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61026/2037300

Listed below are links to weblogs that reference たけや支店(鎌倉):

« 映画「ハサミ男」キャスティング。 | Main | さがみ包丁処 とり一(鎌倉) »